椎名の軌跡マンガ

Google Search Console(サーチコンソール)の使い方と登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Search Console(サーチコンソール)の使い方と登録方法

Google Search Console(サーチコンソール)は、
Googleが提供しているツールの1つです。

WEBサイトを運営するのであれば、
Search Console にウェブサイトを登録しておくことで、
様々な便利機能を無料で使うことができます。

特にアクセスアップやアクセス解析といったことを考えている場合は、
必ず登録しておくことをおすすめします。

ここでは、Google Search Console(サーチコンソール)の便利な使い方や
登録方法について解説していきます。

 

Google Search Console(サーチコンソール)とウェブマスターツール

Google Search Consoleとウェブマスターツールは別のツールですか?

という質問を受けることがありますが、
この2つのツールは同一のものになります。

2015年5月20日に、それまでウェブマスターツールと呼ばれたものが
その名称を「Google Search Console」へと変更になりました。

変更となった時点では、名称変更のみで機能的な違いはありませんでしたが、
今後は新たな機能追加なども考えられますので、今後のウェブサイト運営では
まさに必須のツールとなりそうです。

 

Google Search Consoleへの登録方法

まず、こちらのURLにアクセスして、Googleアカウントでログインします。

Google Search Console登録1

まだGoogleアカウントがない場合は、先にGoogleアカウントを作成して、
その後ログインします。

 

 

Google Search Console登録2

「プロパティを追加」をクリックします。

 

Google Search Console登録3

テキストボックスにサイトのURLを入力して、「続行」をクリックします。

 

Google Search Console登録4

「別の方法」をクリックして、「HTMLタグ」を選択します。
Google Search Console追加5

赤枠内のコードをコピーして、それをサイトのheadタグ内に埋め込みます。

 

<ワードプレスの場合>

ワードプレスの管理ページにログイン後、
「外観」 -「テーマの編集」をクリックします。

Google Search Console登録6

「テンプレート」の「ヘッダー(header.php)」をクリックします。

 

Google Search Console登録7

「</head>」の上に、コピーしたmetaタグを埋め込んで
「ファイルを更新」をクリックします。

 

Google Search Console登録8

Google Search Consoleで「続行」をクリックします。

 

Google Search Console登録9

「所有権が確認されました」のメッセージが表示されれば、
正常にサイトをGoogle Search Consoleへ登録できたことになります。

「続行」をクリックします。

これでGoogle Search Consoleの設定は完了です。

 

Google Search Consoleでできること

Google Search Consoleへウェブサイトを登録することで、
Googleからの通知を受け取れたり、サイトの状態を確認できたり、
検索結果へのインデックスを早めたりすることができます。

関連:ウェブマスターツールの新機能「手動対策ビューア」でペナルティの手動による対策が分かる
関連:ウェブマスターツール「entry-title」「updated」「author」構造化データエラーの対処方法

 

特にインデックスを早める機能は、いちはやく更新情報を
検索エンジン上にインデックスしたいときには重宝する機能となっています。

Google Search Consoleへサイトを登録したら、
まずこの2つの機能は必ず活用すべきです。

 

XMLサイトマップの送信

Google Search ConsoleからXMLサイトマップを送信します。

サイトマップ送信1

「ダッシュボードページ」で「サイトマップがありません」をクリックします。

 

サイトマップ2

「サイトマップの通知テスト」をクリックします。

 

サイトマップ設定3

XMLサイトマップのURLを入力します。

そして、「サイトマップをテスト」をクリックします。

 

サイトマップ登録4

「テスト結果の表示」をクリックします。

 

サイトマップ登録5

上の図ような表示になれば成功です。

「サイトマップのテストを閉じる」をクリックします。

 

サイトマップ登録6

再度、XMLサイトマップのURLを入力して、
「サイトマップを送信」をクリックします。

これでサイトマップの送信は完了です。

新規ドメインであれば、インデックススピードが遅いので、記事を作成した時は、
1日1回くらいで、まとめてサイトマップを送信しておくことがおすすめです。

 

Fetch As Googleでのインデックスリクエスト送信

検索結果へのインデックスを早めるために、もうひとつ便利な機能があります。

Fetch As Google1

Google Search Consoleの左メニューから
「クロール」-「Fetch As Google」をクリックします。

 

Fetch As Google2

対象の記事ページのURLを入力し、「取得」をクリックします。

 

Fetch As Google3

「インデックスに送信」をクリックします。

 

Fetch As Google4

「このURLのみをクロールする」をチェックして、「送信」をクリックします。

これで対象ページのインデックスリクエストをGoogleに送信することができます。

 

Fetch As Google6

「モバイル:スマートフォン」も同様にインデックスリクエストしておきます。

 

通常は、新規ページのインデックスには1日以上かかることも珍しくありませんが、
この「Fetch As Google」の機能を使用して、ページのインデックスリスエストを
送信することで、早ければ数分以内に新規ページがインデックスされるようになります。

ですので、新規にページを公開したら、
Google Search Consoleの「サイトマップ」と「Fetch As Google」という
2つの機能を使って、素早く検索エンジンにインデックして、
検索結果にヒットさせるようにすることで、より早くウェブサイトに
アクセスを集めることができるようになります。

サイト運営をしている場合は、「Google Search Console」を
是非活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です