Googleアドセンス自動広告の設定方法とブログへの貼り方

Googleアドセンス自動広告の設定方法とブログへの貼り方

Googleアドセンスの広告設定に新しい機能が追加されました。

それは「自動広告」機能です。

これはその名前の通り、Googleアドセンス側で、
ブログ内に自動で広告を表示してくれる機能になっています。

コードを取得して、それをブログの所定の位置に貼り付けるだけで、
あとは自動で広告がブログ内に表示されるようになりますので、
通常の広告ユニットと比べると格段に簡単&手軽に
アドセンス広告をブログに表示することができるようになります。

この記事では、「自動広告」の使い方や使ってみての感想、
これまでの広告ユニットとの違いなどを解説します。

自動広告と広告ユニットの違い

大きな違いは、自動広告は自動でブログ内に広告が表示される点です。

 

これまでの広告ユニットの場合は、広告毎に広告コードを取得して、
その広告コードをブログ内で広告を表示したい箇所に
手動で貼り付ける必要がありました。

ブログのサイド、記事下、関連記事の下など
それぞれの位置に自分で広告コードを貼り付けないといけないです。

 

具体的にはこちらの手順で広告ユニットを作って、
それをブログに貼り付ける作業が必要です。

アドセンス広告ユニットの作成手順とワードプレスブログへの貼り方

 

それに対して自動広告の場合は、自動広告用のコードを
ブログの所定の箇所に貼り付けるだけで、
あとは自動でブログに広告が表示されるようになります。

ですので、こちらでサイドや記事下など指定する必要もなく、
記事内やサイド、ヘッダーエリアなどGoogleアドセンス側で
最適な位置を判断して自動で広告を表示してくれるようになります。

 

やるべき作業はコードを一箇所貼り付けるだけなので、
これまでの作業と比べると格段に簡単になりました。

さらに表示する広告の数もGoogle任せになりますので、
広告の貼りすぎなどの心配もしなくて良くなります。

 

自動広告が表示する広告のタイプは、

・テキスト広告とディスプレイ広告

・インフィード広告

・記事内広告

・関連コンテンツ

・アンカー広告

・モバイル全画面広告

と多岐に渡って網羅されていますし、
今後さらに新しいタイプの広告が出てくれば、
それらも含まれていきます。

 

記事内広告などを自分で1つ1つの記事に手動で入れるのは
すごく手間ですが、自動広告ではGoogleアドセンス側で
最適な位置に自動で広告表示してくれるので便利です。

広告の表示数が増えれば、それだけ広告クリックの機会も高まり、
アドセンス収益の増加も見込むことが出来ます。

 

自動広告の使い方

自動広告の設定

自動広告の選択

アドセンスのメニューの「広告の設定」をクリックします。

 

自動広告をクリック

「コンテンツ」-「自動広告」をクリックします。

 

開始するをクリック

「開始する」をクリックします。

 

保存をクリック

表示する広告タイプを選択して「保存」をクリックします。

 

広告フォーマットの選択

あとから変更もできますので、
まずはすべて選択しておくのが良いです。

「新しいフォーマットを自動的に取得する」もチェックしておくと、
今後新しい広告表示のフォーマットが追加された場合も、
自動的に表示されるようになります。

 

完了をクリック

表示されるコードをコピーして「完了」をクリックします。

 

自動広告設定完了

完了ページが表示されれば、自動広告の設定は完了です。

 

次にコピーしたコードをブログに貼り付けます。

すでにアドセンス申請時にこのコードをブログに貼り付けている場合は、
再度ブログに貼る必要はないです。

Googleアドセンスの申請方法 審査期間と審査基準は?

 

自動広告の貼り付け

自動広告のコードは、ブログの<head>タグ内に貼り付けます。

<head>と<head>との間です。

ここではワードプレスを例に説明します。

ワードプレスブログの始め方と作り方 初心者講座 -完全版-

 

まずワードプレスの管理ページにログインします。

 

テーマの編集をクリック

「外観」-「テーマの編集」をクリックします。

 

ヘッダーをクリック

左のテンプレート一覧から「ヘッダー (header.php)」をクリックします。

 

ファイルの更新をクリック

</head>の上にコピーしたコードを貼り付けて、
「ファイルを更新」をクリックします。

 

