トレンドアフィリエイトのキーワード選定と記事の書き方

トレンドアフィリエイトのキーワード選定と記事の書き方

ここでは、トレンドアフィリエイト用の記事を書くときに
経験が浅い人ほど陥りがちになってしまう問題点と
その解決方法について解説していきます。

トレンドアフィリエイト用の記事がリライト記事になっていなか?

「トレンドアフィリエイトを始めよう!」

と意気込んで記事を書く場合ですが、
その記事が単なるリライト記事になってしまっている人がすごく多いです。

 

トレンドアフィリエイトとは、短期間でアクセスを集めて、
ブログに設置したアドセンス広告のクリック報酬で収益化していきます。

参考:トレンドアフィリエイトのやり方 ブログ開設からアドセンス登録まで完全解説

 

もちろんブログで扱う話題は、アクセスを集めやすい旬な話題です。

そして、その旬な話題をYahooなどで見つけたりして、
それを記事にしてブログにアップしていくわけですが、
そのYahooなどにある記事を単にリライトしたような記事だと
実はあまり意味はないということになってしまいます。

 

リライト記事になりがちで、うまく記事が書けない人ほど、
客観的な視点が持てていないです。

 

「客観的な視点」

 

これが重要なポイントになります。

 

アドセンス広告のクリック率が低い理由

うまく記事が書けない人は、コピーのような記事になったり
日記のような記事になりがちです。

自分視点、自分本位の記事になってしまっています。

 

なので、その記事ページを訪問した人にとっても
興味を持ってもらったり、面白いと感じてもらえるような内容になっていないですし、

そのために、せっかくページを訪問してもらっても
きちんと読んでもらえずに、すぐにページを閉じられてしまって、
その結果、直帰率が高くなったり、滞在時間が短くなったりしてしまいます。

 

他にも、アドセンス広告のクリック率が低くなりがちです。

 

ページ自体は表示されるけれど、
肝心の広告表示までスクロールされすに離脱されてしまったら、
表示回数の割にクリックされないということになって
クリック率が低くくなってしまうわけです。

 

もし、アドセンス広告のクリック率が低いと感じたら、
こうした点も疑ってみるべきです。

参考:アドセンス広告のクリック率の高い配置図 サイズ・色・場所

 

リライト記事が滞在時間の短い記事になってしまう原因

記事が単なるリライト、

つまりYahooニュースや他のニュースサイトと同じことを
言葉を変えて書いていても、その記事には意味はないです。

 

なぜなら、すでにそのニュースを知っている人や
Yahooなどで読んだ人は、リライト記事を見たら

「なんだ同じこと書いている」

「これもう知ってるよ」

となってしまって、すぐに離脱されるからです。

 

なので、せっかく時間をかけて記事を書いても
ほとんどの人に見てもらえない記事を書いているだけに過ぎないです。

 

これって、作業時間ももったいないです。

 

せっかく、時間をかけて記事を書くわけですから
ちゃんと訪問者に読んでもらえる記事内容にしていくべきです。

そうすることで、滞在時間が伸び、直帰率が下がり
しいては、ブログとしての評価も高まって、上位表示されやすくなります。

関連:グーグル手動ペナルティを避けるトレンドブログ運営の注意点

 

訪問者に

「なんだ同じこと書いている」

「これもう知ってるよ」

と思われる記事ではダメなのです。

 

記事を書くときには客観的な視点を持とう!

自分自身に置き換えてみてもこんな経験があると思います。

 

ニュースサイトで何か情報を知って、
それからさらに知りたいこと、気になることがあって
検索するときに、すでに知っている情報ばかりのページを見ても

すぐに

「これじゃない」

と思って、ページを閉じてしまうはずです。

 

これと同じことが、自分以外の人でも起きるということなのです。

 

なので、

「客観的な視点」

と持って自分の記事を見ていかないといけないです。

 

ターゲットキーワードで検索して、
自分の書いた記事がヒットして人が訪問したときに
その人のニーズを満たす内容になっているか?

ということです。

 

検索者の立場なって自分の記事を読んでみよう!

実際に、自分が検索者の立場になって、
検索者の視点で記事を読んでみるのもいいです。

 

自分がキーワードを入力して検索して、
記事ページがヒットして、入力したキーワードに関する情報を知りたい
という気持ちで訪れてみて記事内容を読んだとしたら、

「その時どう思うのか?」

ということです。

 

そこで、きちんと満足できるか?

