アドセンスと楽天アフィリエイトの併用でのクッキー上書き

アドセンスをブログなどに設置していると
時々楽天の商品が表示されることがあります。

この楽天の広告は「楽天モーションウィジェット」と呼ばれるものです。

この楽天モーションウィジェット広告をアドセンスの
広告枠の中に表示しているわけです。

 
ブログに設置している広告がアドセンスだけであれば問題ないですが、
もし楽天の広告も併用して設置している場合には注意が必要です。

 
これはどういうことなのか?

 
楽天の広告は、クリックされるとクッキーがクリックした人の
PC上に保存されます。

そのクッキーは30日間有効です。

 
そのクッキーが有効である限り、その人が楽天で商品を購入すると
その価格の約1パーセントがアフィリエイト報酬として発生します。

なので、一度楽天の広告がクリックされれば、
30日の間にその人が商品を購入する度にアフィリエイト報酬が発生するので
かなりお得だと言えます。

 
でも、その後に別の人の楽天広告がクリックされれば、
クッキーが上書きされて、アフィリエイト報酬を得る権利を失います。

実は、アドセンス枠内に表示されている楽天モーションウィジェット広告は、
併用して設置している楽天広告とは別扱いになります。

というわけで、もし自分のブログの楽天広告がクリックされた後に、
アドセンス内の楽天広告がクリックされると、クッキーが上書きされて、
せっかくの楽天クッキーを失うことになります。

 
もちろん、アドセンス広告がクリックされたということで、
アドセンス報酬は発生しますが、この場合は明らかに30日有効な楽天クッキー
での報酬の方が利益は大きくなるはずです。

なので、できることならば、
アドセンスでは楽天の広告を表示しないようにしたいところです。

この楽天の広告を管理しているのは「Criteo」というところです。

従って、アドセンスの設定で、「Criteo」をブロックすればOKというわけです。

 
やり方は簡単です。

1.アドセンスの管理ページへログインする

2.上部メニューより「広告の許可とブロック」をクリックする

3.「広告ネットワーク」をクリックする

4.検索ボックスに「Criteo」と入力して検索する

5.表示される広告ネットワーク「Criteo (BR)」「Criteo (IT)」「Criteo (JP)」「Criteo (UK)」「Criteo (US)」「Criteo Europe」をブロックする

 
今はまだ6個ですが、今後増える可能性もあります。

ちなみにこの「Criteo」経由での広告のクリック単価は低いです。

Google AdWordsに比べると半分以下です。
普通にクリック単価6円とか出たりしますので。。。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。