海外の最新SEO対策としての3つポイント

つい5年前まではSEO対策について、はっきりとした定義はありませんでした。

でも、現在ではSEO対策ために必要な「コンテンツマーケティング」が、
マーケティングの世界を占めるようになってきています。


2002年時点では、人が求めるコンテンツと検索ランクに位置付けられていた
コンテンツのシェアはこのくらいしかなかったです。

しかし2012年時点では、人が求めるコンテンツと検索ランクの高いボリュームは、
ほぼ一致し始めています。

 
このことからも、マーケティングの目指すべきところは、

・人が読みたくなる
・サーチエンジンから高評価を受けるコンテンツを生み出す

ことに移り変わってきていることが分かります。

少し前までは、機械化された無機質なSEO対策にお金と時間をかけるのが
SEO対策の主流でしたが、そのやり方で通用する時代は
もはや終わったと言えます。

現在では沢山のブロガーやパブリッシャーが、Pinterest といった
ソーシャルメディアからのトラフィックを集めています。

そして、
その数はサーチエンジンからのトラフィックを上回る程に成長しています。

特にアメリカではPinterest は、
今や最もトラフィックが高いソーシャルサイトとなっています。

コンテンツマーケティングの新しいSEOルールとは?

SEOmozのCEOであるRand Fishkin氏は、SEOを最大に生かすには
この5つが必要だと語っています。

1.人々が共有したいと思うコンテンツを作る

2.キーワードのリサーチを徹底して、人々が必要としないコンテンツに時間と労力をかけることは避ける

3.全てのコンテンツを同じドメインもしくはサブドメインに置く
例:blog.mysite.comを使わずに mysite.com/blogを使う。

4. 何かの為に立ち上がり、そしてそれをコンテンツにする。
人々『何か』に対してはお金は払わないが、『なぜなのか』ということを知る為にはお金を払うからである。

5. コンテンツに含まれるブランド(テーマ)を決して切り離さない
例:カジノサイトに動物の権利の記事を入れるなど統一感のないコンテンツ構成にしない。

 
コンテンツマーケティングに成功しているサイトは、
タイムリーな情報を扱うことができるソーシャルトラフィックに
重点を置いています。

そしてそれらのサイトは、検索エンジンより良いコンテンツだと評価され、
サーチランクをあげることに繋がっています。

 
結局のところ、検索エンジンより高い評価を得るためには、
人々が求めるコンテンツがどれだけ多く含まれているかに
左右されることになります。

コンテンツ提供者は、コンテンツを閲覧するユーザーにとって有益な情報を
与えないといけないことは、もはや必然であり、もしそれが成されていない
のであれば、検索エンジンのフィルターにかかって除外されることになる
可能性が高いです。

 
無意味にな大量サテライトサイトからの被リンクや、大量の内部リンク対策なども
もはや意味をなさないです。

最近のSEOはもっと総体的なものになっています。

もっとも強く要求されるのは、一貫したテーマ(ブランド)を持つサイトであり、
そしてそのテーマが長く続いているものです。

 
そういったサイトは、人為的な大量のリンクをも圧倒する結果となっています。

サーチエンジンのアルゴリズムは、不正な手法を扱っているサイトを減らすために
コンスタントにアップデートされています。

現在のアルゴリズムは、
安っぽいコンテンツはスキップさせる仕組みになっています。

 
急成長しているブログは、コンテンツ配信にフォーカスしているものです。
それらのコンテンツやヘッドラインが、その他のブログやニュースサイトに
掲載される、つまり被リンクを受けることができるサイトは強いです。

特にグーグルが絶大に信頼しているサイトからのリンクは
非常に強い効果があります。
他にも高オーソリティサイトからの被リンクも同様に効果があります。

ソーシャルメディアで共有されたドメインも検索エンジンからの評価を高めます。

ベストのSEO対策といえる3つのポイント

これらを踏まえると、現在におけるベストのSEOは、

1.よいコンテンツを作成すること
2.本物のウェブブランドを作り上げること
3.ソーシャルメディアで共有されること

の3つが、長期にわたり成功するSEOだと言えます。

この記事へのコメント

    • netadminnetadmin さん

      SEOについては、日々動いているので、常に最新事情にアンテナを張っていないといけないですね。

たばっち にコメントする コメントをキャンセル

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。