それとも、どこかで見たような内容で
自分自身であってもすぐに離脱してしまいそうか?

 

こうやって、きちんと自分の書いた記事を
客観視する癖をつけることで、記事の質というのは
どんどん高まっていきます。

 

なぜなら、客観視することで

・記事の面白くない部分

・ダメなところ

・内容的にもっと盛り込んだほうがいいところ

などが見えてくるからです。

 

そして、そうした部分を修正していくことで、
客観的に見ても役に立つ、面白い記事にしていくことができます。

 

読み手のことを考えた記事は質の向上に繋がる

「読み手のことを考えながら記事を書く」

ということには、
記事の質を上げることに繋がります。

 

なぜなら、

文章を書くときに、
読み手のことを考えながら書くということは、

 

「この言い回しは分かりやすいか?」

「書いている意味は伝わるか?」

「役に立ったと思ってもらえるだろうか?」

 

といったように、常に文書を書きながら
常に読み手のことを意識するようになるからです。

 

単に事実を淡々と書き連ねるのではなくて、
文章を読んでくれる相手のことを考えながら
書くことができるようになります。

そうなることで、読みやすい、
意図が伝わりやすい文章になっていきます。

 

記事を書くときには、

「客観的な視点を持つ」

「読み手のことを考えながら書く」

という2つを意識することで、
質の高い記事を書けるようになります。

 

質の高い記事を書くための記事作成例

今はできていなかったとしても、
上記2点を常に意識することで、確実に文章力はアップします。

 

例えば、ひとつ例を挙げてみます。

 

Yahooニュースに、「エゴマ油 任意すぎ原材料不足」
という話題があったとします。

まずは、この記事をクリックして読んでみます。

 

内容的には、

記事内容は人気過ぎで原材料が底をついてネット注文を中止するというものです。

この話題を記事にしていこうと思ったときに、
これをそのまま原材料不足でネット注文を中止するという内容にしてしまうと
ダメダメな記事になってしまいます。

 

まずエゴマ油を知らない人が検索するキーワードを考えてみます。
(客観的視点)

「エゴマ油とは」「人気」「食べ方」「レシピ」「効能」「健康効果」「ダイエット」

などが思い浮かびます。

他にもエゴマ油の購入をしたい人が検索するキーワードを考えてみます。
(客観的視点)

「お取り寄せ」「オンライン」「楽天」「注文」などが思い浮かびます。

 

次にそれらのキーワードで記事を書くときに、

ユーザーにとって何が必要か?

ユーザーは何に(どこに)興味があるか?

ユーザーはどうした答えを求めているのか?

ということを考えながら分かりやすく記事にしていきます。
(読み手のことを考えながら)

 

そうすることで、質の高い記事になり、
Googleからの評価も高まり、検索順位が上昇し、
質の高い記事が増えることでアクセスが集まるブログへの成長していきます。

関連:アドセンスアフィリエイトで稼ぐキーワード選定とタイトル付け論

 

逆に質の低い記事をいくら書き連ねても
こうした成長はみこめないです。

なぜなら、それだとGoogleからの評価は上がらないからです。

 

まとめ

最初は、まず記事を書くこと自体に慣れることを優先しますが、
ある程度の数をこなしたら、次は【記事の質】を重視していきます。

 

そのためにも、

「客観的な視点を持つ」

「読み手のことを考えながら書く」

という2つのポイントは常に心がけるようにします。

 

慣れてくると自然と意識することができるようになります。

 

ぜひ、その状態になることを目指して継続して取り組んでみてください。

継続することで、間違いなく
誰でもできるようになるものです。

この記事へのコメント

  1. さん

    こんにちは(^◇^)ぺぽです。
    トレンドアフィリの記事、似たようなのになりがちですね。
    他では書かれていないものを書かなければいけないですね。

    • netadminnetadmin さん

      ぺぽさん
      コメントありがとうございます。
      記事の内容にオリジナリティを持たせることが大事になってきますね^^

  2. さん

    はじめまして!ヨシヒロと申します。
    ランキングサイトからきました。

    自分もトレンドアフェリエイトに取り組んでますが
    クリック率に悩んでいました。
    ちょっと配置を見直してみたいと思います^^

    また寄らせて頂きますね。
    応援完了済みです^^

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。