Googleアドセンスアカウント停止と圏外ペナルティの重要な関連性

アドセンス停止

ブログやサイトがペナルティを受けて圏外へ飛んだ場合に、
そのままアドセンス広告を設置していると、アドセンスアカウントも
一緒に停止する事例が発生しています。

Google Adsense(アドンセンス)は、ブログに広告を設置して、
その広告がクリックされるだけで収益が発生する
最も簡単なアフィリエイト手法のひとつです。

1回のクリック単価は数十円と低いですが、
アクセス数と共に、クリック数も確実に比例するので、
アドセンスで稼ぐのであれば、単にアクセス数を伸ばすことだけに
集中すればいいので、やるべきことも単純で明確です。

 

実際に、このアドセンス広告をブログに設置して、
月に30万円ほど稼ぐことができています。

アドセンス報酬

 

さらに力を入れれば、50万円、100万円といった収入を得ることも十分に可能です。

今ならこちらの無料メール講座で、
この初心者でも1からブログを作ってアドセンスで稼ぐ方法を教えています。

 

  • とりあえずやってみたいけど何をしたら分からない方
  • 興味があるから今すぐ始めてみたい方
  • もっと詳しいことを知りたい方

は、今すぐこちらからメールを受け取ってください。

 

こちらの無料メール講座では質問にもどんどお答えしていきますので、
アドセンスやブログのことで分からないことは気軽に何でも聞いてくださいね!

分かりやすいと好評の期間限定マニュアルも特別にプレゼント中ですので、
ぜひこちらも手に入れて活用してください。

Googleアドセンスの持つリスクとは?

これほどまでに結果を出しやすく、
また多くの収益を手することができるアドセンスですが、
ある日突然に収入がゼロになるというリスクも併せ持っています。

どういうことかというと、広告に設置に関してのルールが厳しく、
Googleのポリシーに反すると、すぐにアドセンスアカウントが停止されます。

しかも、なんの前触れもなく、
いきなり一方的にアカウントが停止されることもあります。

 

最近よくあるアカウント停止のパターン

これは連鎖的に停止になるといえるパターンです。

トレンドサイトなどが当てはまりがちなのですが、
まず、ある日、自分の運営するブログが圏外へと飛ばされます。

 
その場合、ウェブマスターツールに「品質に関する問題」として通知がきます。

ウェブマスターツール上で、
「検索トラフィック」 – 「手動による対策」をチェックしてみて

サイト全体の一致 手動による対策がサイト全体に適用されています

といったメッセージがあれば、手動でペナルティを受け、
サイトが圏外へ飛んでいることになります。

 

この状態になってしまうと、ペナルティを解除することは難しいです。

 

この場合、ペナルティを受けたサイトをそのまま放置して、
新たにブログを立ち上げて、そこにアドセンス広告を設置して
再スタートするのがほとんどだと思います。

でもここで、一度ペナルティを受けたサイトに
そのままアドセンス広告を設置したままにしておくと、
次は連鎖的にアドセンスアカウントが停止される可能性があります。

 

連鎖的にアドセンスアカウントが停止される理由

理由は、

アドセンス停止1

というものです。

 

さらに詳しく見ると、

アドセンス停止2

となっています。

 

つまり、

Google のウェブマスター向けの品質に関するガイドライン
に準じていないサイトにアドセンス広告を設置すると
アカウントが停止されることがあるというものです。

この『Google のウェブマスター向けの品質に関するガイドライン』
に準じていないサイトとは、Googleより手動でペナルティを受けた
サイトのことになります。

 

ペナルティを受けてからアドセンス停止まで期間は?

しかも、ペナルティを受けてからアドセンスが停止されるまでに要する期間は、
短いと1週間くらいということもあります。

なので、仮にサイトがペナルティを受けて圏外へ飛んだ場合は、
すぐにそのサイトからアドセンス広告を外す必要があります。

もし、そのままにして放置しておくと、
それが理由でアドセンスアカウントが停止されるリスクが非常に高いです。

 

サイトのペナルティとアドセンスアカウントの関連性についての考察

これまで、サイトがペナルティを受けて圏外へ飛ぶことは
アドセンスアカウントには影響しないと思っていたのですが、
実はそうではなく、非常に密接に関係しているようです。

アドセンスアカウントは、一度停止させられると、
再度取得することがかなり難しいので、
一度取得したアカウントは、細心の注意を払いながら
大事に運用していく必要があります。

特に、今回の事例は重要度が高いので、仮にサイトがペナルティを受けた場合は、
まずは速やかにアドセンス広告を外すことをおすすめします。

この記事へのコメント

  1. Eins さん

    アドセンス審査を通過する際に固有名詞を使うと危険と聞いたのですが、
    審査に合格した後、本命のサイトを作っていく際にも企業名・商品名などの固有名詞は
    一切書かないほうがいいのでしょうか?

  2. Camellia さん

    先日アドセンスの審査が通ったのですがポリシー違反の件で質問があります。コピペ記事はNGとのことですがサイトを2つ持っている場合、同時に同じ記事を投稿しても問題はありませんか?。どちらも広告を設置した状態です。

    • netadminnetadmin さん

      自分で所有しているサイトであったとしても、
      同じ記事をそれぞれにいれてしまうと、
      コピーコンテンツと見なされてしまう可能性がありますので、
      別々のサイトに同時投稿はしないほうが安全です。

  3. ピーワン さん

    お世話になります。

    サイトにグーグルアドセンス広告を掲載していましたが、
    アドセンス停止になり、再申し立てをしても却下されました。

    アドセンス停止されたのは、今から14カ月前です。
    そして今月、ダメ元で改めて再申し立てをしましたが却下された、
    という経緯です(アドセンス広告は記事から削除していませんでした)。

    この場合、
    このサイトに、引き続き記事を書き溜めていったとしても、
    他の広告会社の広告を使えば、クリック報酬は発生するのでしょうか。

    アドバイス頂ければと思います。お願い致します。

    • netadminnetadmin さん

      アドセンス広告を他の広告サービスに変更することで
      クリック報酬は発生しますよ。

  4. 明美 さん

    初めまして!ブログ作成までしたのですがブログの内容を自分の職業の水商売(キャバクラ)の話、テク話を書きたいんです。ただそうすると審査には引っかかってしまうでしょうか?またお客さんとのトラブル話や色恋話、パパの話や生々しい内容はやはりマズイですか?18禁的な内容は載せません。

    • netadminnetadmin さん

      アドセンスの場合、
      中学生くらいの子供がいる家庭や職場で見ても
      問題ないくらいの記事であることが望ましいとされています。
      その点も考慮されてみて判断されてみてくださいね。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。