特化ブログで記事作成を外注化して収益を自動化させる方法

記事作成の外注化

私の場合は、今は副業でネットビジネスに取り組んでいるので、1日のうち使える時間は夜の2,3時間くらいです。

大体そのくらいの時間しか作業できなかったとしても、最近では月収で100万円を割ることはなくなってきました。

 

でも最初から数時間の作業だけだったのか?

 

というと、全然そうではなくて、始めたてのちょうど1年前は毎日睡眠時間を削って作業をしていたので、平日は5,6時間休日もかなりの時間を費やしていました。

 

そこで何をしていたかというと、

『仕組み作り』

です。

 

仕組み作りというのは、簡単に言うと自分の手が離れても自動的に収益が発生するシステムのことです。

まずはトレンドアフィリエイトを極める

最初は自分の作業時間次第で収益が伸びるトレンドアフィリエイトを徹底して実践してトレンドアフィリエイトについては完全に極めました。

トレンドを極めることで、WEBサイトの構成やSEO、Googleの動きなどについてかなり突っ込んで深い部分まで理解できます。

  • どうすればアクセスが集まるのか?
  • サイトに集まるユーザーの動きはどうコントロールするのか?

といったことが分かるようになります。

 

そうすれば、その知識を使ってトレンド以外のサイトを構築できます。

トレンドサイトは簡単に稼げますし、報酬自体は広告を設置した当日から発生させることもできるので初心者でも取り組みやすく難易度も低いですが、

 

『毎日記事を更新しなければいけない』

 

という部分だけがネックです。

 

なのでトレンドで培ったノウハウを活かして、もっとほったらかしでも同じように収益が発生するサイト作りにステージ感を上げていくことが必要になってきます。

 

特化型サイトへのステップアップが自動化への第一歩

例えばSEOが分かってくるとこんな感じで、2ヶ月もあれば1日2500PVあるようなサイトを作ることもできます。

■9月6日の時点では1日14PV

■11月6日の時点では1日2000PV

 

記事数は28記事だけです。

 

このサイトはトレンドサイトではなく特化サイトです。

なので、この記事数でもアクセスが集まり、さらに週に1,2回だけの記事更新の手間で済みます。

アドセンスは今のところ1日2000円くらいなので月収6万円ほどです。

しかも記事が増えるほど比例するようにPVと収益も増えるので、今後ほとんど片手間状態で月収10万円を超えるのは時間の問題です。

 

自動化のキモは外注化にある

記事作成自体は外注化しているので、自分の作業は外注から上がってきたコンテンツをコピぺでワードプレスのサイトに貼り付けてるだけです。

椎名
椎名
ハッキリ言ってほとんど何もしてないです。

こういったことが可能なのも、まずはトレンドアフィリエイトに徹底して時間を割いて実践して、あとはアクセスが集まってそうな他のサイトを研究しまくって知識とノウハウを高めた結果です。

小難しい勉強が必要だったりしたわけじゃなくて、単に時間を使って真面目に取り組んでただけなんですよね。

 

トレンドで稼ぐのもいいけれど、

やっぱりもっと楽して稼ぎたい!

っていう気持ちが強かったからです。

 

だからこそ、その仕組作りのために最初はそれこそがむしゃらに作業をしてました。

そして、今片手間で稼げるサイトを作る方法を確立させてWEBサイトからの収入発生の自動化に成功することができたわけです。

ほとんどメンテ無しに月に10万円を稼げるサイトが5個あれば、それだけでも月収50万円ですし、こんなことを可能にするビジネスはネット系が1番です。

 

肉体労働から頭脳労働へ・・・

ずっと手を動かしていないといけないのであれば、それは会社勤めの肉体労働と同じです。

やはりネットを活用する以上、もっと頭脳労働よりにシフトしていき、自動的に収益が発生するキャッシュポイントを複数構築することに目を向けていくべきです。

 

自動化して稼ぐには特化型ブログは最適です。

少ない記事数でアクセスを集めることができる上に、更新がほとんどなくても一定のアクセスを集めることができます。

 

ただし、最初は一気に記事を投入したほうが、より短期間でサイトを強くすることに繋がり、そのためには外注化は必須と言えます。

外注化することで自分でいろいろ調べて記事を書く必要がなくなるので、圧倒的に自分の作業負荷を減らすことができます。

 

外注化は全然難しいものではない

外注化と聞くとなんだか難しそうと思って、なかなか手だ出せない人も多いはずです。

うさぎくん
うさぎくん
だって外注化って難しいんでしょ?
椎名
椎名
実は外注化ってやり方さえ分かれば誰でも簡単にできるものなんです。

そこで今回私の『外注化ノウハウ』をすべてまとめた

【完全外注化マニュアル】

を作成しました。

これがあれば、誰でもすぐにでも外注を使ったサイト運営をするテクニックが身につき、記事作成を外注化することができるようになります。

 

完全外注化マニュアルの内容

マニュアルの内容を1つずつご紹介します。

 

1.外注募集サイトの紹介

実際にライターさんを探すサイトを紹介します。

外注費も、そこであれば1記事200円でしっかりと1000文字以上を書き上げてくれるライターさんを見つけることができます。

 

さらに実際に私が外注さんと合意するまでに使用した文章をお渡しします。

 

それをそのまま使って頂ければ初めてでもスムーズにやりとりができますし、外注さんとのやりとりをはっきりとイメージできるはずです。

さらに私が何名かのライターさんとやりとりをして、もっとも質がよかったと言えるある層についてもお話します。

他にもよいライターさんを見分ける方法もお伝えするので、変なライターさんを雇ってしまうリスクを極限まで減らすことができます。

 

2.ライター募集文言テンプレート

私がライターさん募集に使って反応のよかったテンプレートをそのままお渡しします。

これをそのままコピペで使ってもらってもいいですし、少し差別を図るためにアレンジして使ってもらってもいいです。

このテンプレートがあればすぐにでも募集開始できます。

 

3.記事作成ガイドライン

ライターさんに渡す記事作成のガイドラインです。

これもそのまま使ってもらってもいいですし、過不足あれば編集してしまってもOKです。

 

4.キーワード&切り口30個

私が実際にライターさんに渡したキーワードと切り口を30個公開します。

私がどういったキーワードと切り口でライターさんに指示をしているのかが、これを見れば一目瞭然になります。

 

5.ライターさんとのやりとりに使えるサイト

私がライターさんとのやりとりに使用しているサイトをお教えします。

複数のライターさんがいても整然と管理することができます。

まさに外注化必須のツールと言えます。

 

以上が外注化マニュアルの内容になります。

 

記事作成を外注化することで、

  • これまで以上のペースでページを更新すること
  • 自分の手から離れた記事作成の時間を使ってさらなる稼ぎの仕組み作りをすること

ができるようになります。

この外注化に必要なものをすべてまとめた【完全外注化マニュアル】の価格は5,000円です。
【完全外注化マニュアル】を活用して、自動化の第一歩となる外注化への一歩を踏み出してみてください。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。