おすすめ転送業者 徹底解剖(デメリット編) その2!

こんにちは。

 

椎名です。

 

今日は、

私が利用している2つ目の転送業者、

『輸入.COM』のデメリット

についてお話します。

 

輸入.COMは、

日本人経営なので、

仕事が丁寧で、日本語対応可能、FBA納品可能

というメリットがありますが、

利用料金がやや高めです。

 

月額基本利用料:2,980円

月額会費:2,480円

 

がかかります。

これとは別にFBA納品の納品手数料

も別途かかります。

 

まぁ、

MYUSを利用した場合も、

日本国内でのFBA納品会社を

別途利用しないといけないので

FBA納品部分の料金については、

一概に比較できませんが、

 

月額の基本料金がやや高めです。

MYUSが

年間60ドル(5000円くらい)

ですので、

比べると割高感は否めません。

 

基本料金が高い分、

サービスの質は申し分ないので、

日本人による満足度の高いサービスで、

やや高めの月額料金を払い輸入.COMを利用するか、

コストパフォーマンスに優れたMYUSを

利用するか悩むところです。

 

ただおそらく

私は将来的にはMYUS一本に絞ると

思います。

 

輸入.COMについては、

あるサービスが試運転中なので、

そちらは利用することを考えています。

 

それについても、

今後動きがあったらお知らせしますね。

 

これまで4回にわたって転送業者の

メリット&デメリットをお伝えしてきました。

 

この内容が、

あなたが輸入ビジネスを始めるにあたっての

参考になればうれしいです!

 

まずは、

転送業者を決めて、

商品を仕入れて、

AmazonにFBA納品してみましょう!

 

いろいろ調査をこなすだけでなく、

まずは実践してみる方が、

経験として自分の身に着くことは確実なので、

情報を蓄積することに注力して作業するよりは、

まずは行動することをお勧めします!

 

やり方や手順といった情報は、

教材を購入して学んだ方が

数倍速くて、効率がいいことは

自分で実感済みです。

 

ノウハウをお金で買う、

しいてはそれは

『時間をお金で買う』

ということになります。

 

1日に使える時間は、

誰しも24時間と決まっているので、

その時間をいかに有効活用して、

利益を生み出せる仕組みを

いち早く構築することができるか

ということを心がけています。

 

 私自身で実践していくことで、

そこからの気づきを

あなたにも伝えることができ、

そしてそれがあなたにとって、

役立つものになれば、

うれしいです!

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。