海外のインパクトのある404エラーページメッセージデザイン

存在しないアドレスを打ち込んでしまった場合、
リンク先が消えてしまった場合、
トラフィックの状況などなど、

そのページにアクセスが出来ないときに表示されるのが404エラーページです。

そのページが見たいと思ってクリックしたユーザーにとっては、
あまり気持ちのよいページではありません。

無いならいいかとユーザーがサイトを離脱してしまう原因にもなります。

しかし、エラーページが楽しくてユーザーの気を引くデザインだったらどうでしょう?

驚きと好奇心で表示された写真や文章をチェックしてしまうのが、
人間の心理というものです。

ユーザーに不快を与えないように、
それでいてユーモア溢れるページでユーザーの気持ちを引きつけて、
自分のページに戻すように誘導したいものですよね。

WEBサイトのデザインの中でも通常一番後回でし、
あまり重視されないページではあるのですが、
ユーモア溢れるオリジナルページは、見た人の心を和ませるものです。

今回は思わず注目してしまうような、
目を引く404ページデザインを集めてみました。

時間があれば是非楽しいアイデアを形にした
404ページを作成してみてはいかがでしょうか?

 

404-1

http://www.rojaksite.com/attractive-404-error-pages/

過去の大ヒット映画「アポロ13号」の名台詞
「Houston, we have a problem(ヒューストン(宇宙センター)問題発生!)」
を引用した、ユーモアあるエラーメッセージです。

ユーモアがあり、離脱することなくトップページに戻ってみたい気になりますね。

 

404-2

http://figmenta.com/404

ページが開かれるときの動きがとても目を引く、
楽しい404エラーページのデザインです。

1人足りないぞ!

トップページに戻ろうと誘導しています。

生卵の動きが見たくて、何回かリフレッシュしてしまうユーザーも多いそうです。

 

404-3

http://www.pinterest.com/pin/42150946485044262/

自分だけ何か浮いている。。。場違い?
なんて思うことはありませんか?

という強烈にメッセージ性のある画像が目を引きます。

 

404-4

http://blackmoondev.com/404

シンプルな文章と画像表記で、
一目で違う道へ進んできてしまったんだと理解できます。

ユニークなエラーメッセージの表現方法で、ユーザーを不快にさせませんね。

 

404-5

http://www.lego.com/404

大手LEGOの404エラーページです。
レゴキャラクターが頭を抱えた遊び心のあるデザインがユニークです。

ホームページへのリンクの他にも
カスタマーサービスへつながるのも良心的ですね。

 

404-6

http://www.masswerk.at/404

ジオメトリックな動きのあるページに思わず見入ってしまいます。

 

404-7

http://hypem.com/track/

迷子になんてなっていないよ。ここにいるよ。
という目を引く文章です。

写真の下には、

「このメッセージがエラーだと感じたら、ココをクリックしてください。」
「エラーメッセージが表示されたときに、あなたは何をしていたのか?詳細とe-mailも忘れずに。」

という文章もあります。

ユーモア溢れるページと共に、ユーザーのメールアドレスも
取得できる仕組みで考えられています。

 

404-7

http://gdzl.la/404

「ゴジラがページを破壊したために見つかりません」

文字やゴジラをクリックすればトップページに戻るようになっています。
マウスに反応してゴジラの目が動くのも楽しい作りです。

 

404-8

http://www.coolappse.com/404notfound

かなりインパクトのある映像と、考えられた話で構成されており、
記憶に残る404ページです。

おっと!ここにいないほうがいいよ!

ミッションを終わらせてホームへ帰る時間だよ!
とトップページのリンクへ誘導します。

 

404-9

http://suspendedanimations.com/404

小さなモンスターの寂しげな下向き顔が印象的で、
文章も読みたくなります。

リンク先がトップページだけでなく、別のカテゴリーリンクに
つながっているのも良心的です。

 

404-10

メッセージはシンプルに「404 NOT FOUND」ですが、
衝撃的なほどのショッキングピンクはとても印象に残ります。

シンプルなエラーコードより、強いメッセージ性がありますね。

 

404-11

http://www.steelmasterusa.com/housing-feature-projects/

ウップス!
そのページぼくが食べちゃったかも。。。

なんともユニークで、バックの黒にメッセージが引き立ち、
目がいきます。

とても印象深いデザインです。

 

日本でも興味深い404ページがたくさん存在しています。

中でも「世界自然保護基金」の絶滅した動物をモチーフにした、
考え深いメッセージの込められたエラーページは話題を呼んでいます。

http://shizuoka.cocolog-nifty.com/gard/cat133962/

一般的にはデザインをする人も少ない404エラーページですが、
ちょっとした工夫でユーザーにメッセージを送ることもできます。

「ページが見つかりません」といった味気ないメッセージのページが一般的である中、
意味のあるページは見た人の記憶に残るものです。

そして、うまくトップページ誘導することで、
その後のアクセスへ繋がります。

時間があるときにでも、自分らしさを表現して作成してみるのも楽しいですね。

この記事へのコメント

  1. さん

    椎名さん、おはようございます、
    SOGUMと申します。

    404ページってでたら
    「なんや~」っていって
    そこから離れてしまってたんですが
    これやったらちょっと見てしまいますよね。
    こんなに種類があるとは・・・。

    応援させていただきました。
    今後とも宜しくお願いします。

    • netadminnetadmin さん

      SOGUMさん

      コメントありがとうございます。

      404ページは、どれも一緒で味気ないものが多いですが、
      差別化することで、こういった感じに印象に残ってもらうことができますね!

netadmin にコメントする コメントをキャンセル

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。