椎名の軌跡マンガ

無料ブログとWordPressはどちらがおすすめ?Seesaaブログのペナルティ騒動から紐解く

無料ブログとWordPressはどちらがおすすめ?Seesaaブログのペナルティ騒動から紐解く

先週は、大手無料ブログサービスの一つである
「Seesaaブログ」がGoogleからペナルティを受けてしまって、
すべてのSeesaaブログがYahooとGoogleの検索結果から
一時消えてしまうというインパクトのある出来事がありました。

参考:【解消済】Google/Yahoo 検索の結果にブログが表示されない事象につきまして

 

ペナルティ後、すぐにSeesaaブログの方で対処されたようで
今ではペナルティも解除されて、検索結果にSeesaaブログが
表示されるようになったみたいですが、Seesaaブログでブログ運営していて、
大きなアクセスを集めている人にとっては
いきなり何の前触れもなくアクセスがほぼゼロになったわけですから
相当にショッキングな出来事だったのではないでしょうか。

Seesaaブログがペナルティを受けた原因を考察

原因については、はっきりとしたことは分からないですが、
ペナルティ発動のタイミングでGoogleのウェブマスター向け公式ブログに投稿された
こちらの記事の内容に該当するのでは?とも言われています。

参考:ウェブマスター向けガイドライン違反を繰り返すサイトについて

 

実際のところはどうなのかは
GoogleからもSeesaaからも何のアナウンスもないので謎のままですが。。

 

ちなみに、

上記のGoogleのウェブマスター向け公式ブログで言っていることは
要は、ペナルティを受けた後にその箇所を修正して再審査をしてもらって、
それでペナルティが解除されたからといって、再度修正箇所を元に戻す行為には
厳しい対処を取りますよということです。

 

その場だけ問題回避にためだけに修正して
直ぐに元に戻すことはかなり悪質だとGoogleは捉えているわけです。

 

Googleのガイドライン違反を繰り返す行為に当てはまりがちなこと

被リンク対策などもこれに当てはまりやすいです。

 

例えば、無料ブログでバックリンクサイトを作っておいて、
そこからメインサイトにリンクを送っていたとします。

もしそのリンクが不自然なリンクとして手動ペナルティを受けてしまった場合、
一時的にそのリンクを「nofollow」にしたり、リンク自体を削除して
不自然なリンクを外した形で再度申請して、Googleからのペナルティが
解除されてから再度またそのリンクを復活させるなどの行為です。

 

ウェブマスター向け公式ブログの記事によると
最近はこうした行為がしばしば確認されているということです。

 

大手のサービスだからといってペナルティを受けないとは限らない

今回、この投稿と同じようなタイミングで
Seesaaブログがペナルティを受けてしまったということは
Seesaaブログを使ってそうした不自然なリンクをつけたり
外したりという行為が数多くあったのではないかということも考えられます。

 

ただ、もしそうであったとしたら、通常であれば、
その該当ブログにだけに個別にペナルティを与えるということになるはずですが、
今回は大本のドメイン(seesaa.net)自体がペナルティになってしまったので
そのGoogleの対処には驚きを感じます。

 

普通に考えれば、Seesaaのような大きなサービスの
大本のドメインにペナルティが課せられるようなことはかなり稀なはずです。

 

ですが、
過去にもFC2ブログも全ブログが同様にペナルティを受けたことがあったので、
今回の件のことも踏まえるとGoogleの徹底した姿勢を伺え知ることがきます。

 

「大手サービスだからといって絶対にペナルティを受けないということはない」

ということです。

 

そのことを再認識させられました。

 

無料ブログでブログ運営することのリスクとは?

当然、SeesaaブログでGoogleのガイドラインに引っかかるようなことを
何もしていなくて、完全にホワイトでブログ運営している人もいますし、
単なる趣味記事や日記記事を公開してブログ運営している人もいます。

そういった人たちも言わばとばっちりを受ける形で
検索順位を落とすことになったわけで、このことからも
無料ブログでのブログ運営は例え自分が健全なブログ運営をしていたとしても
今回のように自分の手の及ばないところで何かが起きて、
ブログが検索結果に表示されなくなる可能性が十分にある

ということを覚えておかないといけないです。

 

これってかなり怖いことで全然安心してブログ運営できないですよね?

