WordPressにおすすめ!レンタルサーバー&プラン比較ランキング

レンタルサーバー& プラン比較ランキング

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーとプランをランキング形式でご紹介します。

ブログを作るなら、WordPress一択と言っていいくらい有名ですが、WordPressを使うためには、レンタルサーバーに申し込む必要があります。

でもレンタルサーバー会社もたくさんあって、

  • どこが良いのか?
  • どこにするべきなのか?

で迷ってしまいます。

レンタルサーバーによっては、WordPressが使えないものもありますので、失敗しないレンタルサーバー選びをするために、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

この記事では、

  • おすすめのレンタルサーバー
  • おすすめのプラン
  • メリット&デメリット
  • 価格
  • サポート体制

など詳しく書いていきます。

WordPressの設定手順については「WordPress(ワードプレス)ブログの始め方と作り方 初心者講座 -完全版-」が参考になります。

第1位:Xサーバー(エックスサーバー)

第1位:Xサーバー(エックスサーバー)

おすすめレンタルサーバー第1位はXサーバー(エックスサーバー)です。

Xサーバーは数多くのブロガーやアフィリエイターに利用されている超有名な優良レンタルサーバーです。

Xサーバーが多くの人に選ばれているのには理由があります。

 

Xサーバーのメリット

  • WordPressを簡単にインストールできる
  • サーバースペックが高くダウンしにくい
  • ブログの速度アップ機能が充実している
  • 無料でブログをSSL化できる
  • 便利な機能が随時追加されて常に進化している
  • 管理ページが分かりやすく使いやすい
  • マルチドメイン対応で複数ドメインを運用できる
  • サポートが充実している(メール&電話)
  • 最初に無料お試し期間があって安心(10日間)
  • セキュリティ対策もしっかりしている

この他にも細かいメリットはもっとあります。

とにかく機能が充実していて使いやすいのが特徴です。

Xサーバーにはデメリットと言えるものはないです。

ですので、ランキング1位として真っ先におすすめできるレンタルサーバーです。

 

Xサーバーのおすすめプラン

WordPressが使えるXサーバーのおすすめプランはX10プランです。

Xサーバーには他にも上位プランとして「X20」「X30」がありますが、WordPressで使うならスペック的にも容量的にも「X10」で十分です。

月額費用は、契約期間が長いと割安になります。

 

X10の月額と初期費用
  • 3ヶ月契約:月額1,200円
  • 6ヶ月契約:月額1,100円 ⇐ おすすめ!
  • 12ヶ月契約:月額1,000円 ⇐ おすすめ!
  • 24ヶ月契約:月額950円
  • 36ヶ月契約:月額900円
  • 初期費用:3,000円

まずは6ヶ月契約か12月ヶ月契約がおすすめです。

 

契約してすぐに料金が発生するわけではなくて、最初の10日間は無料お試し期間になっています。

その期間中に利用料金の支払いを行うと本契約になります。

お試し期間中に「何か違うな〜」と思ったら、利用料金の支払いをしなければ、そのまま終了となります。

その場合、料金は一切かからないので安心してXサーバーを試してみることができます。

 

Xサーバーが向いている人

Xサーバーはこんな人に向いています。

  • 初心者でも使いやすいサーバーを探している人
  • 安心してブログ運営できるサーバーを探している人
  • 複数のブログを1つのサーバーで作りたい人
  • セキュリティがしっかりしているサーバーを探している人

 

第2位:WPXクラウド

第2位:WPXクラウド

おすすめレンタルサーバー第2位はWPXクラウドです。

WPXクラウドもXサーバーと同じ会社が運営しているレンタルサーバーです。

ですので、Xサーバー同様に非常に使いやすいサーバーです。

Xサーバーとの大きな違いは、WPXクラウドはWordPress専用のサーバーという点です。

WordPressしか使うことができないサーバーでですが、その分、WordPress向けに最適化されています。

 

WPXクラウドのメリット

  • サーバーがWordPress向けに最適化されている
  • あとからサーバースペックをアッグプレードできる
  • WordPressを簡単にインストールできる
  • 無料でブログをSSL化できる
  • 自動バックアップがあるので安心
  • サポートが充実している(メール&電話)
  • 最初に無料お試し期間があって安心(14日間)
  • セキュリティ対策もしっかりしている

