アドセンスにログインできない原因と解決方法

アドセンスにログインできない原因と確認方法

グーグルアドセンスにログインできない場合の原因と解決方法について解説します。

アドセンスの管理ページにアクセスしてもログインできないことがあります。

その場合、まずはアドセンス管理ページへのログインURLが間違っていないか確認してみてください。

URLに間違えがない場合は以下の4つをそれぞれチェックしてみます。

アドセンスアカウントのログイン間違え

アドセンスアカウントのメールアドレスとパスワードが間違っていないか確認してみます。

もし複数のGoogleアカウントを持っている場合は、アドセンスアカウントと紐ついていないGoogleアカウントで間違えてログインしていることがあります。

ですので、アドセンスと紐ついているGoogleアカウントでログインしているかを確認してみます。

 

もしアドセンスアカウントと紐ついていないGoogleアカウントでログインしている場合は、一旦ログアウトしてから再度正しいアカウントでログインし直します。

Googleアカウントからログアウトするには、Googleのページの右上のアイコンをクリックして、そこからログアウトをクリックします。

Googleアカウントからログアウト

 

お客様からのリクエストを処理することができません

ログインしようとすると、

「ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。現在、お客様からのリクエストを処理することができません。Google のエンジニアが問題解決に取り組んでおりますので、しばらくお待ちください。」

というメッセージが表示されることがあります。

 

この場合は何かしらの理由で一時的にログインすることができない状態ですので、しばらくしてから再度ログインを試してみます。

もしそれでも同じメッセージが表示されてログインできないときは、別のブラウザやブラウザのシークレットモードを使ってログインを試してみます。

 

大体の場合は時間をおいてから試すことでログインできるようになります。

 

アカウントが無効になっている

Googleアドセンスアカウントは15ヶ月以上に渡って費用が発生していないとアカウントが自動的に無効になります。

つまり、アドセンス申請してアカウントを取得しても、

  • ブログに広告を貼っていない
  • ブログへのアクセスが少なくて広告がクリックされていない

などでアドセンス収益が発生していない状態が15ヶ月以上続くと『活動していないアカウント』とみなされて、アドセンスアカウントが無効になってしまいます。

 

アドセンスアカウントが無効化されると、

「お客様の Google 広告アカウントは利用停止状態になりました(費用が発生していないため)」

という件名でアドセンスを使用しているGoogleアカウント宛にメールが届きます。

 

アドセンスアカウントが停止されている

アドセンスのポリシー違反などでアドセンスアカウントが停止されている場合はログイン自体はできますが、

  • アドセンス広告ユニットを作成したり
  • ブログに広告を表示したり

できなくなります。

つまり、ログイン自体はできますがアドセンス収益は発生しなくなります。

 

まとめ

アドセンスに突然ログインできなくなると焦ってしまいますが、まずはどこが問題かを1つ1つ確認していきましょう。

ログインに関してはブラウザのキャッシュやクッキーが影響していることもありますので、

  • ブラウザのキャッシュやクッキーをクリアする
  • ブラウザのシークレットモードでログインを試す

ことも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。