Googleアナリティクスのデータ保持の設定とは?期間の変更方法を解説

Googleアナリティクスのデータ保持の設定とは?期間の変更方法を解説

Googleアナリティクスにログインすると、

「先日導入された新しいデータ保持の設定により、2018 年 5 月 25 日からのデータが影響を受ける可能性があります。設定をご確認のうえ、必要な変更を加えてください。」

というメッセージが表示されます。

Googleアナリティクスデータ保持メッセージ

 

これは何かというと、Googleアナリティクスに
データの保持期間が設定されるようになるというものです。

 

これまでは、Googleアナリティクスのアクセス解析のデータは、
最初の設定したときからずっと保持されて閲覧することできていました。

それが、2018 年 5 月 25 日からは、データの保持の設定内容によって、
過去のデータは自動的に削除されるようになるということです。

 

Googleアナリティクスの過去データは、
アクセス解析をする上での貴重な資産データになりますので、
それが自動で削除されるのは避けたいところです。

でも、データの保持の設定次第では、
これまで通りすべての解析データを保持して、
自動的に削除されないようにすることができますので、
そのやり方について解説していきます。

Googleアナリティクスのデータの保持期間の設定方法

Googleアナリティクスのデータ保持の期間は、
デフォルトでは26ヶ月となっています。

ですので、26ヶ月以上経ったデータは削除されてしまいます。

 

このデータ保持の設定は、 2018年5 月25日以降から有効になります。

ですので、それまでにデータ保持の設定を変更して、
26ヶ月以前のデータが削除されないようにしていきます。

 

Googleアナリティクスの左メニューから
「管理」をクリックします。

アナリティクスの管理

 

「トラッキング情報」をクリックします。

アナリティクスのトラッキング情報

 

「データ保持」をクリックします。

アナリティクスのデータの保持

 

「ユーザーデータとイベントデータの保持」から
「自動的に期限切れにならない」を選択します。

自動的に期限切れにならない

 

「保存」をクリックします。

保存をクリック

 

以上で、データ保持の期間の設定は完了です。

デフォルトの状態では、データ保持の期間は、
26ヶ月となっていますので、過去データが自動的に削除されないようにするには、
忘れずに「自動的に期限切れにならない」に設定変更しておきましょう。

 

Googleアナリティクスはブログやサイトのアクセス解析ができる
すぐれたツールで、無料で使うことが出来ます。

ですので、ブログを作ったらまず設置しておきましょう。

 

Googleアナリティクスの初期設定はこちらで解説しています。

Googleアナリティクスの初期設定と使い方

 

あわせて、Googleサーチコンソールも設定しておくのがおすすめです。

サーチコンソールの使い方と登録方法

この記事へのコメント

  1. Tommy さん

    Tommyと申します。
    ブログランキングより訪問させて頂きました。
    最近新しいネットビジネスを始め、勉強中なので、椎名さんの記事を読ませて頂き、とても参考になりました。
    またお邪魔させて頂きたいと思います。

  2. るなっち さん

    こんばんは

    とてもわかり易く大変参考になりました。
    早速設定完了です。
    ありがとうございます。

    また訪問させていただきますね。
    応援ポチして帰ります^^。

    • 椎名 大 さん

      コメントありがとうございます!

      アナリティクスの設定の参考になって良かったです。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。