アドセンス広告おすすめランキング!第1位の広告ユニットの種類(名前)は?

アドセンス広告おすすめランキング!第1位の広告ユニットの種類(名前)は?

グーグルアドセンスでは使うことができる広告にいくつも種類があります。

それぞれの広告ごとに特徴があって、

  • 収益が高い広告
  • ブログに溶け込みやすい広告
  • 適切な配置でクリック率が上がる広告

など様々です。

実際のところ、アドセンス広告をブログに貼るときには、どの広告ユニットを選べばいいのか迷ってしまいます。

そこで、この記事では、おすすめのアドセンス広告の種類をランキング形式でご紹介します。

  • ブログにどの広告を載せようか迷っている人
  • これまで1つの広告ユニットしか使っていなかった人

は是非ランキングを参考にして、これまで使っていなかった広告も試してみてください。

アドセンスに興味はあるけれど、やり方がよく分からないという方は、まずは「Googleアドセンスのやり方と稼ぎ方」を読んでもらえると簡単に進めることができます。

アドセンス広告ランキング1位:関連コンテンツ

アドセンス広告ランキング1位:関連コンテンツ

アドセンス広告ランキングの第1位は関連コンテンツです。

関連コンテンツは、ブログ記事の関連記事一覧のような形式で広告が表示されます。

椎名
椎名
しかもこんな感じに、広告だけでなくて、自分のブログ記事の関連記事も一緒に表示してくれます!

関連コンテンツ

 

一見すると広告だと分からないので、クリックされやすく、実際クリック率も高いです。

さらに自分のブログの関連記事も一緒に表示されるので、そちらもクリックされやすく、ブログ全体のPVアップの効果もあります。

 

つまり関連コンテンツには、

  • クリック率が高く収益性が高い
  • ブログ記事も表示されるのでPVアップの効果が見込める

というメリットがあります。

アドセンスの関連コンテンツを記事下に配置すれば、その他の関連記事は外してもいいくらいです。

 

ワードプレスであれば、

  • Yet Another Related Posts Plugin
  • WordPress Related Posts

といったプラグインを使って、関連記事を表示している人も多いですが、アドセンスの関連コンテンツを表示すれば、これらのプラグインは外しても良いです。

 

アドセンスの関連コンテンツとプラグインで表示する関連記事が並んで表示されても、そのすべてが見られることはないですし、プラグインでの関連記事を外すことで、少しブログの表示スピードも改善されます。

 

ただし、関連コンテンツは誰でも使えるわけではなくて、一定基準のPVがあるブログに限られます。

もし関連コンテンツを使える場合は、広告ユニットの作成ページで選べるようになっていますので、確認してみてください。

 

アドセンス広告ランキング2位:記事内広告

アドセンス広告ランキング2位:記事内広告

ランキング第2位は記事内広告です。

椎名
椎名
記事内広告はこんな感じで、ブログ記事に溶け込むようなレイアウトで広告表示される広告ユニットです。

記事内広告

 

ディスプレイ広告やテキスト広告のように、「いかにも広告!」というようなレイアウトではなくて、ブログ記事にマッチしたようなレイアウトなので、ブログ記事から広告感をなくすことができます。

記事を読むじゃまにもなりにくいので、記事の精読率も上がって、滞在時間も良くなります。

基本的には、記事内の広告はすべて記事内広告にしても良いくらいおすすめの広告ユニットです。

 

アドセンス広告ランキング3位:リンク広告

アドセンス広告ランキング3位:リンク広告

ランキング第3位はリンク広告です。

椎名
椎名
リンク広告はこういったキーワードリンクが集まった広告です。

リンク広告

 

ブログ記事にマッチしたキーワードリンクが表示されるので、訪問ユーザーの興味を引きやすく、クリック率がものすごく高いです。

ただし、リンク広告の場合は、リンクがクリックされただけでは収益とはならないです。

椎名
椎名
リンクをクリックした先のページで、さらに広告がクリックされないと収益発生とならないのです。

他の広告ユニットはブログ内の広告がクリックされたら収益発生となるのに対して、リンク広告はクリック先のページでクリックされて収益発生となるので、2回のクリックが必要になるわけです。

