椎名の軌跡マンガ

アドセンスアフィリエイトで稼ぐキーワード選定とタイトル付け論

アドセンスアフィリエイト稼ぐためのキーワード選定とタイトル付け

アドセンスアフィリエイトを実践していて、
うまくアクセスが集まらないためにアドセンス収入が伸びない
という悩みがあれば、そこには必ず原因があります。

これまで沢山の方のブログを添削して感じてきたことなのですが、
アクセスが思うように集まっていないブログにはある大きな問題点があります。

それは、

『適切なキーワード選定』

ができていないということです。

 

アクセスが集まらないキーワード選定とタイトル付けとは?

トレンドアフィリエイトでは、
検索需要が伸びているトレンドキーワードを扱って記事を書いていくことになりますが、
その肝心のトレンドキーワードが全然トレンドキーワードになってなくて、
普通の日記記事のようなキーワードだったり、
Yahooトピックスのタイトルそのもののようなキーワードだったりして
ひねりが全くなかったりしています。

トレンド記事ではない、自分の日常を綴ったような記事だと
そもそも検索されるキーワードがタイトルにも本文にも含まれていないので、
アクセスは100%集まらないです。

 

「今日のランチは〇〇のオムライスでした!」

 

といったタイトルでは、そもそも検索需要があるキーワードが
全く含まれていないので、検索されないし、検索されないから
アクセスも集まらないということになります。

 

例え、「〇〇」という店がテレビなどで紹介されて
検索需要が伸びているキーワードだとしても、

「〇〇」「オムライス」

しかキーワードがタイトルに含まれていないので、
なかなか2語で上位表示させるのは難しいです。

 

ただし、競合がまだいない状態の時に、いち早く記事にすれば、
先に上位表示していくことはできますが、
その時も事前の競合チェックは必ず必要です。

⇒ ブログの記事アクセス数を稼ぐ方法 サイトの評価を上げる方法

⇒ ブログを上位表示してアクセスアップする方法【実録】

 

ニュース記事のリライトや似たようなタイトルが駄目な理由

YahooトピックスやYahooリアルタイムに出いているキーワードを
そのまま使ったようなタイトルも検索結果に埋もれてしまって、
アクセスを集めることができないです。

そもそもそういった記事の場合は、
内容もニュース記事のリライトになっていることが多いので、
すでにその情報をニュース記事を読んで知っているユーザーにとって
興味を持って貰える内容とはならないです。

 

なので、それが結果として、
直帰率の低下滞在時間の減少に繋がり、
その数値の低下がペナルティなどのリスクの元になります。

ニュースのリライト記事のような記事は、
まったく意味がないものなので、そういった内容ではなく、
既にニュースサイトなどで、その事実を知った人が

その内容からさらにどこに対して興味を持って、
そして掘り下げて知りたいと思っているのか?

 

というところに着目しながらキーワードを探すようにします。

 

物事に対して疑問を持つ事と客観的に捉える事

こういったことは、
普段の生活の中でも意識することで鍛えられて、
キーワード選定力がより研ぎ澄まされていきます。

テレビをみたり、ネット記事を読んだりしたときに、
何か気になることがあれば、

 

『それを他の人も気にするだろうか?』

『もし気にするのであれば、なぜそこが気になるのか?』

『そして、他にどういったことに興味を持つだろうか?』

 

といったことを考える、連想するクセをつけていくといいです。

 

テレビやネット記事からだけでなくても、
これは普段の日常からも見つけて鍛えていくことができます。

 

例えば、何か調べたいことがあって、
ネットを使って調べるということがあると思います。

その時に、なぜそれを調べたいと思ったのかを
客観的に捉えて見つめてみて、そして、

 

『自分以外の人もそこに興味を持つか?』

『興味を持つ場合、どんな言葉で検索するだろうか?』

 

といったことを考えるようにします。

 

とにかく、頭をフルに回転させて、常に【疑問】を持ち、
そして、その疑問を【客観的】に捉えてみるようにします。

 

日常からキーワードを連想する例

私の場合ですと、最近こんなことがありました。

私の妻の両親が日本から11月に遊びに来る
ということになっていたのですが、エボラ出血熱のことが気になって、
11月に来るのはやめて延期するということになりました。

 

その時に、

今の時期にアメリカへの渡航はどうなんだろう?

