椎名の軌跡マンガ

Googleアナリティクスとアドセンスの連携(リンク)方法とレポートの見方

Googleアナリティクスとアドセンスの連携(リンク)方法とレポートの見方

アドセンスとGoogleアナリティクスは、
2つを連携(リンク)して統合することができます。

そうすることでアドセンスのページからだけでは分からない、
より詳細なデータをアナリティクスの画面で確認できるようになります。

 

Googleアドセンスの収益を最大化するためには、
記事数を増やすだけでなく、アドセンス広告を載せているブログの状態を
きちんと把握することが大事になってきます。

 

ブログの状況を把握するということは、

「ブログのPV」

「ページの滞在時間」

「内部リンクのクリック数」

などのアクセス解析と、

「どのページのアドセンス広告がクリックされやすいのか?」

「どのページのアドセンス広告のクリック単価が高いのか?」

「ページの視認範囲は?」

といった収益解析の2つから
ブログとアドセンスの収益の傾向を掴むということです。

googleアドセンス管理画面(パフォーマンスレポート)の見方と使い方

 

「アクセス解析」はGoogleアナリティクスを利用することで、
無料で簡単にブログに取り入れることができます。

Googleアナリティクスはこちらのやり方で使えるようになります。

googleアナリティクスの設定と使い方 wordpressへのタグ(コード)の設置

 

Googleアナリティクスを使うことで

「どのページのアクセス数が多いのか?」

「ユーザーはどのページから入ってきて、どのページで離脱しているのか?」

「どれくらいの時間ページに滞在しているのか?」

といったアクセス情報を細かくチェックすることができます。

 

でも、Googleアナリティクスでチェックできるのは、
こうしたアクセスに関するものだけで、アドセンス収益に関するデータを
確認することはできないです。

アドセンスのデータはアドセンスのページで確認できますが、
そこではブログのページ単位での収益データまでは分からないです。

 

そこで、ブログのページ単位でのアドセンス収益のデータを
確認することができるのが、

Googleアナリティクスとアドセンスの連携

になります。

 

この記事では、アドセンス収益のデータをページ単位で細かくチェックするための、
Googleアナリティクスとアドセンスの連携方法について解説します。

Googleアナリティクスとアドセンスの連携方法

Googleアナリティクスとアドセンスの連携は、
Googleアナリティクスのページから設定することができます。

 

まずはGoogleアナリティクスのページからログインします。

 

アナリティクスの設定
左メニューの「管理」をクリックします。

 

プロパティの選択
真ん中の列の「プロパティ」でアドセンスと連携したいドメインを選択し、
「Adsenseのリンク設定」をクリックします。

 

コンテンツ向けAdsenseをチェック
「コンテンツ向けAdsense」をチェックして、
「続行」をクリックします。

 

0個のビューが選択済みクリック
「0個のビューが選択済み」をクリックします。

 

すべてのウェブサイトのデータクリック
「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックします。

 

リンクを有効化クリック
「リンクを有効化」をクリックします。

 

完了クリック
「完了」をクリックします。

 

連携完了

これでGoogleアナリティクスとアドセンスの連携は完了です。

 

マウスを使って選択とクリックだけの簡単操作で
すぐに連携できますので、早速試してみてください。

 

Googleアナリティクスでアドセンス収益をチェック

Googleアナリティクスとアドセンスを連携したら、
アドセンス収益をアナリティクス上で確認できるようになります。

 

Googleアナリティクスの左メニューの

「行動」-「サイト運営者」-「サイト運営者のページ」

をクリックします。

 

サイト運営者のページ

 

このように

「サイト運営者のインプレッション数」
「サイト運営者の一致率」
「サイト運営者の収益化ページビュー」
「サイト運営者のインプレッション数/セッション」
「サイト運営者の視認範囲のインプレッション率」
「サイト運営者のクリック数」
「サイト運営者のクリック率」
「サイト運営者の収益」
「サイト運営者の収益/1000セッション」
「サイト運営者のeCPM」

のデータを見ることが出来ます。

 

アドセンスと連携したばかりの時点では、
まだデータが反映されていないので、すべての数値が0ですが、
半日〜1日くらいするとデータが反映されて数値が表示されます。

 