特に『あとからサーバースペックをアッグプレードできる』点は大きいです。

最初はグレードの低いプランを契約しておいて、ブログのアクセスに耐えられなくなってきたら、1つ上のグレードにアップグレードすることができます。

 

通常のレンタルサーバーの場合は、サーバーの引っ越しという面倒な作業をしないといけないのですが、WPXクラウドなら、そんな手間をかけることなくサーバーのグレードを上げることができます。

さらに、自動バックアップもあるので、もし何かアクシデントがあってブログのデータが消えてしまっても、バックアップから復元することができます。

こういったこともWordPressに特化しているWPXクラウドならではのメリットです。

ただし、WPXクラウドにはデメリットもあります。

 

WPXクラウドのデメリット

  • 1つのWordPress(1つのドメイン)しか運用できない
  • 全体的な機能がXサーバーより少ない

WPXクラウドはマルチドメインに対応していないので、1つのレンタルサーバーで1つのWordPressしか作ることができないです。

なので、複数のブログを作りたい人には適していないです。

 

WPXクラウドのおすすめプラン

WPXクラウドはあとからプランを変更することができるので、最初は1番下のプラン『グーレドA』から始めてみるのがおすすめです。

 

グレードAの月額と初期費用
  • 1ヶ月契約:月額500円
  • 初期費用:0円

 

WPXクラウドが向いている人

WPXクラウドはこんな人に向いています。

  • 1つのWordPressをじっくりと育てたい人
  • 最初はサーバーの費用を抑えたい人

 

第3位:KAGOYA(カゴヤ)

第3位:KAGOYA(カゴヤ)

おすすめレンタルサーバー第3位はKAGOYA(カゴヤ)です。

KAGOYA(カゴヤ)もXサーバー同様にスペック的にも優れていてWordPressを安心して使うことができるレンタルサーバーです。

KAGOYAサーバーは、海外発行のクレジットカードも受け付けているので、海外在住者で日本のレンタルサーバーを使いたい人にもおすすめです。

 

KAGOYA(カゴヤ)のメリット

  • 海外在住でも申し込むことができる
  • WordPressを簡単にインストールできる
  • サーバースペックが高くダウンしにくい
  • バックアップサービスがあって安心
  • 無料でブログをSSL化できる
  • マルチドメイン対応で複数ドメインを運用できる
  • サポートが充実している(メール&電話)

 

KAGOYA(カゴヤ)のデメリット

  • 管理ページがやや分かりにくい
  • 無料お試し期間がない
  • WordPressが使えるプランの料金がやや高い

 

KAGOYA(カゴヤ)のおすすめプラン

KAGOYAサーバーのおすすめプランは共有レンタルサーバーの共用サーバーS21です。

共用サーバーS11という1つ下のグレードのプランもありますが、このプランではWordPressに必要なデータベースがオプションになってしまうので、共用サーバーS21を選んでいきましょう。

月額費用は、契約期間が長いと割安になります。

 

共用サーバーS21
  • 1ヶ月契約:月額2,160円
  • 12ヶ月契約:月額1,728円
  • 初期費用:3,240円

 

KAGOYA(カゴヤ)が向いている人

KAGOYAはこんな人に向いています。

  • 海外在住で日本発行のクレジットカードが無い人

 

第4位:GMOサーバー(お名前ドットコム)

第4位:GMOサーバー(お名前ドットコム)

おすすめレンタルサーバー第4位はGMOサーバー(お名前ドットコム)です。

GMOサーバーは、お名前ドットコムのレンタルサーバーです。

お名前ドットコムはドメインの取得で知っている人も多いかと思います。

お名前ドットコムはドメインだけでなくて、レンタルサーバーも扱っています。

WordPressでブログを作るための独自ドメインが初年度1円で、さらに初期費用が無料で、申込月の契約日から翌月月末までの最大2ヶ月分の月額料金も無料です。

なので、最初の2ヶ月はドメイン費用1円だけで始めることができるので、WordPressが初めての人でも安心して試してみることができます。

 

GMOサーバー(お名前ドットコム)のメリット

  • 独自ドメインが初年度1円
  • 初期費用が無料
  • 申込月の契約日から翌月月末までの最大2ヶ月分の月額料金が無料
  • WordPressを簡単にインストールできる
  • 無料でブログをSSL化できる
  • マルチドメイン対応で複数ドメインを運用できる
  • サポートが充実している(メール&電話)

