エックスサーバーの契約方法と料金支払い手順&海外からの申し込み方法

椎名の軌跡マンガ

エックスサーバーの契約方法と料金支払い手順&海外からの申し込み方法

本格的にブログ運営していく場合やGoogleアドセンスの申請時には、
無料ブログではなく独自ドメインブログを用意していきます。

独自ドメインブログであれば、自分だけのドメイン名で、
何の制限もなく自由にブログ運営していくことができますし、
無料ブログサービスのように突然ブログを削除されるリスクもなく安心です。

また検索エンジン上での検索順位も安定しやすいので、
ブログをじっくり育てて資産化していくことにも向いています。

ここでは独自ドメインブログ運営に必要になる
レンタルサーバーの申込方法とその流れについて解説します。

独自ドメインブログの仕組み

独自ドメインでブログを運営するには、
そのブログを設置して動かすサーバーを 用意する必要があります。

サーバーとは、インターネット上での土地に当たるものです。

 

インターネット上に自分のブログを表示するには、

・ サーバー

・ ドメイン

・ ブログ(ワードプレス)

の3つが揃っていないといけないです。

 

これらのリアルな世界に当てはめると

・ サーバー → 土地

・ ドメイン → 住所

・ ブログ → 建物

にあたります。

 

インターネット上でブログを運営するということは、
家を建てる手順を同じような 感じになります。

そこでまず、土地にあたるサーバーを用意します。

 

レンタルサーバーとは?

サーバーはレンタルサーバーと呼ばれる物を使用します。

月額制でサーバースペースをレンタルします。

 

ごく稀に自宅で自分のサーバーを構築する人もいますが、
スペックやセキュリティ面からもレンタルサーバーがベストです。

世の中のサイトの 9 割以上は、レンタルサーバーで運営されています。

 

レンタルサーバー業者も沢山ありますが、おすすめは、

エックスサーバー

です。

 

ここの「X10 プラン」で十分です。

1 日 2 万ページビューのアクセスでもまったく問題ありませんでした。

 

エックスサーバーの申し込みの流れ

まずエックスサーバーのページにアクセスします。

エックスサーバー

 

Xサーバー申し込み1

その後、ページ上部の「お申込み」をクリックします。

 

Xサーバー申し込み2

「お申し込みフォーム」をクリックします。

 

Xサーバー申し込み3

「新規お申し込み」をクリックします。

 

Xサーバー申し込み4

「同意する」をクリックします。

 

Xサーバー申し込み5

「新規サーバーのお申し込み」をクリックします。

 

Xサーバー申し込み6

好きな文字列でサーバーIDを入力して、「検索」をクリックします。

 

Xサーバー申し込み8

既に他の人の使用されているIDの場合は、
「既に登録済みのサーバーIDです、同じサーバーIDは登録できません。」
というエラーメッセージが表示されますので、別のIDを入力して再度検索します。

 

Xサーバー申し込み7

入力した ID が使用可能だった場合は、「お申し込み」を クリックします。

 

「プラン」は「X10」を選択します。

その他の必須入力項目を入力します。

「インフォメーションメールの配信」は不要なのでチェックを外します。

 

項目を入力したら、「お申し込み内容の確認」をクリックします。

 

Xサーバー申し込み10

入力内容を確認して間違いなければ「お申し込みをする」をクリックします。

 

Xサーバー申し込み11

これでエックスサーバーの申し込みは完了です。

 

申込み完了後、
「X サーバお申込み受付の知らせ」
という件名で入力したメールアドレス宛てにメールが届きます。

大体設定に 24 時間ほどかかりますので、
エックスサーバーからの設定完了メールが届くのをしばらく待ちます。

 

料金の支払いの流れ

サーバーの用意ができたら
「Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ (試用期間) 」
という件名でメールが届きますので、メール記載のユーザーアカウント情報で
管理ページにログインできるようになります。

メール記載の「ユーザーアカウント情報」の
「インフォパネルページ」へアクセスします。

インフォパネル
⇒ https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

 

メールに記載されている「会員 ID」「パスワード」を入力してログインします。

 

この状態ではまだ試用期間中なので料金の支払いを行います。

ログイン後のページの左メニュー 「料金のお支払い」をクリックします。

 

申し込んで「試用」になっているサーバーをチェックして、
更新期間を選択後、「お支払い方法を選択する」クリックします。

更新期間が長いほうが1ヶ月あたりの費用が安くなります。

エックスサーバー「X10」プランの料金表

 

支払い方法は、

・銀行振込

・クレジットカード

・コンビニエンスストア

・ペイジー

の4つの中から選ぶことが出来ます。

 

料金の支払いが完了するとエックスサーバーより、
「Xserver ご利用料金お支払確認のお知らせ」
という件名でメールが届きます。

 

インフォパネルのページで、契約の項目が
「試用」から「通常」に変わります。

 

以上でエックスサーバーの申し込みから料金の支払いまでの手順は完了です。
 

海外からエックスサーバーに申し込む場合

エックスサーバーは海外在住でも申し込んで利用することができます。

 

ただし、海外から申し込んだ場合は、

「【重要】Xserver カスタマーサポート 」

という件名でエックスサーバーよりメールが届きます。

 

電話連絡による本人確認が必要ということなので、
エックスサーバーに電話して、海外からの申し込みである旨を伝えると
その後手続きを進めてもらえます。

電話の際には、メールに記載されている
「お問合せ番号」「お申し込みサーバーID」を伝えるとスムーズです。

国内からの申し込みより一手間かかりますが、
一度サーバー契約したあとは、このような電話連絡は発生しないので、
海外在住の場合でも問題なくエックスサーバーを利用することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です