ページのインデックスをGoogleに即座にリクエストする方法

即座にインデックス

作成したWEBページを即座にインデックスさせる方法を紹介します。

一昔前までは、新規ドメインサイトのインデックススピードはかなり遅かったです。

ページを新たに作成しても、実際にインデックスされて検索結果に表示されるまでに丸1日はかかっていました。

遅い場合は2,3日くらいかかることもザラと言った感じです。

記事のインデックススピードを早める方法とは?

そして地道にサイトの更新を続けた結果、1ヶ月、2ヶ月とするうちに段々とインデックススピードが上がっていくという感じになっていて、特にトレンドサイトなどの場合、インデックススピードが遅いと、話題性のあるネタで勝負する場合のタイミングや扱う話題の選定にかなり気を使う必要がありました。

未来予測記事や慢性的に検索されるような記事なども取り入れつつインデックススピードに左右されない方法でアクセスを集めたりなどといろいろな方法を試しながら、サイトを育てていくといったことを実践してきました。

 

それがなぜかここ最近急に、このインデックススピードがかなり早くなってきていると感じます。

新規ドメインのサイトであっても、ある方法を使うことで数分以内にインデックスさせることができます。

 

ある方法とは、

Googleサーチコンソール「Fetch as Google」

という機能を使うというだけです。

 

この機能を使えば、指定したページのインデックスのリクエストをGoogleに送信することができます。

Googleサーチコンソールのアカウントを持っていない場合は、ますはこちらの手順に沿ってアカウントを作っていきましょう。

図入りで分かりやすく解説しています。

 

実はこの機能自体は前々からあったもので、随分前から使っていたのですが、これまでは、この「Fetch as Google」の機能でインデックスリクエストを送信しても、実際にインデックスされるまで半日から1日くらいはかかることが普通でした。

Googleのインデックススピードを早める4つの方法で紹介した時と比較すると、ここ最近はこの機能を使うことでほぼ確実に数分以内、むしろ数秒以内にインデックスされることが殆どとなっています。

 

この機能の精度が上がったからなのか原因は分からないですが、おかげで新規ドメインにおいてインデックススピードが遅いというデメリットをまったく感じなくなりました。

もちろん、時間が経ってくれば、この「Fetch as Google」の機能を使うことなく数秒以内にインデックスさせることもできるようになります。

もしトレンドサイトなどで、すぐにページをインデックスさせたい場合はなどは、毎回この機能を使うことを忘れなければ、話題性のある記事でも十分にアクセスを狙うことができます。

 

Fetch as Googleの使い方

「Fetch as Google」の使い方も実に簡単です。

 

まずはGoogleサーチコンソールにログインします。

そして「クロール」-「Fetch as Google」をクリックします。

Fetch as Googleの使い方1

 

次にインデックス送信の対象となるページを入力し「取得」をクリックします。

Fetch as Googleの使い方2

 

すると取得されたデータが表示されるので、最後に「インデックスに送信」をクリックします。

Fetch as Googleの使い方3

 

これでページのインデックスリクエストが送信されます。

この後、1分くらいで大抵はインデックスされます。

後々には、何もしないで自然にインデックスされるのが望ましいですが、普通にはなかなかインデックスされないのであれば、このGoogleサーチコンソールを活用したインデックス方法はかなり効果があるので試してみる価値は十分にあります。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。