楽天アフィリエイト報酬で副収入を稼ぐ4つのポイント

楽天アフィリエイト報酬で副収入を稼ぐ4つのポイント

ブログに広告を設置するだけで広告収入を得ることができる
Googleのサービス「アドセンス」は、数あるネットビジネスの中でも
最も稼ぎやすい方法であると言えます。

ネットビジネスの初心者であっても
社会人の副業であっても、
子育て中の主婦であっても、

正しい方法で取り組むことさえできれば
月収で10万円を超えることは難しいことではないです。

ネット接続環境さえあれば、
自分の好きな時間に好きな場所で取り組めるのも
スタートしやすい理由のひとつになります。

 

ブログからの広告収入でおすすめのアドセンス以外のサービスとは?

実際、私のコンサル生もブログに載せているアドセンス広告から
毎月にように収入を得ています。

椎名大のコンサル生指導実績 月収10万円達成者

 

このアドセンスだけでも十分に稼いでいくことはできますが、
ブログにもうひとつキャッシュポイントを置くことで
アドセンスと合わせて、さらに収入を伸ばすことが出来ます。

 

アドセンスと合わせて取り組むことを考えたときに1番のおすすめは、

楽天アフィリエイト

です。

 

楽天アフィリエイトが稼ぎやすい理由

この楽天アフィリエイトもアドセンスと同じように
商品広告をブログに設置することができます。

そして、

ブログに設置した広告がクリックされた後、
そのクリックしたユーザーが1ヶ月以内に何かしらの商品を楽天内で購入した場合に、
その購入額の約1%が報酬として
ブログ運営者に支払われます。

 

たったの1%って思うかもしれないですが、
実は楽天アフィリエイトの場合は、

クリックされた広告の商品ではなく
別の商品が購入されても成約となります。

 

なので、例えば、
ブログに「A」という商品の広告を載せておいて、
その商品Aの広告がクリックされて、
その時点では何の購入に至らなかったとしても、

その後1ヶ月以内に、そのユーザーが
別の「B」という商品を購入したら、
その商品Bの購入金額の約1%がアフィリエイト報酬として支払われます。

 

つまり、

楽天アフィリエイトで大事なのは、
その広告の商品を成約させることではなくて、
その商品に興味を持ってもらって、
広告をクリックしてもらうこと

なのです。

 

広告をクリックしてさえもらえれば、
あとは1月以内に何かしらの商品が
購入されるのを待つだけになります。

アドセンスと同じように
広告がクリックされた先での即座の成約が必要なものではないので、
アフィリエイト初心者であっても取り組みやすく、
そして、成果を出しやすいものになっています。

 

楽天アフィリエイトでどれくらいの収入になるのか?

うまく回りだすと、
こんな感じで月に数万円程の収入を
楽天アフィリエイトから得ることができます。

楽天アフィリエイト報酬

 

やっていることは、
ブログに商品の広告を載せているだけなので、

「コピーライティングで商品を成約させないといけない」

などの特別難しいスキルも経験も必要ないです。

 

やるべきことは

「商品広告をクリックしてもらう」

ことのみです。

 

商品リンクと楽天モーションウィジェットの違い

だからといって、

単に商品広告をブログに載せるだけでいいのか?

といえば、決してそういうことではないです。

 

単に広告がブログに掲載されているだけでは、
広告はほとんどクリックすらされないでしょう。

 

なぜなら訪問者がその広告に対して
何の興味も抱かないので、クリックする動機付けがないからです。

 

楽天アフィリエイトでは、
2つのタイプの広告を扱っていくことが出来ます。

 

1つは、通常の商品広告で

「商品リンク」

と呼ばれる広告タイプです。

これは、1つの商品毎に生成することができる
最も一般的な広告タイプになります。

商品リンク広告は、
ブログ記事毎に設置していくのが
スタンダードなやり方になります。

 

そして、もうひとつは、

「楽天モーションウィジェット」

と呼ばれる広告タイプです。

この楽天モーションウィジェットでは、
ユーザーの楽天内での行動などから
その人が興味をもっていそうな商品を
自動的に表示してくれる広告タイプになります。

なので、同じ広告枠であっても
それを見ている人によって
全然違う広告が表示されます。

 

楽天モーションウィジェットがおすすめではないわけ

楽天モーションウィジェットは、
その広告を見ている人が興味をもっていそうな商品を
自動的に表示してくれるので、一度設置したら、
その広告枠は基本的にはそのままで問題ないです。

 

例えば、
ブログのサイドエリアなどに設置すれば、
すべてのページに楽天モーションウィジェット広告が表示されることになり、
なおかつ、ブログ訪問者にとって最適化された広告が毎回表示されます。

 

この話だけ聞くと、楽天モーションウィジェットの方が
手間がかからずに簡単そうでいいと感じてしまいますが、
実は楽天モーションウィジェットは、商品リンク広告と比べると
あまりおすすめではないです。

 

そもそも楽天モーションウィジェット広告は
広告があまりクリックされないです。

 

最適化された広告が表示されるとはいっても
ユーザにとっては、ブログ訪問時点で興味があったり
購買意欲があるわけではないので、
そうした広告はクリックされにくいというわけです。

 

商品リンク広告と楽天モーションウィジェット広告とでは
クリック数には実際これくらいの差があります。

楽天モーションウィジェットと商品リンク

 

クリック数だけでみると6倍近く
商品リンク広告の方がクリックされています。

 

またクリック後の商品の成約率をみても、

商品リンク広告:約11%

楽天モーションウィジェット広告:約8%

と大きな開きがあります。

 

このことからも、
楽天モーションウィジェット広告は、
商品リンク広告と比べると、
その後の購買行動においても差があることが分かります。

 

楽天アフィリエイトの広告がクリックされやすい記事とは?

