Googleアドセンスの審査にパスするライブドアブログの設定方法

Googleアドセンスの審査にパスするライブドアブログの設定方法

 

ライブドアブログ(livedoor Blog)でブログを作って、
アドセンス申請する時に、ブログを作ったままの、
初期設定の状態でアドセンス申請しても承認されない可能性があります。

ライブドアブログでのアドセンス申請に際しては、
きちんと押さえておくべきポイントそのための設定がありますので、
それらについてこの記事では解説していきます。

ブログサイドバーの設定

ライブドアブログをまだ開設していない場合は、
最初にライブドアブログを開設していきましょう。

ライブドアブログの開設については、こちらでやり方を解説しています。

 

ブログを作ったばかりの初期設定の状態では、
サイドバーに必要のない項目が表示されていますので、
まずはそれらを非表示にしていきます。

 

ライブドアブログの管理ページにログイン後、
左メニューの「ブログ設定」をクリックして、
それからデザイン/ブログパーツの「PC」をクリックします。

 

「ブロブパーツ」タブをクリック後、
Aにある「ギャラリー」「カレンダー」の☓印をクリックして、
この2つをサイドバーから削除します。

 

「フリーエリア」をドラッグ&ドロップでサイドバーエリアに配置します。

 

設置した「フリーエリア」の「設定」をクリックします。

 

「ラベル」にお問い合わせと入力して、テキストエリアに、

お問い合わせは<a href=”mailto:user@dammy.com”>こちら</a>まで

と入力して、「保存する」をクリックします。

※「user@dammy.com」の部分は、受信メールアドレスに変更します。

 

これで、「こちら」のリンクがクリックされれば、メーラーが立ち上がって、
宛先に指定したメールアドレスがセットされる形になります。

 

アドセンス申請時には問い合わせ先を載せておく必要がありますので、
こちらをきちんと設置しておきましょう。

 

ブログを確認すると、

このようにサイドバーから必要のない項目が削除されて、
「最新記事」「アーカイブ」「カテゴリー」「お問い合わせ」だけが表示されます。

 

デフォルト広告の非表示設定

ライブドアブログはデフォルトの状態のままでは、
ヘッダー部分とサイドバー部分にライブドアのロゴ広告が表示されています。

 

こちらのロゴ広告は管理ページから簡単に非表示にすることができます。

 

管理ページの左メニューの「ブログ設定」をクリック後、
「広告表示」をクリックします。

 

nt0617169

ヘッダーロゴ「表示しない」、サイバーロゴ「表示しない」を選択して、
「設定する」をクリックします。

 

するとこのように記事ページから、

ヘッダー部分とサイドバー部分に表示されていたロゴ広告が消えます。

 

以上で、ライブドアブログを使ってアドセンス申請する際の
ブログの設定作業は完了です。

 

ライブドアブログの管理ページからの簡単な作業で設定できますので、
アドセンス申請にライブドアブログを使う場合はこちらの設定をしておきましょう。

今ならこちらの無料メール講座で、
初心者でも1からブログを作ってアドセンスで稼ぐ方法を教えています。

 

こちらの無料メール講座では質問にもどんどんお答えしていきますので、

  • アドセンスの審査に合格できない・・・
  • どういったブログを作ればいいか分からない・・・
  • まず何からやるべきか教えて欲しい

といった悩みがありましたら気軽に何でも聞いてくださいね!

分かりやすいと好評の期間限定マニュアルも特別にプレゼント中ですので、
ぜひこちらも手に入れて活用してください。

 

アドセンス申請に向けての記事作成のポイント

ブログの設定が完了したからといって、
記事が全く入っていない状態でアドセンス申請をしても、
コンテンツ不足で非承認されてしまいます。

ですので、ブログの準備が済んだら、
早速ブログに記事を書いていきましょう。

 

アドセンスの申請にパスしやすい記事については、
こちらで詳しく解説していますの参考にしてみてください。

この記事へのコメント

  1. さん

    書いてある通りにやったのですがこちらの下線表記はでるのですが
    メーラーがさっぱり立ち上がりません。どうしてでしょう?

    • netadminnetadmin さん

      お使いのPCの環境によるものだと思いますので、
      その場合は、

      ———————————-
      お問い合わせはこちらまでお願いします。
      お問い合わせ先:< メールアドレス>
      ———————————-

      といった記載にされてみてくださいね。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。