アドセンス審査の不承認時の再申請・再審査の流れ

アドセンス審査の不承認時の再申請の流れ

アドセンス申請して不承認になった場合もブログを改善して再申請することができます。

一度の申請で不承認になっても諦めないで、問題箇所を洗い出して修正して、再申請にトライしてみましょう。

ここではアドセンスの審査で不承認になった場合の再申請の流れについて解説します。

アドセンス審査の再申請・再審査の流れ

アドセンス申請して不承認となった後にアドセンスのページにログインすると、再審査の申し込みができるページが表示されます。

 

アドセンス再申請

  1. 「ウェブサイト」に再審査するブログのURLを入力する。
  2. 「コンテンツの言語」で「日本語 – 日本語」を選ぶ。
  3. 「保存して次へ」をクリックする。

これで再審査の申し込みは完了です。

不承認となってしまった場合、ブログの改善をしないで再申請しても同じ理由で不承認となってしまいますので、きちんとブログを改善してから再申請していきましょう。

 

アドセンス申請が不承認となった時の5つの改善ポイント

アドセンス申請が不承認となった時の改善ポイントとしては、

  • 記事数を増やす
  • 記事の文字数を増やす(加筆する)
  • 記事コンテンツの質を高める
  • 見出しや改行を入れて読みやすい文章にする
  • ブログへのアクセス数を増やす

です。

椎名
椎名
これらのポイント改善に努めてから再申請していきましょう!

アドセンスの審査で承認されるポイントを「アドセンス審査の申請で承認されるブログの作り方」で詳しく解説しています。

 

一度不承認になってしまったら、今度は一度で審査にパスさせるつもりでブログを徹底的に改善していきましょう。

アドセンス審査で不承認になってしまうブログで多いのは、

  • 記事数が少なかったり
  • 記事の文字数が少なかったり

するブログです。

ですので、まずはコンテンツの充実を第一に考えていきましょう。

 

1000文字以上の記事を簡単に書ける方法を「ブログ記事の書き方とコツ 初心者が1000文字以上書く例」で紹介していますので、もし記事の文字数を増やせないという悩みがありましたら参考にしてみてください。

 

アドセンス審査の再申請での注意点

再申請に向けてブログを改善しても、不承認になってすぐには再申請しないようにします。

すぐに再申請しても機械的に弾かれてしまうことが考えられますので、2週間以上の期間を空けてから再申請するようにします。

アドセンスの審査に通ったらブログにアクセスを集めてどんどんアドセンス収益を増やしていくことができます。

Gooleアドセンスのやり方と稼ぎ方については、こちらの記事に詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

椎名
椎名
月10万円くらいはアドセンスだけで十分に稼ぐことができます!

4 COMMENTS

アバター yamatemama

突然のメール連絡失礼します。
グーグルアドセンスの許可がほしいのですが、2回ダメでした。

一回目は、記事の文字数が600文字ぐらいしかなかったので、仕方がないのですが、2回目は1000文字以上34記事を書き、1回目の不承認から3週間後に申請したのですが、翌日にダメという連絡がきてしまいました。

理由は、次のように記載されているのですが、私はどのようにすればいいのでしょうか?

「Google のポリシーに準拠していないサイト: お客様のサイトは、Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点では AdSense のお申し込みを承認できませんのでご了承ください。」

返信する
アバター てーちゃ

椎名さま

初めまして。ブログを始め、アドセンスを知り、調べていたら椎名様のサイトにたどり着きました。てーちゃと申します。

つい先日申請して、10日後にあたる昨日、結果連絡が来て、不承認でした。
上記のアドセンスに関しての椎名様のサイトを見て、条件はすべてクリアしていました。

理由は、
————————————————–
サイトは審査不能: 審査する際に、サイトがダウンしているか、表示できない状態でした。YouTube や Blogger などの AdSense ホスト パートナーからお申し込みいただいた場合、審査の時点でホストされたサイトが利用できないか、見つからない(削除された)状態でした。
————————————————–

これについて心あたりがありました。

最初の頃、アドセンスを知らなかったので、何も考えてなかったので、いま現在100記事くらいあるうちの、80記事ほどが1000文字以下でした。

なかには3行くらいの記事あったので、1000文字を超えていた20記事ほどを「公開」にして、残りの記事を「非公開」にして、申請しました。

この場合、非公開記事にも、コードが張られていて、申請時確認できないのが原因かと思っています。

この場合に関しての、質問です。

①残りの80記事は、「削除」するのも可能でしょうか?

もしくは
②非公開にしていた記事を全て1000文字以上にして、公開してから申請しなおす。

どちらが、より審査通過する可能性がありそうでしょうか?

また②をするほうが良い場合、既存の記事のカテゴリーを変えて(変えたテーマのほうが長文が書けるかもしれません)申請しても良いと思いますでしょうか?

イレギュラーケースかもしれませんが、もしご存知でしたら、ご教示いただければ幸いです。
もちろん、他に原因があるのかもしれないのは、承知です。

椎名さまのご活躍、応援しています!

てーちゃ

返信する
椎名 大 椎名 大

てーちゃさん

記事を削除してもインデックスが残っていると、
「ページが見つかりません」の404エラーになってしまい、
そういったページが多いとアドセンスの審査に影響してしまう可能性があります。

ですので、記事を削除や非公開にしたときは、
それらのページがインデックスからも削除されてから
アドセンス申請していくほうがいいですね。

もしくは、非公開にしている記事をアドセンスの審査基準に合わせて、
加筆修正していくかになります。

どちらかというと、非公開や削除するよりは、
記事を修正していくほうがいいですね。

あと、アドセンスのコードが正しくブログに入っていないときも
不承認となってしまいますので、アドセンスのコードがきちんと
タグ内に配置されているかも確認してみてくださいね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。