新しいGoogleサーチコンソール(Search Console)ベータ版の使い方と活用方法

新しいGoogleサーチコンソール(Search Console)ベータ版の使い方と活用方法

Googleサーチコンソール(Search Console)が新しくなって、
より使いやすくなりました。

これまでのGoogleサーチコンソールでは、
検索アナリティクス」でサイトへの流入キーワードや検索順位、
検索結果ページのクリック数など、ここでしか知ることができない
貴重なデータを参照可能でしたが、データを参照できる期間は過去90日分だけでした。

新しいGoogleサーチコンソールでは、
最大で過去16ヶ月分のデータを参照することができるようになりましたので、
より詳しくサイトのSEO対策に役立てていくことができます。

この記事では、Googleサーチコンソールの機能の解説と
旧Googleサーチコンソールとの違いについて解説していきます。

新しいGoogleサーチコンソールで出来ること

新しいGoogleサーチコンソールで選ぶことができるメニューは大きく2つです。

 

Googleサーチコンソールで選ぶことができるメニュー

・ステータス

・サイトマップ

 

Googleサーチコンソール:ステータス

「ステータス」では、サイトのアクセス数やクリック数、検索順位や
流入キーワードなどデータからサイトの状態を詳しく知ることができます。

旧Googleサーチコンソールの検索アナリティクスが
アップグレートされたものになります。

「ステータス」では、
「パフォーマンス」「インデックス登録の対象範囲」の機能を使えます。

 

パフォーマンス

パフォーマンス

「レポートを開く」をクリックします。

 

パフォーマンスでは、サイトの

「合計クリック数」

「合計表示回数」

「平均CTR」

「平均掲載順位」

が分かります。

 

パフォーマンス

合計クリック数:検索結果に表示されたサイトへのリンクがクリックされた回数

合計表示回数:検索結果にサイトへのリンクが表示された回数

平均CTR:検索結果に表示されたサイトへのリンクがクリックされた割合(平均)

平均掲載順位:検索結果に表示される掲載順位(平均)

 

これら4つはすべて検索結果ベースのデータになっていますので、

「自分のサイトは検索結果では何位くらいなのか?」

「検索されたときに実際に検索結果に表示されたのはどのくらいなのか?」

「検索結果に表示されてからどれくらいリンクがクリックされたのか?」

といったことを詳しく知ることができます。

 

パフォーマンス

「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」の
各項目をクリックするとその項目のグラフが表示されます。

 

期間を指定したい場合

期間を指定したい場合

検索期間を変更したい場合は、
「日付」のところクリックして変更することができます。

 

選べる期間は、

・過去7日間

・過去28日間

・過去3ヶ月間

・過去6ヶ月間

・過去12ヶ月間

・全期間

・カスタム

の7つです。

 

全期間では、なんと過去16ヶ月分ものデータを表示できます。

Googleサーチコンソールでは期間は、最大90日だったので、
それと比較すると5倍以上ものデータの表示が可能になりました。

 

期間を指定したい場合

検索したい期間を選んで、「追加」をクリックします。

 

グラフの表示

 

一定期間でデータを比較したい場合

さらに、期間毎のデータの比較をすることもできます。

 

一定期間でデータを比較したい場合

「日付」のところクリックして、

 

一定期間でデータを比較したい場合

「比較」タブをクリックします。

 

ここでは、

・過去7日間と前の期間を比較

・過去28日間と前の期間を比較

・過去3ヶ月間と前の期間を比較

・過去6ヶ月間と前の期間を比較

・過去7日間と前年を比較

・過去28日間と前年を比較

・過去3ヶ月間と前年を比較

・カスタム

の7つから比較期間を選べます。

 

カスタムを選ぶことで自分で比較期間を設定することもできます。

 

カスタムを選ぶことで自分で比較期間を設定

比較したい期間を選んだら、「追加」をクリックします。

 

1年前との比較

このように1年前との比較も簡単にチェックすることができます。

 

検索キーワードを知りたい場合

検索結果のデータだけでなく、

「どういったキーワードで検索されているのか?」

というサイトのSEO対策を考えていく上で最も重要なユーザーの検索ワードも
この「パフォーマンス」で把握することが出来ます。

 

検索キーワードが表示

グラフ表示エリアの下に検索キーワードが表示されます。

 

ここを見ることで、

「どういったキーワードで実際に検索されて検索結果に表示されているのか?」

ということが手に取るように分かります。

 

「狙ったキーワードで検索されているのか?」

「全然思いもよらないようなキーワードで検索されていないか?」

といったことも分かることで、
十分に今後のキーワード選びの参考になります。

 

ページ単位でのデータを知りたい場合

ページ単位でのデータを知りたい場合

「ページ」をクリックすることでページ単位でのデータも見ることができます。

 

どのページへのアクセスが検索結果に表示されてクリックされているのか?