って思って疑問に思って検索したんですよね。

 

「エボラ」「アメリカ」「旅行」

と入れて検索すると、
既に虫眼鏡キーワードがいろいろとあって、

その中に、

「エボラ」「アメリカ」「旅行」「キャンセル」

というものがありました。

 

つまり虫眼鏡キーワードがあるということは、
この関連キーワードで、ある程度の検索需要が
今の時点であるということなんですね。

それは、私以外にも、同じように知りたいと思って
検索する需要があるということです。

 

そして

「エボラ」「アメリカ」「旅行」「キャンセル」

というキーワードでの検索結果には無料ブログも多いので、
それほど競合も多くないという状況でした。

 

ふとその時に考えたのですが、

アメリカだけでなく、
例えば特定の地域でも検索されるのではないか?

ということです。

 

「ハワイ」などですね。

 

これから年末にかけて、
海外で過ごそうと考えている人は多いと思います。

特にハワイは、毎年たくさんの人が
年末から年始にかけて渡航しています。

なので、おそらく今年も同じように
ハワイで年末年始を過ごそうとしている人達がいるはずです。

 

そういった人達は、
当然、エボラの影響が気になるはずで、

「エボラ」「ハワイ」

などで検索するのではないかと思ったわけです。

 

実際検索してみると、

「エボラ ハワイ 旅行」

「エボラ ハワイ 12月」

「エボラ ハワイ キャンセル」

「エボラ ハワイ 年末」

などの虫眼鏡キーワードが出てきています。

 

こうして、検索需要が伸びそうな事柄を
先読みしてキーワード選定していくことができます。

そして、こうしたキーワードの見つけ方は、
私のように普段の何気ない検索への動機から連想して
見つけていくことができます。

 

キーワードが見つからない悩みからの解放

もし

常に【疑問】を持ち、
その疑問を【客観的】に捉えてみる

ということを意識していなかったら、
普通に検索して答えを得て終わりになるだけで、
そこからは何の【発展】【発見】【気づき】もなく、
単に自己解決して終了です。

そうではなくて、自分がが疑問に思ったことは

 

『他の人も疑問に感じるか?』

『どんなキーワードで調べたいと思うか?』

 

ということを常に意識することで
キーワード選定力は間違いなく格段にレベルアップします。

 

そして、

 

『キーワードが見つからない』

『埋もれてアクセスが集まらない』

 

という悩みを持つこともなくなるはずです。

 

単に既存のニュースをなぞることがアクセスを集めることになるのではなく、
トレンドな話題を起点にそこから検索需要が見込めるポイントを見つけて
そこを掘り下げて、そしてそこに興味がある層のアクセスを集めて
記事に価値を感じてもらえるようにしていくことが大事です。

そうすることで、それは結果的にアクセスを集めつつ、
Googleからも評価されるブログ構築になっていきます。

 

Googleからのペナルティを受けないために気を付けるべき点

ひとつ注意したいのは、
今回例に挙げた「エボラ出血熱」などのような
病気にまつわる話題などはあまり扱わないほういいです。

今回は、あくまで考え方の例として取り上げましたが、
本来はこういった話題は使わないようにしましょう。

 

病気のことなどは専門的な知識が必要になる内容なので、
憶測や、他のサイトの情報の寄せ集め、リライト記事などで構成され

「~らしいです。」「~だと思います。」

という語尾になっていたり、

「専門家に人にみてもらいましょう」

ということで結論付けららてしまう記事には
信ぴょう性がまったくないので、そういった記事は
Googleから検索順位を下げられる可能性があるからです。

 

Googleは、検索結果は、
よりユーザーにとって、使いやすいもの
役立つものになっていけなければならないと言っています。

なので、病気に関してなど、
専門性を必要とする内容(人命に関わる内容)などは、
医師や病院機関などのサイトを上位に表示させたいと考えるはずです。

処置などで間違ったことが書かれた個人ブログなどが
上位表示してして、その処置により何か問題が起これば、
Googleも影響を受ける可能性はあります。

アメリカでは、それが原因で訴訟にまで発展することも考えられます。

 

なので、内容に信憑性のないサイトを検索上位から排除するために、
手動ペナルティなどを課してくることも十分に考えられます。

Googleのペナルティ解除は可能か?再審査から見えた結論

 

長く上位表示をさせていくためには、
Googleはどういった検索結果を望んでいるかを
Googleの立場に立ちながら考えていくことも
今後は必要になっていくはずで、
単にアクセスを集めることだけに囚われない視点を
持つようにしていかないといけないです。

 

そのためにも、日頃から

『考える』

そして、その考えを

『深堀りする』

ということをトレーニングしていくようにしましょう。

それは間違いなく、稼ぎの視野をグッと広げることになりますし、
その他大勢から抜け出すことのきっかけにもなるはずです。

Comments

  1. 八木 says

    椎名さん こんばんは。

    アドバイスありがとうございます。  

    考える 深堀する を鍛えていきたいと

    思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です