アドセンスのクリック単価とクリック率の意味とは?

Googleアドセンスで広告のクリック報酬を発生させることでお金を稼ぐことに慣れてくると、アドセンスの管理ページにある各項目が何なのか気になってくると思います。

そこでここでは中でもアドセンスで稼ぐ上での押さえておいたほうがよい3つの項目について解説します。

その3つとは「CTR」「CPC」「RPM」です。

これらの数値をチェックすることで、より収益率を高めるためのサイト最適化のヒントになります。

Googleアドセンスの詳しい仕組みについては、こちらで詳しく解説しています。

CTR(クリック率)

「CTR」とは、広告のクリック率です。

広告表示回数を広告のクリック回数で割ったものです。

なので、クリック率が1%であれば、おおよそ100回広告が表示されて、そのうちの1回広告がクリックされたということになります。

このクリック率ですが、普通のサイトだと、大体平均0.2%~1%くらいです。

椎名
椎名
クリック率が1%あるとかなり高い部類にですね♪

ただ、これはあくまで平均で、サイトのジャンルやコンテンツ次第で上下します。
 
例えば、ポータルサイトなどのクリック率は、0.2%以下だったりしてかなり低いです。

おそらく、ポータルサイトのユーザー層は、リピーターが多いので、そのため広告には目が行かず(広告が背景と化している)、クリック率が下がる傾向にあると思われます。

逆に専門職の強いサイトだとクリック率が2%近くにまで上昇する事もあります。

これは、サイト全体のテーマが固定されているため、アドセンスのコンテンツにマッチした広告が効率よく表示されるためだと考えられます。

椎名
椎名
実際に私が所有している専門サイトのクリック率は大体1%~2%くらいです。

なので、クリック率を上げるには専門職の強いサイト作ることがおすすめです。

 

特にダイエット系のサイトなどは、かなりコンテンツにマッチした広告が表示され、クリック率が3%を超える日もありました。

例え、ページビューが少なくてもクリック率が高ければ収益に差がないです。

1日1000PVでクリック率1%のサイトも

1日2000PVでクリック率0.5%のサイトも

クリック回数は同じ100回です。

基本的にはPVを増やすことが有効ですが、どうしてもPVを増やせない場合は、コンテンツを見直してクリック率を改善してみるのも1つの手段です。

 

CPC(クリック単価)

「CPC」とはクリック単価のことです。

広告が1回クリックされるあたりで発生する金額です。

椎名
椎名
当然ここの数字が高ければ高いほど広告収入の額が大きくなります。

これは入札している広告主によって変わるので一概に平均的なものはないです。

増えたり減ったりと常に変動するので、ここの数字をみて一喜一憂してはいけないです。

ただ、クリック単価が比較的高い広告サイズというものはあるので、それらのサイズの広告を積極的に設置するといいです。

現在、効果が高いとされているサイズは、

  • 336×280 のレクタングル(大)
  • 300×250 のレクタングル(中)
  • 728×90 のビッグバナー
  • 160×600 のワイド スカイスクレイパー

この中でも特に300×250 のレクタングル(中)が良いみたいです。

このサイズでしか表示されない広告もあるようなので、出来るだけ多くの広告が表示される可能性があるサイズを使うことが好ましいですよね。

 
また、広告タイプにはテキストとイメージの2つがあります。

テキストのみ、イメージのみ、テキストとイメージの混合という3つから選べますが、正直どれもそこまで差がないように感じました。

確かにイメージのほうが広告単価はテキストに比べて高いですが、テキストの方がクリック率が高かったりするなどして、結局あまり変わらないかなぁという結論です。

であれば、テキストとイメージの混合が1番バランスがよさそうです。

 

RPM(1000回表示あたりの収益)

「RPM」とは表示回数1000回あたりの見積もり収益額のことです。

1000回表示あたりの金額ということで、目安のようなものですね。

この値はCTRとCPCに依存するものなので、参考程度にみておけばいい感じです。

例えば、期間指定してデータを参照して、この月はRPMが低かったな的にチェックしたりします。

計算方法:インプレッション収益 =(見積もり収益額/ページビュー数)×1000

 

まとめ

アドセンスは単にサイトにブログを設置するだけではなく、これらの数値をチェックして、常にサイトの状態を把握して、それに応じて最適化をはかることで収益を増やすことができます。

せっかくGoogleより細かなデータが提供されているので、これらの数値をしっかりと活用して効果的なサイト運営を心がけたいですね。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。