 

つまり、

「どのページにアクセスが集まっているのか?」

というサイトの状態のキモとなる部分を確認することができます。

 

ページのURLをクリック

ここで、ページのURLをクリックすると、

 

ページのURLをクリック

そのページでの、

「合計クリック数」

「合計表示回数」

「平均CTR」

「平均掲載順位」

のデータが表示されます。

 

ページごとのデータを確認することで、
そのページの平均掲載順位や検索結果に表示された回数、
検索結果でクリックされた数などの詳しい数値を知ることができます。

 

もし、検索結果に表示された回数が多く、
掲載順位が高いにも関わらず、クリック数が少なければ、
検索結果に表示されるタイトルがクリックされにくいものになっている
可能性があると推測して、その原因を考察することにも役立ちますし、
今後の記事修正に活かしていくこともできます。

 

ページ単位での検索キーワードを知りたい場合

「クエリ数」をクリック

さらに、そのまま「クエリ数」をクリックすると、

 

どんなキーワードで検索されているのかを一覧

そのページがどんなキーワードで検索されているのかを一覧で確認できます。

 

実はこれがGoogleサーチコンソールを使う大きなメリットです。

 

ページ単位での検索キーワードが分かるということは、

・狙ったキーワードでちゃっと検索されているのか?

・思いもよらなかったキーワードでアクセスは集まっていないか?

といったことも簡単に分かるということです。

 

これらのキーワードデータは、検索ユーザーの活きたキーワードなので、
特に自分では思いつかないようなお宝キーワードを発見することにも繋がります。

 

どの国からの検索が多いかを知りたい場合

「国」をクリックすると、
どの国からの検索数が多いのかということが分かります。

 

どのデバイスからの検索が多いかを知りたい場合

どのデバイスからの検索が多いかを知りたい場合

「デバイス」をクリックすると、デバイス毎での検索数が分かります。

 

特定のキーワードで検索されたページを知りたい場合

検索キーワード毎や検索ページ毎の

「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」

のデータも分かります。

 

検索キーワード毎のデータを見たい

検索キーワード毎のデータを見たい場合は、キーワードをクリックします。

 

検索キーワード毎のデータを見たい

するとこのように、そのキーワードでの

「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」

のデータが表示されます。

 

「ページ」をクリック

さらに、そのまま「ページ」をクリックすると、
そのキーワードで検索されたときに検索結果に表示されたページを
確認することができます。

 

この機能自体は、旧Googleサーチコンソールにもあったのですが(検索アナリティクスの機能)、旧Googleサーチコンソールではデータの参照期間の最大が過去90日分でした。

 

これが新しいGoogleサーチコンソールでは、
最大で過去16ヶ月分のデータが取得できます。

 

データ取得できる期間が大幅に伸びたことで、過去データからの推移や、
機関でのデータ比較など、より細かく分析することができるようになりました。

 

Googleサーチコンソールを活用した効果的な分析方法を
こちらで解説していますので一緒に読んでみてください。

⇒ Googleサーチコンソールを活用した効果的な分析方法

 

インデックス登録の対象範囲

インデックス登録の対象範囲では、
インデックスされているURLの数を知ることができます。

 

レポートを開く

「レポートを開く」をクリックすると、

 

インデックス登録の対象範囲

「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」の数を確認できます。

 

エラー:何かしらの理由でインデックスされなかったURLの数

有効(警告あり):インデックス自体はされているけれど、何かしらの問題があるURLの数

有効:正常にインデックスされているURLの数

除外:意図的にインデックされていない(除外されている)URLの数

 

インデックス登録の対象範囲

「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」の部分をクリックすると、

 

インデックス登録の対象範囲

その詳細がグラフの下に表示されます。

 

インデックス登録の対象範囲

さらに各項目をクリックすると、

 

該当のURLの一覧を確認

該当のURLの一覧を確認することもできます。

 

何かしらの問題があってインデックスされていないURLなどは、
ここで該当のURLを特定することができます。

 

サイトマップ

サイトマップでは、XMLサイトマップを送信して、
インデックス促進を促すことができます。

 

サイトマップ

「新しいサイトマップの追加」のところの
「サイトマップURLを入力」にXMLサイトマップのURLを入力します。

 

サイトマップ

それから「送信」をクリックします。

 

サイトマップの送信は、記事を新しく公開するごとにやっておくといいです。

 

以前のバージョンに戻すには

新しいGoogleサーチコンソールに表示されている機能は、
「スタータス」「サイトマップ」の2つだけですので、
インデックスリクエスト送信に使える「Fetch As Google」などを使いたい場合は、
以前のバージョンのGoogleサーチコンソールから実行します。

 

以前のバージョンに戻す

「左メニュー」の一番下にある「以前のバージョンに戻す」をクリックすることで
Googleサーチコンソールを以前のバージョンに戻すことができます。’

 

まとめ

新しいGoogleサーチコンソールでは、
検索アナリティクで過去90日分だけだったデータが
最大16ヶ月分までの期間拡張されたことが大きな更新点です。

1年前の検索データとの比較や検索キーワードの抽出など
かなり活用できる範囲が広がりました。

 

サイトに効果的にアクセスを集めるには、
まずはサイトの状態を知る(把握する)ことがすごく大事になってきますので、
Googleサーチコンソールを使いこなして100%活用していきましょう。

 

新しいGoogleサーチコンソールは、
まだリリースされているものがBETA版なので、
今後機能が追加&更新されることも考えられます。

新情報があればこのブログで随時更新していきます。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。