これでコードのブログへの貼り付けは完了です。

1時間くらいでブログにアドセンス広告が表示されるようになります。

 

ブログ毎に自動広告の設定を分ける

自動広告はコードを貼り付けたすべてのブログに適用されますが、
ブログ毎に表示する広告タイプを分けることもできます。

 

例えば、

 

Aブログには、

・テキスト広告とディスプレイ広告
・インフィード広告
・記事内広告
・関連コンテンツ
・アンカー広告
・モバイル全画面広告

を表示する。

 

Bブログには、

・テキスト広告とディスプレイ広告
・記事内広告
・関連コンテンツ

を表示する。

 

その他のブログには、

・テキスト広告とディスプレイ広告

を表示する。

 

といったように表示する広告タイプを
ブログ毎に振り分けて設定することも出来ます。

 

URLグループの作成

ブログ毎に表示する広告タイプを分けるには、
「URLグループ」を作成していきます。

 

新しいURLグループをクリック

「新しいURLグループ」をクリックします。

 

次へをクリック

設定を分けたいブログのURLをチェックして、
「次へ」をクリックします。

 

広告タイプを選択

表示する広告タイプを選択して「次へ」をクリックします。

 

URLグループ名を入力

「URLグループ名」を入力して、「保存」をクリックします。

「URLグループ名」は何でもOKです。

 

URLグループの表示

作成たURLグループが表示されます。

URLグループは複数作成することも出来ます。

 

URLグループの編集

作成したURLグループを編集して、同じグループにURLを追加したり、
表示する広告タイプを変更したりすることができます。

 

URLグループのアイコンをクリック

編集するURLグループのアイコンをクリックします。

 

ペンマークをクリック

ペンマークをクリックします。

 

URLをチェック

URLグループに含めるURLをチェックします。

URLグループに含めたくないURLはチェックを外します。

それから「次へ」をクリックします。

 

広告タイプを選択

表示する広告タイプを選択します。

表示したくない広告タイプは選択を外します。

それから「次へ」をクリックします。

 

保存をクリック

URLグループ名を変更したい場合は、「URL グループ名」を編集します。

「保存」をクリックします。

 

以上でURLグループの編集は完了です。

 

URLグループを作ることで、
ブログ毎に表示する広告タイプを細かく設定できますので、
URLグループも活用していきましょう。

 

自動広告ではどこに広告が表示されるのか?

自動広告ではコードが貼られたページの内容を解析して、
最適な位置に広告が表示されるようなのですが、
いろいろと試してみると下記の位置に表示されることが多かったです。

・ページ上部のヘッダーエリアの下

・ページのサイドエリア

・記事の途中(記事の長さによって複数)

・ページの下部

 

ページ上部のヘッダーエリアの下だけは、
ブログのレイアウトによっては見た目が良くないかもしれませんが、
全体的には変な位置に広告表示されているという感じはしませんでした。

 

広告の表示回数は、自動広告を導入してからは大きく増えています。

ですので、自動広告は導入してみる価値は大いにありそうです。

 

まとめ

Googleアドセンスの自動広告は、コードをブログに貼り付けるだけで、
あとは広告表示箇所まで自動でやってくれるので、
かなり便利で手軽に導入できる機能です。

ページに表示される広告数もGoogle任せになりますので、
広告の貼りすぎでポリシー違反になるなどの心配もなくなります。

URLグループを作って管理することで、ブログ毎に設定することも出来ますし、
簡単に有効・無効を切り替えることもできます。

自動広告は導入してみてまず損はないので、
今回の記事を参考にして早速ブログに取り入れてみてください。

この記事へのコメント

  1. konoha ran さん

    GoogleAdsenseの自動広告の設置について、教えてください。
    コードを内に貼り付けるというのは、わかります。

    今まで、記事上・記事中・記事下・サイドバーに貼り付けておいたアドセンスコードはそのままで良いのでしょうか?

    それとも、削除しておく必要があるのでしょうか?

  2. ミラ さん

    はじめまして。
    ランキングから来ましたミラです。
    先週アドセンス合格したところです。
    広告の貼り方、分かりやすかったです。
    また訪問します!

    • 椎名 大 さん

      ミラさん

      アドセンス審査の合格おめでとうございます!

      記事を参考にして頂けてうれしいです^^

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。