新サーチコンソールでFetch As Googleが使えない?インデックスリクエストのやり方を解説

新サーチコンソールでFetch As Googleが使えない?

新しいGoogle Search Console(サーチコンソール)では、旧サーチコンソールにあった「Fetch as Google」という機能が無くなっています。

ですが、新サーチコンソールにも「Fetch as Google」と同様の機能がありますので、そのやり方について解説します。

 

Fetch as Googleとは、ウェブページのインデックスをGoogleにリクエストする機能です。

Googleにインデックスリクエストすることで、ウェブページがクロールされて検索結果に表示されるようになります。

新しくページを公開したときに、いち早くインデックスして検索結果に表示したいときに旧サーチコンソールでは「Fetch as Google」機能を使っていました。

新サーチコンソールでのインデックスリクエストの流れについてご紹介します。

 

新サーチコンソールでのインデックスリクエスト方法

新サーチコンソールのページにログインしてから左メニューの「URL検査」をクリックします。

「URL検査」をクリック

 

画面上部のテキストボックスにインデックスしたいURLを入力してエンタキーを押します。

URLを入力

 

入力したURLがまだインデックスされていなければ、

「URLがGoogleに登録されていません」

というメッセージが表示されます。

URLがGoogleに登録されていません

「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 

インデックス登録をリクエスト済み

インデックスリクエスト処理がされて、

「インデックス登録をリクエスト済み」

と表示さます。

 

これでFetch as Googleと同様にURLをインデックスリクエストすることができます。

旧サーチコンソールの「Fetch as Google」とやや手順は異なりますが、新サーチコンソールでも「URL検査」からインデックスリクエストすることができますので、すぐにページをインデックスしたい場合は活用していきましょう。

 

新サーチコンソールではインデックスリクエスト以外にもいろいろな便利な機能を使うことが出来ます。

こちらの記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせて読んでみてください。

この記事へのコメント

  1. ミラ さん

    こんにちは。
    ランキングからお邪魔しましたミラです。
    新サーチコンソールでの設定、参考になりました!また訪問します!

    • 椎名 大椎名 大 さん

      コメントありがとうございます!

      新サーチコンソールの記事が参考になって良かったです^^

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。