Amazon輸入での戦略

こんにちは。

 

椎名です。

 

Amazon輸入ですが、

その再現性の高さと参入障壁の低さにより

参入してくる人の数がだんだんと増えてきています。

 

ですので、

単純な方法では、なかなか思うような利益をあげることは、

難しくなってくることが予想されます。

 

ただそれはあくまで、単純な戦略をとった場合の話です。

例えば、仕入れをしたときに比べて、

実際の出品時には競合が増えているということがあり、

そうなると値引き合戦となってしまいます。

 

そこでその競争に参加してしまうと、

せっかくの利益がなくなってしまうこともありえます。

 

やはり他の人が値段を下げると自分も下げないといけない

という心理が働いてしまいます。

これは、なんとなく他の人に歩調を合わせないと、

置いてきぼりになるという気持ちからの動きと、

あとは単にキャッシュフローの問題との2つの側面

が影響しています。

 

ただ、

この場合、値段を周りが下げ始めてという

『点』でしか物事をとらえるのではなく、

『線』としてとらえることで、

別の視点を持つことができます。

 

まずは、現在ライバルがどれくらいいて、

それぞれ何個の在庫を保持しているのか、

また毎日どれくらいのペースで売れているのか

ということにも目を向けてみます。

 

そうすることで、

少し経てば周りが売りきって、

自分の番が周ってくるのではないか

ということを推察できます。

 

これはAmazonでは実際によくあることです。

売れる商品というのは、出品者の数の遷移を調べてみると、

波型をしていることが多いです。

 

つまりピークまで増えた出品者はその後徐々に減り、

そしてまた増えるということです。

 

わたしも、

この波の流れを読んで、

少し待ってから販売して、先に売り切った人より

高く販売したことが何回もあります。

 

また、出品者数が減少に転じた場合、

仮に出品者数の底値のタイミングを先読みすることができれば、

それに合わせて出品して、またライバルが増える前に

売りぬくこともできます。

 

出品者数が底値のときに仕入れても、

おそらく遅いです。

出品するころには、同じように仕入れて人が出品して、

競争が激化していることも考えられます。

 

Amazon販売は、手法は単純ですが、

その販売戦略はしっかりと練って(特に出品者数の動きですね)

差別化を図っていくことでさらに稼ぎの質を高めることが

できると思います。

コメントを残す

ご質問&ご感想をお気軽にどうぞ!
メールアドレスが公開されることはありません。