WPXクラウドでワードプレスブログを作る方法【初心者向け】

椎名の軌跡マンガ

WPXクラウドでワードプレスブログを作る方法【初心者向け】

これまでブログを作ったことのない超初心者の方でも
WPXクラウドサーバーを使えば、簡単にワードプレスでブログを作ることが出来ます。

この記事ではWPXクラウドの申し込み手順から
ワードプレスのインストール&設定までを
初めての人にも分かりやすく解説していきます。

 

自分のブログやWEBサイトを作る際におすすめのレンタルサーバーは、
エックスサーバーです。

エックスサーバーは、セキュリティ対策、ページのスピードアップ、
サポートの充実など安心してブログを運営することができる
優れたレンタルサーバーです。

アフィリエイトで失敗しないサーバー選び エックスサーバーの評価まとめ

これからブログを始めようという場合には真っ先におすすめできるサーバーです。

 

ブログをワードプレスで作る場合にも
エックスサーバーは安心して使えるサーバーですが、
もうひとつおすすめのサーバーがあります。

それは、

WPXクラウド

です。

WPXクラウドもエックスサーバーと同じ運営会社のサービスなので、
エックスサーバー同様に非常に使いやすいです。

WPXクラウドとエックスサーバーの違い

WPXクラウドとエックスサーバーの大きな違いは、

『WPXクラウドはワードプレス運営に特化したサーバーである』

という点です。

 

エックスサーバーであれば、
ワードプレスだけでなくHTMLファイルで構成したブログや、
ワードプレス以外のブログサービスを使うことができますが、
WPXクラウドの場合は、ワードプレスしか使うことが出来ないです。

 

そう聞くと一見不便そうに思えますが、
ブログをワードプレスで作ると決めていたら、
それ以外のブログサービスは必要ないので特に問題はないです。

むしろサーバーが完全にワードプレス仕様になっていますので、
ワードプレスを動かすのに最適化されています。

これもサーバー上で動かすのをワードプレスのみに特化しているおかげです。

 

WPXクラウドのメリット

WPXクラウドは、ブログの状況に応じて、
簡単にグレードアップすることができます。

WPXクラウドのグレード表

 

例えば、作ったばかりのブログはアクセスのあまりないので、
1番下のグレードAで十分です。

その後、ブログも育ってきて、
1日1万PV以上というようにアクセスが増えてきたら、
簡単にグレードBにアップグレードすることができます。

 

エックスサーバーであれば、
サーバーのスペックを後からアップグレードすることができないので、
もし後々ブログに大きなアクセスが集まるようになってきたら、
サーバー自体の移行作業をする必要がでてきます。

サーバーの移行作業はテクニカルな作業になりますので、
簡単には行うことはできないので、
よく分からない場合は専門の業者に依頼する必要もあります。

 

それに比べるとWPXクラウドではそういった移行作業なしに、
簡単にグレードをアップするだけで対応できてしまいます。

自分のブログの状況に応じて臨機応変に対応できるのが、
WPXクラウドの持つ大きなメリットです。

 

WPXクラウドのデメリット

もし複数のブログを運営することを考えている場合は、
WPXクラウドよりエックスサーバーのほうが向いているかもしれないです。

エックスサーバーはマルチドメインに対応しているので、
1つのアカウントで複数のドメインを運用することができます。

 

つまり、エックスサーバーを1つ契約すれば、
そのサーバーで複数のブログを作ることができるわけです。

エックスサーバーの契約方法

 

それに対して、WPXクラウドの場合は、
1つのアカウントで1つのドメインしか運用することができないです。

ですので、複数のブログを作りたい場合は、
その都度新しくWPXクラウドを契約する必要があります。

そのため、1つのサーバー上に複数のブログを作ってコストを抑えたい場合は、
WPXクラウドは向いていないです。

そうではなくて、ひとつのブログをじっくりを育てていく場合には、
WPXクラウドはその用度にはぴったりなサーバーだと言えます。

 

WPXクラウドは、最初の14日間は無料で使うことができます。

無料期間となる14日間以降も引き続き使用したい場合は、
支払いの手続きをすることでその後も引き続き使えます。

 

WPXクラウドの申し込み方法

まずWPXクラウドのページにアクセスします。

WPXクラウド

 

WPXクラウドお申込みボタンページ

「新規お申す込みをする」をクリックします。

 

WPXクラウドお申込みフォーム

「お申し込みフォーム」をクリックします。

 

WPXクラウドお申込み同意ページ

「同意する」をクリックします。

 

WPXクラウドお申込み メールアドレスの入力

メールアドレスを入力して「確認メールを送信」をクリックします。

 

WPXクラウドお申込み完了ページ

入力したメールアドレス宛に

「【wpX】お申し込みメールアドレスの確認」

という件名でメールが届きます。

 

WPXクラウドお申込み メールの確認

このメールにある「お申し込みURL」をクリックします。

 

WPXクラウドお申込み サーバーIDの入力

登録したいサーバーIDを入力して「検索」をクリックします。

※サーバーIDはただの個別IDなので何でもOKです。
※既に他の人に使用されているIDの場合は再度別のIDを入力します。

 

WPXクラウドお申込み サーバーIDの入力

使用可能なIDの場合は「申し込む」をクリックします。

 

WPXクラウドお申込み 必須項目の入力

必須項目を入力して「確認画面へ進む」をクリックします。

 

WPXクラウドお申込み 入力確認

WPXクラウドお申込み 入力確認

入力内容を確認して間違いなければ「会員登録を確定する」をクリックします。

 

WPXクラウドお申込み完了

以上で、WPXクラウドの申し込みは完了です。

 

