ワードプレスをSSL化(https化)する設定方法

ワードプレスをSSL化(https化)する設定方法

これまでは普通にブログを運営するだけであれば、クレジットカード情報や個人情報を扱うわけではないので、ブログをSSL化することはなどは考える必要はなかったです。

ですがGoogleがSSL化を推奨し、ランキングシグナルにHTTPSを使用すると2014年の時点で発表していている点を考慮すると、ブログのSSL化は今後はやっておくべき対策の1つとなりそうです。

 

とはいっても、ブログをSSL化するにはSSL証明書を取得する必要がありますし、それは有料で毎年更新料もかかるものです。

手続きも面倒なので単にブログを運営するだけであればSSL化は避けてしまいがちですが、もしブログを運営するサーバーにエックスサーバーを使用していていれば、無料で簡単にブログをSSL化することができます。

そこでここではエックスサーバーでのSSL化の設定方法についての手順を解説していきます。

エックスサーバーでのSSL設定の流れ

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

 

SSL設定1

「SSL設定}をクリックします。

 

SSL設定2

SSL化するドメインの「選択する」をクリックします。

 

SSL設定3

「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。

 

SSL設定4

「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

 

SSL設定5

以上で、SSL化の設定は完了です。

非常に簡単なクリック操作だけでSSL化の設定をすることができます。

 

ブログがSSL化されているかの確認

通常のURLは、

http://ドメイン名 (例)http://sampleblog.com

となりますが、SSL化された場合のURLは、

https://ドメイン名 (例)https://sampleblog.com

でアクセスできるようになります。

 

※SSL設定が反映されるまで数時間かかるので、アクセスできない場合はしばらく待ってみてください。

 

SSL化されたURLは、httpからではなく、httpsから始まります。

HTTPプロコトルに加えてHTTPSプロトコルでも送受信できるようになります。

HTTPSプロトコルは暗号化されたデータ通信なので、簡単に言ってしまうと、よりセキュリティが高い状態でブログを表示することができます。

 

アドレスバーの表示もSSL化されたHTTPS通信では、

SSLアドレスバー

のような表示なり、保護された通信であることが分かります。

 

エックスサーバーのSSL化以外の便利な機能

エックスサ−バーでは、無料SSL化の機能以外にも様々な便利な機能が揃っていて、ブログを運営するのに最適なサーバーです。

独自ドメイン用のブログシステムとして世界的にも有名なワードプレスを自動インストールできたり、ブログの表示速度をアップする機能や各種セキュリティ対策も充実しています。

ブログ初心者でも安心して使うことができる優れたサーバーだと言えます。

 

Xサーバーの申込方法はこちらの記事で解説しています。

 

Xサーバーでのワードプレスのインストール方法はこちらの記事で解説しています。

 

Xサーバーでのブログ表示の高速化の方法はこちの記事で解説しています。

※Xサーバーを使っていたら、この高速化の設定はしておくべきです。

 

Xサーバーのメリットについてはこちらの記事にまとめています。

 

サポート体勢も充実していますし、脆弱性などのセキュリティ的な問題が発生すれば、いち早く対策して問題発生を未然に防ぐ努力をしてくれる安心感もあります。

ネットビジネスやアフィリエイトでブログを活用するならXサーバーは間違いなくおすすめのサーバーです。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。