「インデックス カバレッジ」「インデックス登録の対象範囲」の問題の解決方法 noindexエラーを消したやり方

「インデックス カバレッジ」「インデックス登録の対象範囲」の問題の解決方法

Googleサーチコンソールが新しくなったということで使っていたら、

サイト ○○○ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに 件 検出されました

サイト ○○○/ で「インデックス登録の対象範囲」の問題が新たに 件 検出されました

というメッセージを受けるようになりました。

 

新しいGoogleサーチコンソールでは、
「インデックス カバレッジ」という項目が表示されるようになっていて、
そこでエラーが出てしまっています。

この「インデックスの問題」のエラーを消す方法を
いろいろと調べて試してみて、きちんとエラーを消すことができたので、
この記事ではそのときに実際にやったことを書いていきます。

 

「インデックス カバレッジ」「インデックス登録の対象範囲」の問題とは?

新しいGoogleサーチコンソールでは、
左メニューの「ステータス」-「インデックスカバレッジ」から、
インデックス カバレッジの「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」
を確認することができます。

新しいGoogleサーチコンソール(Search Console)ベータ版の使い方と活用方法

 

インデックス カバレッジのエラー

インデックス カバレッジに問題があると、
ここで「エラー」のところに表示されます。

 

「エラー」になるのは、
何かしらの理由でインデックスされなかったページです。

インデックスされなかったということは、
そのページはGoogleの検索結果に表示されないということなので、
ここのエラーは解消したほうが良いです。

 

インデックスの「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」について
詳しくはこちらで解説しています。

インデックスの「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」の意味

 

インデックスエラー時に受け取る通知

インデックスエラーの対象となるページがあると、
Googleサーチコンソールにメッセージが送信されます。

 

Googleサーチコンソールのメッセージ

Googleサーチコンソールの「すべてのメッセージ」から確認できます。

 

メッセージをクリックすると、

Googleサーチコンソールのメッセージ

詳しい内容が表示されますので、
「Search Console を使用してインデックカバレッジの問題を修正」
をクリックします。

 

インデックスカバレッジ

すると、
Googleサーチコンソールのインデックスカバレッジのページが表示されますので、
画面下にある「ステータス」を確認します。

 

インデックスカバレッジのステータス

ステータスに、エラーとなっている理由が表示されます。

 

インデックスエラーとなる原因

新しいGoogleサーチコンソールを使うようになってから、
いくつかのサイトに対してインデックスエラーの通知を受けましたが、
その理由はすべて同じものでした。

 

それは、

「送信された URL に noindex タグが追加されています」

というものです。

 

noindexタグが追加されているページは、
検索結果に表示されなくなります。

もしエラーになっているページが、
意図的に検索結果に表示したくないページある場合は、
そのままでも特に問題はないですが、検索結果に表示したいページの場合は、
noindexタグを削除していきます。

 

noindexタグは通常このような形でHTMLのメタタグに記述されています。

noid

 

インデックスカバレッジのエラー理由

理由のところをクリックすると、

 

インデックスカバレッジのエラーURL

該当のURLを確認することができます。

 

私が受け取ったエラー対象のページは、
すべてXMLサイトマップのページでした。

そして、XMLサイトマップのページは、
ワードプレスのプラグイン「XML Sitemap Generator」
自動生成されるものです。

 

「XML Sitemap Generator」は、
サイトを巡回するクローラーがページを読み取るためのサイトマップを
自動的に作ってくれるプラグインです。

「XML Sitemap Generator」はこちらのやり方でインストールできます。

「XML Sitemap Generator」のインストール方法

 

つまり、Googleサーチコンソールで受け取ったメッセージは、
「XML Sitemap Generator」が自動的に生成するXMLサイトマップページで
エラーが発生しているという通知というでした。

他のサイトもすべて同じ原因で、
XMLサイトマップページで起きていました。

 

サイトマップページのインデックスエラーの解決方法

「XML Sitemap Generator」の設定

「XML Sitemap Generator」が自動生成するサイトマップページが
エラーの原因となっている場合は、クローラー用のXMLサイトマップだけでなく、
ユーザー用のHTML形式のサイトマップも含まれていたために
エラーが発生していたので、その設定を外していきます。

 

ワードプレスの左メニューの

XML Sitemap Generatorの設定

「設定」- 「XML-Sitemap」をクリックします。

 

XML Sitemap Generatorの設定

「基本的な設定」の「HTML形式でのサイトマップを含める」
に付いているチェックマークを外します。

 

XML Sitemap Generatorの設定

「設定を更新」をクリックします。

 

Googleサーチコンソールでの修正検証

インデックスカバレッジのステータス

Googleサーチコンソールのインデックスカバレッジのステータスで、
該当の項目をクリックします。

 

インデックスカバレッジの修正を検証

「修正を検証」をクリックします。

これで修正の検証をGoogleにリクエストしましたので、
あとは再検証が終わるのを待ちます。

 

Googleサーチコンソールへのメッセージ

修正の検証をリクエストするとGoogleサーチコンソールに
メッセージが届きます。

 

メッセージをクリックすると、

Googleサーチコンソールへのメッセージ

このような内容になっています。

 

修正の検証の結果が出るまでは大体10日くらいかかります。

結果がでると、再度Googleサーチコンソールにメッセージが届きます。

Googleサーチコンソールへのメッセージ

 

メッセージをクリックすると、

Googleサーチコンソールへのメッセージ

きちんとエラーが解消されたことが分かります。

 

メッセージ内の「問題の詳細を表示する」をクリックすると、

インデックスカバレッジエラー修正完了

該当ページのエラーが0になっています。

 

以上の手順で、インデックスカバレッジのエラーを解消することができました。

 

まとめ

Googleサーチコンソールを使っていて、
「インデックス カバレッジ」や「インデックス登録の対象範囲」の
エラーを通知を受け取ったら、まずは該当のページとその理由を確認してみることで、
その解決策も分かってきます。

そして解決策を試してみたら、
その後、Googleサーチコンソールから
きちんとその旨をGoogleに通知することで
エラーや問題を解決していくことができます。

 

Googleサーチコンソールではこの他にもいろいろと
Googleからの通知を受けることが出来ますので、
ブログやサイトを作ったら、まずはGoogleサーチコンソールへの登録を
済ませておくことを強くおすすめします。

Googleサーチコンソールへの登録は、
こちらで図入りで詳しく解説していますので、
参考にしてみてください。

GOOGLE SEARCH CONSOLE(サーチコンソール)の使い方と登録方法

この記事へのコメント

  1. るなっち さん

    こんにちは

    いつもわかりやすく有益な情報をありがとうございます。
    大変に参考になります♪

    また訪問させていただきます。
    応援ポチして帰ります

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。