セラーと卸交渉をしてみよう

こんにちは。

 

椎名です。

 

Amazon輸入を行なっていると、

価格競争に陥っている商品を結構見かけると思いますし、

自分自身も巻き込まれることも多々あるかと思います。

 

そういった時に、

単にAmazon.comやebayから仕入れて、

それをAmazon.co.jp上で販売しても利益がほとんど取れないと

いうことになります。

 

でもまぁ、それはそうですよね。

見ている商品はみんな同じわけで、

そして商品を同じ仕入先から購入しているわけですが、

みんなで一様に赤字ということもあります。

 

この場合に取れる対策は2つあります。

 

1つは、その商品の相場の動きを把握して、

他のセラーの商品がはけた段階で利益の出る値付けで

販売する。

 

これを実践するには、ある一定期間のセラーの数の推移などの

データを蓄積しておく必要があります。

また、最近ではセラーが減って相場が戻る前に、

次のセラーが出現して商品の相場が戻りにくい傾向にあります。

 

現時点でもっとも有効なのは、

セラーとの卸交渉です。

ここでのセラーとはebayのセラーのことになります。

 

通常、eBayではサイト内でのメッセージのやり取りで直接取引を持ちかけるのは、

eBay側にバレた場合にほぼ間違いなくIDがサスペンドされてしまいます。

ですので、一番良いやり方は一度eBayを通じて取引を行う方法です。

そうしますと、PayPalの取引のページにセラーのメールアドレスが載りますので、

ここから直接取引を持ちかけるのです。

この方法であればサスペンドされることなく堂々と直接取引に持っていくことができます。

その際、Top rerated sellerや評価が高いセラーに交渉を持ちかけるようにしましょう。

というのは、op rerated sellerとは、eBayによって認定された信頼できるセラーだからです。

商品仕入の際は、Top rerated sellerのついているセラーから

買うようにするとトラブルも少ないでしょう。

また、Positive feedbackは、できれば98%以上が望ましいと言われています。

実際の卸交渉はメールで行うのですが、

メールを送ることに躊躇しないで、多くのセラーにガンガ交渉を持ちかけましょう!

 

数多くアタックすることで、何人からのセラーからの反応を得ることが出来はずです。

もともと無視されて当たり前くらいの気持ちで進めるといいです。

 

とは言え、セラーさんも日本市場には興味を持っている人が多いです。

やはりまだ日本は豊かな国という認識が強いので、

日本市場へのパイプを欲しているセラーさんも結構います。

 

ですので、粘り強くメールを送ってみてください。

そこで1人でも2人でも良いセラーさんとの関係を築くことができれば、

その後の仕入れもそこから仕入れればよいので、

だんだんと仕入れ作業もルーチンワーク化できるはずです。

 

まずは、『一通メールを送る』こと、

つまり行動してみることですねっ!

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。