お客さんからの評価の重要性の違い

こんにちは。

 

椎名です。

 

Amazonにせよ、Buymaにせよ、

プラットフォームを介して販売するとお客さんからの評価をもらいます。

 

ここでこの評価に対する価値ですが、

AmzazonとBuymaで大きく違います。

 

Amazonでは評価はさほど重要ではないです。

そもそも購入する人は、商品ページでカートを取得しているセラーから

購入することがほとんどです。

 

その時点でわざわざそのセラーの評価までチェックする人は

それほど多くはありません。

 

ですので、評価についてはさほど気にする必要はないです。

むしろAmazonに対して気にするべきになります。

 

というのも、あまりに評価が低いとアカウント停止のリスクが高まるからです。

評価自体も常に購入者より入るわけではなく、

だいたい100回販売して1回評価がもらえるかどうかといった感じになります。

 

仮に悪い評価がつけられたとしていも、だめもとでAmazonに連絡すれは、

その評価自体を取り消してくれることもあります。

詳しくは、『購入者評価は取り消せます!』に書いてあります。

 

ということで、Amazonでの販売では過度に購入者からの評価を気にする必要がないので、

単に販売のみに集中することでができます。

 

これに対して、Buymaでは、評価に対するとらえ方が180度違ってきます。

 

Baymaは、基本無在庫販売にあたるので、

購入前に問い合わせをしてくるお客さんが多いです。

 

その内容も、在庫のことであったり、サイズのことであったり、納期のことであったり、

実に様々です。

 

そしてお客さんはバイヤーさんという個人に対して割とフランクに問い合わせをしてきます。

ですので、いい加減な態度や適当な対応では怒ります。

そして購入された場合も、理不尽な理由で悪い評価を付けられることもあります。

 

Buymaにおいてこの評価はかなり重要です。

Amazonのように同じ商品を扱っているセラーさんが同一の商品詳細ページで販売を行うのはなく、

あくまで個別の商品としいて、各バイヤーごとに商品ページが作成されます。

 

つまり、同じ商品であっても、それを扱うバイヤーが複数人いた場合、

その商品ページは複数ページ存在していることになります。

 

ということは、お客さんは価格や写真、説明文などから、

どのバイヤーさんから商品を購入するか選択することになります。

 

その際、各バイヤーさんの評価は当然チェック対象となります。

しかもBuymaではバイヤーの評価がかなり前面に出ているので、

評価が著しく悪い場合、確実に気がつきます。

 

ですので、常にお客さんに満足してもらえるカスタマー対応を心がける必要があります。

 

このように、同じプラットフォーム型の販売媒体である、AmazonとBuymaではその販戦略に

大きな違いがあることが分かります。

 

逆にいえば、この2つの販売媒体で効果的に販売するテクニックを身につければ、

物販ビジネス全般においての販売戦略の枠を大きく広げることができます。

 

ですので、今後もいろいろなことを経験し、はやくそのステージに上がることができるように、

チャレンジし続けます。

 

その過程で得た知識や経験は、読んで頂いている方々にどんどん共有していきますね!

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。