ドメインの種類と意味とは? 取得するドメインの決め方

椎名の軌跡マンガ

ドメインの種類と意味とは? 取得するドメインの決め方

WEBサイトやブログを運営していくうえで、
まず最初にしなければいけないことは、

【ドメインを決める】

ことです。

 

ドメインには、いくつか種類がありますが、大きく分けると下記の3つになります。

■新規ドメイン(英字ドメイン)

■日本語ドメイン

■中古ドメイン(オールドドメイン)

 

新規ドメイン(英字ドメイン)とは?

まず、一番スタンダードなドメインは、【新規ドメイン(英字ドメイン)】です。

最初にドメインを取得する場合のほとんどは、
この【新規ドメイン(英字ドメイン)】を取得します。

英数字で構成したドメインのことになり、
この形式で数多くのドメインが存在しています。

例)yahoo.co.jp、goolge.comなど
(〇〇.comや〇〇.jpなど〇〇の部分が英字になっている)

 

ドメインを取得する際には、
ドメイン名には「.」「-」「_」というような文字は使わないで、
英字数字のみで構成するようにします。

これらの文字を使うとアドセンス申請の時に、
うまくURLが認識されないことがありますので注意してください。

 

日本語ドメインとは?

この新規ドメインの中でも、
ドメイン名自体を日本語にしたものを【日本語ドメイン】といいます。

例)ネットビジネス.comやワードプレス.comなど
(ドメイン部分が日本語になっている)

 

日本語ドメインは、通常のドメインに比べてSEO効果が高いと言われています。

ドメイン部分が日本語となっているので、その部分も検索にヒットするからです。
(通常は記事タイトルや記事本文が検索にヒットする)

 

ただ、トレンドブログであれば、あえて日本語ドメインではなく、
普通の英字ドメインで問題ありません。

トレンドブログの場合は、
いろいろな話題やテーマを扱って記事を書くことになりますので、
そもそもドメイン名が検索の対象になることがないからです。

 

日本語ドメインは、予めターゲットキーワードが定まっている
特化ブログであれば有効なドメインです。

関連:日本語ドメインの正しいサイトタイトルの付け方とGoogleハネムーン
関連:特化型ブログとトレンドブログのどちらでアクセスを集めるべきか?アドセンスでの稼ぎ方

 

中古ドメイン(オールドドメイン)とは?

中古ドメインは新規ドメインとは違って、新たに取得するドメインではなく、
既に存在していて使用期限が切れたドメインのことになります。

中古ドメインには、メリットとデメリットが存在しています。

 

中古ドメインのメリット

通常、ドメインは、取得する時に1年や2年など、
ドメインの使用年数(契約年数)を決めて取得します。

その後は、その使用期限までに次の使用期間を決めて、
更新料を支払ってドメインを維持していきます。

 

インターネットや携帯電話の契約と同じような形です。

ですので、使用期間の終わりに更新料を支払わなければ、
そのドメイン使用の権利は失われてしまいます。

 

ただ、ドメインの場合は例え使用権利が失効しても、
そのドメイン自体はそのままネット上には存在し続けています。

 

なので、その失効したドメインを別の人が代わりに使うことができます。

その場合、この過去に使用歴があるドメインは、
まったくの新規のドメインではないために中古ドメインと呼ばれます。

 

普通、中古と聞くと古いので、そっちのほうが安いというイメージがありますが、
ドメインに関してはこの考えが当てはまりません。

むしろ、中古ドメインの方が値段が格段に高くなります。

 

なぜ中古ドメインの方が値段が高いのか?