ただ、リンク広告自体のクリック率がものすごく高いですし、クリック先のページの広告もクリックされやすいので、収益性はかなり良いです。

 

実はリンク広告は、ブログへの貼り方でクリック率が大きく変わってきます。

こちらのやり方でリンク広告を貼ればクリック率が1.5倍になって収益アップします。

 

リンク広告は「テキスト広告とディスプレイ広告」の広告サイズから選ぶことができます。

 

アドセンス広告ランキング4位:自動広告

アドセンス広告ランキング4位:自動広告

ランキング第4位は自動広告です。

椎名
椎名
自動広告はその名前の通り、Googleがアドセンス広告を自動で表示してくれます。

やるべきことは、コードをブログに1箇所貼り付けるだけです。

たったのそれだけであとは、広告がブログ記事の中の適切な箇所に自動的に表示されます。

コードを一箇所に貼り付けるだけの作業なので、アドセンス広告の中では自動広告が1番簡単です。

広告の配置や数なども考える必要はなくて、すべてGoogleにお任せ状態となります。

簡単に使えるという点でアドセンス初心者の方におすすめの広告です。

 

ただ、自動的に広告が表示されるということで、たまに予期しないところに広告が表示されたりもします。

Googleが表示しているので、それで何か問題になるというわけではないですが、時にブログのレイアウトに合わないこともあります。

ですので、一度使ってみて、もしあまり合わないようでしたら、自動広告は外すことも選択肢の1つです。

 

アドセンス広告ランキング5位:テキスト広告とディスプレイ広告

アドセンス広告ランキング5位:テキスト広告とディスプレイ広告

アドセンス広告ランキング第5位はテキスト広告とディスプレイ広告です。

椎名
椎名
テキスト広告とディスプレイ広告は、アドセンスが始まったときからある1番歴史が長い広告ユニットです。

テキスト広告は、こういった文字だけの広告です。
テキスト広告

ディスプレイ広告は、こういった画像の広告です。
ディズプレイ広告

1番多く使われている広告ユニットですが、それだけ多く目にする機会もあるので、広告と認識されやすくて、ブログ記事中でも広告感があります。

1つ2つくらいなら表示していても、それほど気にならないですが、3つ4つと記事中に表示してしまうと、記事が広告だらけという印象になってしまって、訪問ユーザーの離脱率を高める結果になってしまいます。

 

ですので、記事中でテキスト広告やディスプレイ広告を使うなら、記事内広告のほうがおすすめです。

テキスト広告とディスプレイ広告を使う場合は、記事目次の上か下の1箇所だけにしておくのが良いでしょう。

テキスト広告とディスプレイ広告は、広告サイズをレスポンシブにして、リンク広告と組わせて使うと効果的です。

 

まとめ

この記事ではおすすめのアドセンス広告の種類をランキング形式でご紹介しました。

 

ランキングの結果は、

  • 1位:関連コンテンツ
  • 2位:記事内広告
  • 3位:リンク広告
  • 4位:自動広告
  • 5位:テキスト広告とディスプレイ広告

です。

 

実際にすべての広告を使ってみて、使いやすさや収益効果やクリック率などのデータから順位を付けました。

アドセンスでどの広告を使おうか迷っている方は、このランキングの結果を参考にして、広告をブログに貼り付けてみてください。

アドセンスの稼ぎ方のより実践的なテクニックをこちらの無料メール講座限定で教えています。

 

無料メール講座ではアドセンスについての質問にすべてお答えしていきますので、分からないことは気軽に何でも聞いてくださいね!

分かりやすいと好評の期間限定マニュアルも特別にプレゼント中ですので、ぜひこちらも手に入れて活用してください。

この記事へのコメント

  1. takafumi さん

    おはようございます。
    アドセンス広告にこんなに種類があるとは思いませんでした。
    早く記事を沢山書いてアドセンスができるようにしたいと思いました。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。