中古ドメインのデメリットと結論

今回は、中古ドメインを使用することについての
デメリットを解説していきます。
 
 
中古ドメインのメリットは、

中古ドメインのメリットとは?

での解説の通りで、SEO上かなりの恩恵を受けることができます。
 
 
一見メリットしかないように思える中古ドメインですが、
デメリットもあります。

それを以下に挙げています。

 

値段が高い!

メリットが大きいだけに中古ドメインは一般的な新規ドメインに比べて
値段が相当高いです。
 
 
値段はそのドメインのページランクに応じて高くなります。
 
 
ページランクとは、Googleによりサイトの評価を数値化したものです。
主にそのドメインへの被リンクの数や質により、0から10までの10段階で
表されます。
 
 
このページランクが高いドメイン程高額になります。
中古ドメインで使用するのであれば、最低でもページランク3以上の
ものから選んだ方がいいです。
 
 
金額は大体こんな感じです。

ページランク3:5千円から2万円くらい
ページランク4:1万円から5万円くらい
ページランク5:3万円から10万円くらい
ページランク6:10万円から30万円くらい
 
 
ページランク7以上はほとんど取引されていない(市場に出まわってしない)です。

こんなにも高額にも関わらず、慢性的に中古ドメインは品切れ気味です。

それほど人気が高いということです。
 
 
中古ドメインは、

中古ドメイン販売屋さん

カエルドメイン

といった中古ドメイン販売サイトから購入することができます。

こららのサイトで値段を見てもらえれば、
その値段の高さに驚くと思いますよ。

 

当たり外れがある

これが怖いのですが、中古ドメインには当たり外れがあります。
 
 
中古ドメインの前の運営者が何かしらのペナルティを受けていた場合などは、
そのペナルティをそのまま引き継いでしまう可能性があります。
 
 
そうするとせっかく高いお金を払って手にしたドメインが、
検索結果にまったく表示されず、圏外扱いを受けてしまっているということ
もありえます。
 
 
ドメインの過去の運用歴は

http://archive.org/

で確認することができます。
 
 
中古ドメインを購入する場合は、必ず上記のサイトで過去の運用歴を
調べてみた方がいいです。
(アダルトサイトだったりしないかなど)
 
 
原因は不明ですが、9万円で購入したある中古ドメインは
何かしらのペナルティを受けていたようで、いくら記事を作成しても
どの記事も検索結果に表示されないという現象に見舞われました。
 
 
9万円もしたのにですよ!
 
 
その時はショックすぎで、どうしようもなかったことを覚えています。。。

その後、なんとかしようとしたのですが結局ダメでした。

 

数ヶ月で圏外へ飛ぶ可能性がある

詳しい原因は不明ですが、
中古サイトは数ヶ月で突如圏外に飛ぶことがあります。
 
 
そもそも中古ドメインの持つ被リンクやページランクは、
正しい方法で得たものではない見せかけのものなので、
そういったドメインをGoogleが嫌っている可能性があります。

これも全てがそうなるというわけではないですが、
数ヶ月で原因不明の圏外行きとなるサイトは確実に存在します。

私の持っているサイトの1つも2ヶ月後にいきなり圏外へ飛び、
アクセスが激減しました。

そのサイトのアクセスはその後復活することはありませんでした。。。

 

ページランクが下がる

被リンクによって支えられているページランクは、
そのリンク先からリンクを外されるとページランクが下がってしまいます。
 
 
中古ドメインのサイトの内容が新しい運営者によって変われば、
当然リンクを外される可能性があります。
 
 
そしてそれが原因でページランクが下がります。
 
 
私の所有するドメインでも、やはりページランクが下がったものがあります。

2つくらいは、平気で一気に下がります。

これはこれで目の当たりにすると悲しい気持ちになります。

 

結論

中古ドメインの購入は、ある意味博打的なところがあります。
 
 
当たりを引けば、効果が高いドメインを長く運用することができますが、
外れれば本当に使えないドメインと化します。
 
 
中古ドメインは、最初からアクセスを集めやすいので
スタードダッシュには適していますが、長期的にみれば、
いつ死んでもおかしくない危険性を秘めています。

 
 
高ページランクの中古ドメインに関しては、
バックリンクサイトとして使うことが適していますが、
やはりページランクの減少の可能性があることは
気にしておく必要があります。
 
 
非常に分かりやすいメリット、デメリットを併せ持つ中古ドメインですが、
品切れが続いている状況を見ると依然人気があるということを伺い知ること
ができます。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。