アドセンスでサイトごとの審査が必須に!自由に広告を貼れなくなる

アドセンスでサイト(ドメイン)毎の審査が必須に!自由に広告を貼れなくなる?

アドセンス広告をブログやサイトに貼り付けるルールが変更になり、今後は自由に好きなサイトにアドセンス広告を貼り付けることができなくなります。

「これはどういうことなのか?」というと、サイトにアドセンス広告を貼り付けるには、その都度Googleによるサイトの審査を受ける必要があります。

Googleの審査が完了するとアドセンス広告をサイトに貼って広告が表示されるようになります。

この記事では、

  • アドセンス広告をサイトに表示する際の変更点は何か?
  • なぜこういったルール変更が行われるのか?
  • 今後のアドセンスにどういった影響があるか?

ということについて書いていきます。

アドセンス広告の貼り付けにはサイトごとの審査が必須に

アドセンス広告のブログへの貼り付けにはドメイン毎の審査が必須に

これまでのグーグルアドセンスでは、アドセンス申請して審査で承認されれば、その後は審査したサイト以外にも自由に広告を貼ることができました。

つまり、一度審査に合格すれば、その後は新しいサイトに広告を貼り付ける際には、その新しいサイトの審査はしなくてよかったことになります。

 

これがアドセンスのルール変更後は、新しいサイトに広告を貼り付けるときには、サイトごと(ドメインごと)にGoogleの審査が行われます。

これまでは、最初の審査に承認されたあとは、無審査で他のサイトにも広告を貼り付けることができていましたが、ここにワンクッション(Goolgeによるサイトのチェック)が入ることになります。

 

広告を貼り付けたいサイトの申請は、アドセンスの管理ページから簡単に行うことができます。

 

なぜアドセンスのルール変更が行われるのか?

なぜアドセンスのルール変更があるのか?

アドセンスはGoogleが長い間運営しているサービスですが、環境の変化やサービスの質の向上のためにルールの見直しが必要になってきます。

広告を出稿している広告主にとって、そして広告を目にするユーザーにとって、より良いサービスとなるように掲載媒体の品質を高める目的もあって、今回のようなサイトごとの審査が入ってきたのだと思います。

 

  • ほぼ更新のないサイトに広告が貼られる
  • コピペサイトのような質の低いサイトに広告が貼られる
  • アドセンスのポリシー違反のサイトに広告が貼られる
  • ドメインの所有権の無いサイトに広告が貼られる

といったようなことを未然に無くす目的などですね。

 

とは言え、きちんとアドセンスのコンテンツポリシーに沿ったサイトを作っていれば、特に問題なく審査に通るはずですので、あまり心配することはありません。

 

アドセンスコンテンツポリシー

Google 広告が掲載されるページには、以下を含めることはできません。

家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ

衝撃的なコンテンツ

ご自身や他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ

個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ

人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促したり、差別を助長したり、誹謗したりしているコンテンツ

過度に下品な言葉使い

ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ

望ましくないソフトウェアのポリシー(英語)に違反するソフトウェアやコンテンツ

不正なソフトウェアやアドウェア

違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ

絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ

アルコール飲料のオンライン販売

タバコやタバコ関連商品の販売

処方薬の販売

武器、兵器または弾薬 (銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど) の販売

武器や兵器の強化や組み立て方法(武器や兵器の 3D 印刷、改造キット、8 割方完成した銃部品など)の指南

授業や講義の課題や提出物の販売、配布

ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ

その他の違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

 

ルール変更後のアドセンスへの影響は?

ルール変更後のアドセンスへの影響

今後アドセンス広告をサイトに貼り付ける際には、サイトごとの審査が必要になりますが、きちんとしたサイトを作っていれば、それほど影響はないとです。

もともと作ったばかりのサイトやアクセスの無いサイトには、広告を貼り付けてもほぼクリックされることはありません。

ですので、アドセンスできちんと収益化していくためには、サイトを訪れるユーザーに向けて、より良いコンテンツを提供してアクセスが集まるサイト作りをしていくことが大事です。

そして、そうしたサイトは何の問題なくもなく審査にも通るはずです。

 

アドセンスの審査に通るサイトを作り方は「アドセンス審査の申請で承認されるブログの作り方」で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

なかなか良い記事を書くことができないという悩みがありましたら、こちらがおすすめです!

 

まとめ

「アドセンスで収入を得ることができるサイト作り」を意識して取り組んでいれば、今回のルール変更はそれほどの影響はないので必要以上に身構えることはありません。

サイトごとの審査は時間的にやや手間になってしまいますが、それがアドセンスというサービス全体の向上に繋がり、それはひいては自分のサイトにとってもプラスになると捉えていきましょう。

8 COMMENTS

アバター ミラ

はじめまして。
ランキングからお邪魔しましたミラです。
アドセンスはサイト毎に審査されることになったのですね!
どんどん厳しくなりますね。貴重な情報ありがとうございました。
また訪問します!

返信する
椎名 大 椎名 大

ミラさん

コメントありがとうございます!

アドセンスの変化ともうまく付き合っていくことが大事になってきますね^^

返信する
アバター ゆきぴ

こんにちは。
ブログランキングからきました。
アドセンスの変化とても参考になりました。
記事の見直ししたいと思います。

返信する
アバター Manohiro

Manohiroと申します。
ブログランキングから訪問させて頂きました。

アドセンスをやりたいと思っています。

良い情報で勉強になりました。

今後も訪問させていただきます。
応援、完了しました。
よろしくお願い致します。

返信する
椎名 大 椎名 大

Manohiroさん

コメントありがとうございます!

記事が参考になってよかったです^^

返信する
アバター 松千代

こんにちは。

現在、アドセンス申請に向けてブログを更新している松千代です。

ルールが変更になってしまうのですね。知りませんでした。。。
でも、1ドメインで審査が通れば、その通りに別のドメインでも実践すれば、
再現できると思いますので、問題ないですよね。
勉強になりました。どうもありがとうございます。

返信する
椎名 大 椎名 大

コメントありがとうございます!

一度アドセンスの審査に通れば、審査基準も把握することが出来ますので、
それを活かして2つ目以降のブログもアドセンス申請していくことができますね^^

アドセンスの審査に通るポイントを
こちらの記事でご紹介していますので、
よかったら参考にしてみてくださいね。

https://www.polyglotconspiracy.net/?p=7685

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。