それは中古ドメインに下記のような価値があるからです。

 

中古ドメインのメリット:エイジングフィルターを回避できる

新規でドメインを取得すると、
エイジングフィルターと呼ばれるフィルターにかかることがあります。

 

このエイジングフィルターにかかってしまうと、
通常3ヶ月~半年ほどは、サイトが正当な評価を受けることができずに、
検索で上位に表示されずらくなってしまいます。

 

これは、いわば新規のサイトがどういったサイトなのかの
様子見の期間といったものに当たります。

 

この期間を経てしっかりとしたサイトであると認められて初めて、
そのコンテツの質によって検索結果に上位表示されるということになります。

 

このエイジングフィルターは新たに取得されたドメインに対してのみ対象になります。

すべての新規ドメインサイトがエイジングフィルターの対象になるのではなく、
新規ドメインサイトのあくまで極一部になりますが、
このフィルターにかかることがあります。

関連:エイジングフィルターとは?解除までの期間と対策対応法

 

それに対して、中古ドメインの場合は、
既にこのエイジングフィルターの対象期間を経た後なので、
取得後すぐに適正な順位での検索結果に表示させることができます。

 

中古ドメインのメリット:被リンクが最初からついている

中古ドメインの場合は、以前のドメイン所有者が保持していた評価や
被リンクをそのまま受け継ぐことができます。

被リンクとは、そのドメインに対して張られているリンクのことになります。

 

評価が高いサイトからのリンクをより多く保持しているサイトは、
そのサイト自体の評価も高まります。

良質な中古ドメインは、評価の高いサイトからの被リンクを数多く持っています。

 

通常は新規で取得したドメインの場合は、
まだ出来たばかりのドメインのために当然被リンク数はゼロなので、
こういった被リンクはその後にコツコツ増やしていかなければならないですが、
中古ドメインではそれを最初から持った状態で運営をスタートさせることができるわけです。

 

そのために良質な被リンクを多く持っている中古ドメインほど価格は高額になります。

中には10万~30万くらいするものもあります。

それほど高額でありながらも、中古ドメインは品切れになっていることも多いです。

 

価格のことさえ気にしなければ、
メリットばかりのように思える中古ドメインですがデメリットもあります。

 

中古ドメインのデメリット

中古ドメインのデメリット:ドメインに当たり外れがある

これが怖いのですが、中古ドメインには当たり外れがあります。

 

中古ドメインの前の運営者が何かしらのペナルティを受けていた場合などは、
そのペナルティをそのまま引き継いでしまう可能性があります。

 

そうなるとせっかく高いお金を払って手にしたドメインが、
検索結果にまったく表示されずに圏外になってしまいます。

 

ドメインの過去の運用歴は

http://archive.org/

で確認することができます。

 

中古ドメインを購入する場合は、
必ず上記のサイトで過去の運用歴を調べてみた方がいいです。
(アダルトサイトだったりしないかなど)

 

中古ドメインの取得は、

【中古ドメイン販売屋さん】
http://www.topshelfequestrian.com/

がおすすめです。

 

中古ドメインのデメリット:数ヶ月で圏外へ飛ぶ可能性がある

中古ドメインは数ヶ月で突如圏外になることがあります。

 

そもそも中古ドメインの持つ被リンクや評価は、
正しい方法で得たものではないので、
そういったドメインをGoogleが嫌っている可能性があります。

 

全て中古ドメインがそうなるというわけではないですが、
数ヶ月で原因不明の圏外行きとなるドメインは確実に存在します。

 

新規ドメインか中古ドメインか?

中古ドメインの購入は、ある意味博打的なところがあります。

 

当たりを引けば、効果が高いドメインを長く運用することができますが、
外れれば本当に使えないドメインとなります

 

中古ドメインは、最初からアクセスを集めやすいので、
スタードダッシュには適していますが、長期的にみれば、
いつ使えないドメインになってもおかしくないリスクがあります。

こういった点も考慮すると中古ドメインに関しては、
バックリンクサイトとして使うことが好ましいです。

 

非常に分かりやすいメリット、デメリットを併せ持つ中古ドメインですが、
よく品切れとなっている状況を見ると依然人気があるドメインであると言えます。

関連:オールドドメインと新規日本語ドメインの検索順位の変化と差

 

これらのメリットとデメリットのことも理解しつつ、
ブログを新しく作る時には、

【新規ドメイン(英字ドメイン)】

【日本語ドメイン】

【中古ドメイン(オールドドメイン)】

から使用するドメインを選んでみてください。

 

トレンドブログ運営であれば、新規ドメイン(英字ドメイン)がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です