 

GMOサーバー(お名前ドットコム)のデメリット

  • 管理ページがやや分かりにくい
  • 管理ページなどに表示されるリマインダー表示がしつこい
  • 必要最低限の機能しかない

 

GMOサーバー(お名前ドットコム)のおすすめプラン

GMOサーバーのプランは1つだけしかないので選ぶ必要はないです。

月額費用は、契約期間が長いと割安になります。

 

月額と初期費用
  • 1ヶ月契約:月額1,300円
  • 6ヶ月契約:月額1,080円 ⇐ おすすめ!
  • 12ヶ月契約:月額980円 ⇐ おすすめ!
  • 24ヶ月契約:月額900円
  • 36ヶ月契約:月額900円
  • 初期費用:0円(無料)

まずは6ヶ月契約か12月ヶ月契約がおすすめです。

 

GMOサーバー(お名前ドットコム)が向いている人

GMOサーバーはこんな人に向いています。

  • とにかく初期費用を抑えたい人
  • いろいろなプランで悩みたくない人
  • まずはお試し(無料)でWordPressを作ってみたい人

 

第5位:ロリポップ

第5位:ロリポップ

おすすめレンタルサーバー第5位はロリポップです。

ロリポップはサーバーの月額料金が安いので、レンタルサーバーの費用を安く済ませたい人におすすめです。

ただし、費用が安い分、サーバーのスペックが他と比べるとやや劣ります。

短時間で大きなアクセスがブログに集まるとサーバーがダウンして、ブログが表示されなくなったり、ブログの表示スピードが遅くなることもあります。

 

ロリポップのメリット

  • 月額の利用料金が安い
  • WordPressを簡単にインストールできる
  • 無料でブログをSSL化できる
  • マルチドメイン対応で複数ドメインを運用できる
  • 最初に無料お試し期間があって安心(10日間)

 

ロリポップのデメリット

  • スペックが低いのでアクセス不可に弱い
  • 管理ページがやや分かりにくい
  • 必要最低限の機能しかない

 

ロリポップのおすすめプラン

ロリポップのおすすめプランはライトプランです。

ロリポップは料金の安さが特徴なのでライトプランがおすすめです。

さらに月額が安いエコノミープランもありますが、このプランではWordPressを使うことができないので、ライトプランの方を選んでいきましょう。

ロリポップはWordPress初心者向けで最初はあまりブログにアクセスがない人やWordPressの練習用に向いているサーバーなので、ある程度WordPressでブログを作ったことのある人は、XサーバーやWPXクラウドの方が良いです。

月額費用は、契約期間が長いと割安になります。

 

ライトプランの月額と初期費用
  • 1ヶ月契約:月額300円
  • 3ヶ月契約:月額300円 ⇐ おすすめ!
  • 6ヶ月契約:月額250円
  • 12ヶ月契約:月額250円
  • 24ヶ月契約:月額250円
  • 36ヶ月契約:月額250円
  • 初期費用:1,500円

まずは3ヶ月契約がおすすめです。

 

ロリポップが向いている人

ロリポップはこんな人に向いています。

  • サーバーの月額費用を抑えたい人
  • 練習用にWordPressを作りたい人

 

まとめ

まとめ

WordPressが使えるレンタルサーバーはたくさんありますが、今回は実際に使ってみてWordPressにおすすめなレンタルサーバー5つをランキング形式で紹介しました。

ランキングの結果は、

  • 第1位:Xサーバー(エックスサーバー)
  • 第2位:WPXクラウド
  • 第3位:KAGOYA(カゴヤ)
  • 第4位:GMOサーバー(お名前ドットコム)
  • 第5位:ロリポップ

です。

とにかくおすすめのレンタルサーバーは、

  • 第1位:Xサーバー(エックスサーバー)

です。

海外在住者におすすめのレンタルサーバーは、

  • 第3位:KAGOYA(カゴヤ)

です。

月額のレンタルサーバー代を抑えたい人は、

  • 第5位:ロリポップ

です。

この記事の内容を、それぞれの用途に合わせたレンタルサーバー選びの参考にしてみてください。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。