サイト運営者のページ

 

各ページごとの収益を見ることが出来るので、

「どのページの収益が高いのか?」

「どのページのクリック率が高いのか?」

といったことがピンポイントで分かります。

 

アクセスが少なくても収益が高いページがあれば、
そのページへアクセスを流すことで収益をアップさせることにも繋がります。

クリック率が高いページがあれば、
そのページと同じような構成で記事を作成すれば、
クリック率が高いページになりやすいという予測を立てることもできます。

 

アドセンスのページからだけでは見えてこないデータを
アナリティクスと連携することで見ることができるようになりますので、
そのデータをアドセンス収益の最大化にために活かしていきましょう。

 

サイト運営者のページの項目説明

Googleアナリティクスの「サイト運営者のページ」の各項目の意味を説明します。

 

サイト運営者のインプレッション数

アドセンス広告がページ上に表示された回数になります。
もしページ上に広告を2箇所表示していたらカウントは「2」になります。

 

サイト運営者の一致率

広告リクエストに対して実際に1つ以上の広告が表示された割合になります。

一致率は、

一致率 =(広告が表示された広告リクエスト数/広告リクエストの合計)×100

で計算されます。

 

アドセンス広告は、ページが表示されたときに広告リクエストを送り、
そしてそのページにマッチする広告があれば広告が表示されます。

もしマッチする広告がなければ広告表示されないので、
仮に一致率が50%だった場合は、ページを表示した際に広告は、
2回に1回しか表示されないということになります。

つまり、アドセンスで関連性の高い広告が表示されていないページを
特定するのに役立ちます。

 

サイト運営者の収益化ページビュー

アドセンス広告が表示されたページのページビュー数です。

「サイト運営者のインプレッション数」とは違い、
ページ上に広告が2つ表示されていてもカウントは「1」になります。

サイト運営者のインプレッション数/セッション

1回の訪問あたりにアドセンス広告が表示された回数の平均値です。

※インプレッション数とは広告が表示された回数
※セッションは訪問数

 

サイト運営者の視認範囲のインプレッション率

ページが表示された時に視認可能だった広告表示の割合です。

例えば、ページに広告を3つ表示していても、
視認範囲のインプレッション率が10%と低ければ、
ほとんど広告が表示されていないことになります。

これは、広告が表示される前にページが閉じられてしまったり、
離脱されていることが原因のひとつと考えられます。

ですので、視認範囲のインプレッション率を上げるためにも、
しっかりと最後まで読んでもらえる記事に仕上げていくことを優先すべきです。

最後まで読んでもらえる記事の書き方

 

視認範囲のインプレッション率が100%に近づくほど
しっかりと記事を読んでもらえて広告もユーザーの目に留まる(視認される)
ということになります。

 

サイト運営者のクリック数

広告がクリックされた回数です。

 

サイト運営者のクリック率

広告がクリックされた割合です。

クリック率=(クリック数/インプレッション数)×100

で計算されます。

 

サイト運営者の収益

広告がクリックされたことで発生した収益の金額です。

 

サイト運営者の収益/1000セッション

1000セッションあたりのアドセンス収益の見積り額です。

※セッションは訪問数

 

サイト運営者のeCPM

1000ページビューあたりのコストの指標です。

 

Googleアナリティクスとアドセンス連携後に着目すべき項目

上記の項目の中で特に着目すべき項目は、

「サイト運営者のクリック数」
「サイト運営者のクリック率」

です。

 

ページビューが少ない割にクリック数が多かったり、
他のページと比べてクリック率が高いページがあれば、
そういったページはアドセンス広告との親和性が高いページということになります。

ですので、そういったページにアクセスを集めたり、
同じような構成の記事を増やすことで、
効率的にアドセンス収益を伸ばしていくことに繋げることができます。

 

どのページの収益性が高くて、
そしてどのページの収益性が低いのかということを
しっかりと把握しているかしていないかで
ブログ運営の方向性も変わってきますので、
Googleアナリティクスとアドセンスを連携してみて、
ページ単位での収益情報もキャッチしてみてください。

ブログを新規で作成したら、
合わせてGoogleサーチコンソールも登録しておくと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です