アドセンス警告「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります」表示の対応方法

アドセンス警告「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります」表示の対応方法

アドセンス管理ページにログインすると画面上部に、

ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ解決して下さい。

というメッセージが突然表示されることがあります。

ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ解決して下さい

警告メッセージのようで心配になってしまいますが、ads.txtファイルを作成して、そのファイルをサーバー上にアップロードするだけで簡単に解決できます。

やり方も手順通りに進めるだけなので、誰でもできる簡単な作業です。

この記事では、ads.txtファイルを作成して、アドセンスの警告メッセージを解消するやり方について詳しく解説します。

 

ads.txtファイルはサイトごとに導入する

ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ解決して下さい。

というメッセージは、

  • ads.txtファイルを作成
  • 作成したads.txtファイルをサーバーにアップロード

という2ステップだけで簡単に解消できます。

ただし、ads.txtファイルはサイト毎に導入しないといけないので、もし複数のサイトでアドセンスを使っていたら、それらのサイトに個別にads.txtファイルを導入していきましょう。

椎名
椎名
それでは、ads.txtファイルのサイトへの導入方法について解説します!

 

ads.txtファイルを作成する

まずは、ads.txtファイルを作成します。

ads.txtファイルはテキストエディタ(Terapadや秀丸など)を使って作成します。

 

テキストエディタで新規作成画面を開きます。

そこに、

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

を貼り付けます。

ads.txtファイル

 

次に「pub-0000000000000000」の部分を自分のサイト運営者IDに置き換えます。

 

自分のサイト運営者IDを確認するには、アドセンス管理ページで、

「アカウント」をクリック

「アカウント」をクリックします。

 

サイト運営者IDをコピー

サイト運営者IDをコピーします。

 

コピーしたサイト運営者IDをテキストエディタに貼り付けた「pub-0000000000000000」と置き換え

コピーしたサイト運営者IDをテキストエディタに貼り付けた「pub-0000000000000000」と置き換えます。

 

ファイル名を「ads.txt」にして保存

最後にファイル名を「ads.txt」にして保存します。

 

ファイル名を「ads.txt」にして保存

ads.txtファイルは全サイトで共通なので、同じファイルをアドセンスを貼っているそれぞれのサイト上の「public_hml」以下にアップロードしていきます。

 

ads.txtファイルをサーバーにアップロードする

作成したads.txtファイルをサーバー上の「public_hml」以下にアップロードします。

サーバー上にアップロードする方法はいくつかあります。

  • FTPソフトでサーバー接続してアップロードする
  • レンタルサーバー会社が提供しているファイルマネージャ機能でアップロードする

 
簡単なのは、

  • レンタルサーバー会社が提供しているファイルマネージャ機能でアップロードする

です。

ファイルマネージャ機能でアップロードする方法を、レンタルサーバーがXサーバーの場合を例に解説します。

 

まずはXサーバーのトップページを表示します。

 

ファイルマネージャ」をクリック

「ログイン」をクリックして、「ファイルマネージャ」をクリックします。

 

サーバーの「FTPユーザーID」と「FTPパスワード」を入力

サーバーの「FTPユーザーID」と「FTPパスワード」を入力して、「ログイン」をクリックします。

「FTPユーザーID」と「FTPパスワード」はXサーバーの申込時のメールに記載されています。

 

「Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ」という件名のメールの

Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ

「サーバーアカウント情報」のところに記載されている「FTPユーザー」と「FTPパスワード」です。

 

ads.txtファイルをアップロードするサイトのドメイン名をクリック

ログイン後、ads.txtファイルをアップロードするサイトのドメイン名をクリックします。

 

「public_html」をクリック

「public_html」をクリックします。

 

「ファイルを選択」をクリック

「ファイルを選択」をクリックして、作成した「ads.txt」を選択します。

 

「アップロード」をクリック

「アップロード」をクリックします。

 

ads.txtファイルをアップロード

アップロードした「ads.txt」が表示されていればOKです。

椎名
椎名
以上で、ads.txtファイルを作成して、サーバーへアップロードする作業は完了です。

複数のサイトでアドセンスを使っている場合は、それぞれのサイトに対して同じ作業をしていきましょう。(アップロードするads.txtファイルは最初に作ったものでOKです。)

1〜3日くらいすると、アドセンスの管理ページから警告メッセージが消えたことを確認できます。

 

まとめ

まとめ

アドセンスの管理ページに見慣れない警告メッセージが表示されると心配になってしまいますが、きちんと対応すれば何も問題はありません。

「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。」というメッセージも、

  • ads.txtファイルを作成する
  • 作成したads.txtファイルをサーバーにアップロードする

という簡単作業で解決することができますので、この記事を参考にして、早速ads.txt対応してみてください。

今後、新しくアドセンス広告を貼るサイトをアドセンスに追加登録したら、予めads.txt対応もしておくと、警告メッセージも表示されなくて安心です。

この記事へのコメント

  1. takafumi さん

    おはようございます。
    タイトルを見たら難しそうな感じをうけましたが、
    読んでいるうちにできそうに思えました。
    Xサーバーを使っていますし、
    ファイルマネージャー以降も見た記憶があるので、
    対応できると思います。
    わかりやすい記事を書いてくださってありがとうございます。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。