 

自分の知らないところでいつ何があるか分からないからです。

 

ブログサービス自体がある日終了することだって考えられます。

 

ブログサービスからいきなりブログを削除されることだってありえます。

 

結局、無料ブログの場合は、
他者のサービスに無料で乗っかているだけなので、
こうしたリスクとは常に隣り合わせというわけです。

そして、無料で気軽にだれでも使えるということは
無料ブログを利用してGoogleのガイドラインに反する行為をする人も
簡単に同じブログサービスを利用できてしまえるのが現状です。

それが、手軽さ故のリスクに繋がることもありえます。

 

独自ドメインブログに適しているブログ運営の形

こうした理由からも長期的に運営していくようなメインのサイトには
無料ブログではなく、独自ドメインブログのほうが断然におすすめです。

きちんとサーバーを借りて、
そこにワードプレスなどをいれて独自ドメインでブログ運営していきます。

 

これであれば、そのドメインの所有者は自分だけなので
自分のコントロールの範疇で安全にブログ運営していけます。

 

独自ドメインでのブログ運営で1点注意点ですが、
ブログを複数運営する場合に、サブドメインを沢山作って
運営していくのはややリスクがあります。

結局この場合も、大本の独自ドメインがペナルティを受けてしまうと
一緒にサブドメインも全部ペナルティとなってしまうからです。

 

今回のSeesaaの件と一緒ですね。

 

なので、独自ドメインでのブログ運営の場合は、

【1ブログ、1ドメイン】

が望ましいです。

 

無料ブログの使いドコロとは?

では、無料ブログが全くダメなのかというと
そういうことではなくて、無料ブログの使いドコロを押さえておくべきです。

 

無料ブログは、

「いつ手放してもいいようなブログ」

「短期的に運営するブログ」

「実験的なことをするブログ」

など目的意識を持って手軽に運営するブログに向いています。

 

例えば、アドセンス申請用のブログなどです。

参考:アドセンス審査用So-netブログ開設から申請・承認までの流れ-完全版-

 

思い入れを持ったブログや
思い入れを持ちそうなブログにはあまり使わない方がいいです。

そういったブログではなくて
割りきって運営できるブログに使っていきます。

 

ペナルティが解除された後に絶対やってはいけないこと

あと、これも大事なことなのですが、
ブログがペナルティを受けてしまった場合は、
そこを修正してペナルティが解除されたとしても、
その後にその修正箇所を元に戻さないようにすることは徹底していきます。

 

こうしたことをして、一度Googleから目をつけられると
その後の運営にも支障をきたすことになりかねないので、
ペナルティを受けてしまった結果は素直に受け止めて、
一時しのぎ的な対応はしないようにしていきましょう。

 

無料ブログ、独自ドメインブログは、
それぞれ使うべき用途や目的が異なってきますので、

 

自分はブログを使ってまず何をしたいのか?

 

ということをハッキリさせてから
無料、有料どちらでいくのかを決めていくのがいいです。

 

そして、無料ブログについては、
例えどの無料ブログサービスであったとしても
今回のSeesaaブログのようなことが起こりえる可能性があるのだ
ということはしっかりと踏まえておきましょう。

Comments

  1. says

    こんばんわ。人気ブログランキングから来ましたぺんぺんです。ペナルティがくることがあるんですね。
    まだ始めたばかりなので、これからいろんな記事を書くようになったら、注意しようと思います。応援ぽち、していきます。また遊びに来ますね。

    • netadmin says

      コメントありがとうございます。

      誰であってもペナルティを受けてしまう可能性はありますので、
      ブログ運営する際にはまず健全な運営を心がけていかないといけないですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です