14日間はそのまま無料で利用することができます。

14日間以降も引き続き使用したい場合は、
料金のお支払いをすることで継続して使用できます。

 

WPXクラウドにワードプレスをインストールする方法

次にWPXクラウドにワードプレスをインストールしていきます。

 

まずは、WPXクラウドにログインページにアクセスします。

WPXクラウドのログインページ

 

WPXクラウドログインページ

会員情報登録時に入力したメールアドレスとパスワードを入力して
「ログイン」をクリックします。

 

WPXクラウドの独自ドメイン設定

まずは独自ドメインを取得します。

独自ドメインの取得手続きはこちら

 

次に取得した独自ドメインをWPXクラウドに割り当てます。

 

WPXクラウドへの独自ドメイン割り当て

「ドメイン追加設定」をクリックします。

 

WPXクラウドへの独自ドメイン割り当て

「ドメイン追加」をクリックします。

 

WPXクラウドへの独自ドメイン割り当て

「wpx管理のドメインを追加する」をクリックします。

 

WPXクラウドへの独自ドメイン割り当て

取得した独自ドメインを選択して、
「ドメイン設定を追加する(確認)」をクリックします。

 

WPXクラウドへの独自ドメイン割り当て

「ドメインの追加(確定)」をクリックします。

 

以上で、WPXクラウドへの独自ドメインの割り当ては完了です。

 

WPXクラウドにワードプレスをインストールする方法

続いて、割り当てた独自ドメインにワードプレスをインストールします。

 

WPXクラウドへワードプレスをインストール

「新規インストール」をクリックします。

 

WPXクラウドへワードプレスをインストール

サイトアドレス:WPXクラウドに割り当てた独自ドメインを選択します。

WordPressID:ワードプレスにログインするIDを入力します。(入力したものがログイン用のIDになります。)

ブログタイトル:ブログのタイトルを入力します。(後からワードプレスの管理ページ上で変更可能)

メールアドレス:ワードプレスの管理者用メールアドレスを入力します。
普段使っているメールアドレスではなく、
GmailやYahooメールのアカウントを作成して、
そのメールアドレスを使用するのがおすすめです。

Gmailアカウントの作り方

独自SSL:チェックをいれておきます。

独自SSLについてはこちらで解説しています。

ワードプレスをSSL化する設定方法

 

入力したら「次へ進む」をクリックします。

 

WPXクラウドへのワードプレスのインストール完了

「確定(WordPressをインストール)」をクリックします。

 

以上で、ワードプレスのインストールは完了です。

 

通常、新規に独自ドメインを取得して、
WPXクラウドに割り当てて、ワードプレスをインストールしてから、
数時間〜半日程しないと設定が反映されず、ブログが表示されませんので、
ブログが表示されない場合は表示されるまで暫く待ちましょう。

 

ワードプレスのおすすめテンプレート(テーマ)とプラグイン

ワードプレスをインストールしてブログが表示されるようになったら、
ワードプレスのテンプレート(テーマ)を設定していきましょう。

ワードプレスではブログの見た目を
テンプレート(テーマ)を変えることで簡単に切り替えることができます。

 

おすすめなのはこちらのテンプレートです。

アフィリエイトに最適なワードプレステンプレートはSTINGER(スティンガー)

 

無料でダウンロードできますし、
SEOにも優れているテンプレートです。

 

テンプレートを導入したら、
次にプラグインを入れていきます。

プラグイン入れることでワードプレスを簡単にカスタマイズすることができます。

 

最初に入れておくべきおすすめのプラグインはこちらです。

ワードプレス(wordpress)のおすすめプラグイン一覧 作り方と使い方

 

プラグインを入れることで簡単に、
SEO対策したり、問い合わせフォームを作ったり、
スパム対策したりすることができます。

 

ワードプレスでブログを作ったら導入すべきおすすめサービス

ワードプレスでブログを作ったら、
まずはこちらの2つのサービスを設定しておきましょう。

 

1.Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

2.Googleアナリティクス

 

どちらもGoogleが提供しているサービスで無料で使うことが出来ます。

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

Googleサーチコンソールでは、
Googleからの通知を受け取ったり、
記事のインデックスリクエストを送ったり、
検索キーワードや順位を確認したりと
ブログにアクセスを集める手助けとなる機能を使うことが出来ます。

Google Search Console(サーチコンソール)の使い方と登録方法

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、アクセス解析を行うサービスです。

 

「毎日どれくらいのアクセスがあるのか?」

「どのページにアクセスが集まっているのか?」

「どのくらいの時間ブログに滞在しているのか?」

「どの時間帯のアクセスが多いのか?」

といったことを細かくチェックすることができます。

 

Googleアナリティクスを使うことで、
常に自分のブログの状態を把握することができますので、
そのデータをもとに効率的にブログを構築する手助けになります。

googleアナリティクスの設定と使い方

 

まとめ

WPXクラウドはワードプレスに特化した優れたレンタルサ−バーです。

その時のブログの状況に合わせて臨機応変に
サーバーのグレードをアップグレードできますので、
一度WPXクラウド上にワードプレスのブログを作ったら、
その後は面倒なサーバー移行が必要になることもないです。

ワードプレスでひとつのブログをじっくりと育てていく場合は、
WPXクラウドは最適なレンタルサーバーです。

 

ワードプレスを使ってブログを作ったら、
ブログを使ってアフィリエイトで収入を得ることもできます。

アフィリエイトブログで稼ぐやり方 おすすめ副業収入

 

ワードプレスを使うことで誰でも簡単に
自分だけのブログを持つことが出来ますので、
WPXクラウドにワードプレスのブログを作る際には、
今回の記事を是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です