楽天モーションウィジェットは設置しておくだけでいいので、
ブログに設置して放置ということになりがちですが、

ブログが広告だらけになると、アドセンス広告もクリックされにくくなる

ので、あまり設置しないほうがいいです。

私も、今では
楽天モーションウィジェットは外しています。

 

楽天アフィリエイトと最も相性が良いのは、
記事中に商品リンク広告を設置していくことです。

 

もちろん、単に記事に商品リンク広告を設置するのではなくて、
きちんとその記事とマッチした広告を設置していくのがコツです。

そうでないと、商品広告にまず興味を持ってもらえないので、
そこからクリックされるということもないです。

 

私の経験上クリックされやすいと感じる記事タイプは、
テレビネタを扱ったものになります。

テレビで紹介された商品やサービス、宿、本などを
扱った記事を書いていき、そこで楽天の商品リンク広告も
合わせて載せていきます。

そうすることで、記事の内容にマッチした広告になりますし、
広告の写真を掲載することで、そのテレビで扱われた商品を
写真付きで紹介していくこともできて一石二鳥となります。

 

また記事ネタもテレビで紹介されたことを題材にするので、
検索需要も高く、記事ページヘのアクセスも集めやすいです。

記事ページヘアクセスが集まり、
そしてテレビで扱われた商品が紹介されていれば、
興味を持ってその商品広告がクリックされやすくなります。

 

単に記事ページに全然関係ない商品広告を掲載するのではなくて、
こうしてきちんと興味を持ってクリックされそうな商品を扱い、

そして、その商品とマッチしたテーマの記事に対して
広告を設置することで、楽天アフィリエイトでも
月に数万円を稼ぐことができるようになります。

 

記事内への商品リンク広告はスマホを意識した広告配置となる

記事ページ内への商品広告設置は
スマホからのアクセス時にクリックされやすくなります。

今は、PCよりのスマホからのアクセスのほうが多いので、
これは、スマホを意識した広告設置にも繋がります。

楽天アフィリスマホ

 

このようにスマホからのクリックのほうが
PCからのクリックと比べて2倍以上の多く発生しています。

 

なので、今後は
よりスマホからのアクセスを意識したブログ作り
広告設置の最適化に取り組む必要があります。

アドセンス広告のクリック率の高い配置図 サイズ・色・場所

初心者がやってしまいがちな広告配置のミス

楽天アフィリエイトの広告を扱っていく際に
注意すべきことがあります。

 

それは、

広告を設置しすぎない!

ということです。

 

例えば、ひとつの記事ページに
4つ5つと商品広告を載せてしまうのは良くないです。

載せるとしても1つ2つ程にします。

 

あとは、毎回記事に楽天アフィリエイトの広告を載せるのではなく、
数記事に1記事、例えば、5記事に1記事くらいの割合で
楽天アフィリエイト広告は扱うようにします。

なぜなら、毎回楽天アフィリエイトの広告を記事に載せてしまうと、
そのブログが広告や商品の紹介だらけになってしまい、
結果として、Googleから価値のないアフィリエイトサイトだと
判断されてしまう可能性があるからです。

 

そして、敷いては
それがブログへの手動ペナルティの原因となります。

トレンドアフィリエイトでGoogleの手動ペナルティとなる3つの原因

 

楽天アフィリエイトの商品広告を設置したページを作ったら、
内部リンク対策などで、上位表示を狙い、
そして集中してそのページへのアクセスを集めることで、
効率的に、そして安全にブログを運営しながら、
アドセンス、楽天アフィリエイトの両方をキャッシュポイントとして
収入を増やしていくことが出来ます。

 

まとめ

■アドセンスと楽天アフィリエイトを併用する。

■楽天アフィリエイトでは商品リンク広告を使用する。

■楽天アフィリエイトの広告は1ページに1つ2つに留める。

■毎記事毎に楽天アフィリエイト広告を設置しない。
(手動ペナルティ回避のため)

■楽天アフィリエイト広告を設置したページを内部リンク対策などで上位表示させる。

 

以上のポイントをしっかりとおさえることで
楽天アフィリエイトで報酬10万円を超えることも
可能となってくるはずです。

 

楽天アフィリエイトとアドセンスの2つの広告サービスは、
クリックだけで報酬が発生するので、取り組む敷居が低いです。

なので、まずネットビジネスに取り組むのであれば、
この2つを実践して、自分の力で収入を得ることができる
ということを実体験しながら楽しみながらやっていきましょう!

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。