楽天アフィリエイトで収入アップ 規約を守って正しく稼ぐやり方

椎名の軌跡マンガ

楽天アフィリエイトで収入アップ  規約を守って正しく稼ぐやり方

ブログに段々とアクセスが集まってくるようになると
アドセンスからの広告収入以外にも
キャッシュポイントを持つことができるようになります。

Googleアドセンスはクリックだけで収益が発生するので
何か商品を成約させたりなどの必要もないので、
特別なライティングスキルなどなくても
誰でも簡単に収益発生させることができます。

Googleアドセンスと並ぶ初心者向けアフィリエイトとは?

このGoogleアドセンスと同じくらい簡単に収益発生させることはできるものとして、
まちがいなく一番おすすめなのは、

『楽天アフィリエイト』

です。

 

楽天アフィリエイトもアドセンスと同じくらい
簡単に収益発生させることができます。

 

なぜ簡単に収益が発生するのかということについては
こちらの記事で詳しく解説しています。

参考:楽天アフィリエイト報酬で副収入を稼ぐ4つのポイント

 

楽天アフィリエイトの場合も、
アドセンスと同じように初心者でも簡単に取り組めるので
まだアドセンスしか取り入れていない場合は、
新たなキャッシュポイントとして【楽天アフィリエイト】も是非やってみてください。

 

楽天アフィリエイトの収益はどのくらいか?

収益に関しては、アドセンス程にはなりませんが、
それでも月に数万円くらいであれば放置で稼げます。

 

こんな感じで先月も5万円以上が
楽天アフィリエイトだけの収益として発生しています。

 

楽天アフィリエイトの対象となる楽天サービスは多いですが、
やはり圧倒的にクリック数が多いのは楽天市場からの商品購入です。

ブログ記事内に楽天アフィリの商品リンクを設置しておいて、
そのリンクがクリックされて商品が購入されたということになります。

 

なぜ楽天アフィリエイトは稼ぎやすいのか?

楽天の場合は、クッキーが約30日有効なので、
30日以内に何かしらの商品が購入されれば収益発生となるので、
必ずしもクリックされた商品が購入されたとは限らないです。

ただ、最近は、スマホからのアクセスも多く、
スマホで気軽に商品をネット購入される人も多くなってきたので、
一旦商品リンクだけをクリックしてもらっておいて、クッキーが有効な内に
他のなにかしらの商品が購入されるということもかなりあります。

なので、ブログに楽天アフィリエイトの商品リンクを入れておくだけでも
プラスアルファの収益アップに繋がるはずです。

 

楽天アフィリエイトでは記事と関連した商品リンクを扱うべき

ブログ記事に入れるべき商品リンクは、
まったく記事とは関係ないものではなく、
その記事と関連性の高いものがクリックされやすいです。

 

例えば、テレビで紹介された商品の記事を書いて、
その商品や類似商品だったり、

ダイエットやメイク関連の記事を書いて、
ダイエット商品やメイク道具を扱ったりなどです。

 

記事の内容と関連する商品リンクを置くことで
それをクリックしてもらいやすくなります。

 

他の物販アフィリエイトと違って、
かならずしもその時点で商品が購入される必要はないので、
何か気を引く、思わずクリックしたくなるような面白い商品を
扱ってみる(アフィリリンクを設置してみる)のもオススメです。

楽天アフィリエイトの場合は、
アドセンスと同じでクリックしてもらうことのみが目的をなりますので。

 

楽天アフィリエイトでクリック数を伸ばすことの理由と効果

できるだけ、多くの人がリンクをクリックしてくれるように
アフィリエイト広告をブログ記事に入れていきます。

そうすることで、こういったことも起きてきます。

 

こちらは各楽天サービス毎の内訳です。

 

この内訳をみて気がつくのは、
クリック数がゼロなのに、売上が発生しているサービスがある
ということです。

 

私は基本的には、
楽天ブックスと楽天市場しか扱っていないので、
その他のものについてはブログからのクリックは一切発生しないです。

にも関わらず、
クリック数がゼロであっても売上が発生しているものもあります。

 

これはつまり、楽天市場の商品をクリックした人が
その後のクッキーの有効期間内に、楽天トラベルなどで
旅行を手配したりして、そのアフィリエイト報酬が
発生しているということになります。

 

楽天トラベルのアフィリエイトは特におすすめ!

こうしてみてみると
楽天トラベルの売上件数が高いことも分かります。

つまり、結構楽天トラベルで旅行を手配する人が
結構多いということが分かりますよね。

そして、1件当たり約2000円と高収益です。

 

なので、楽天トラベルに特化したブログを作って
楽天アフィリエイトしてみるのもアクセスが集まれば
かなりの収益になることが予想できます。

 

楽天アフィリエイトを安全に実践するための注意点

こうした感じで、
楽天アフィリエイトはかなりおすすめの
アフィリエイトサービスになりますが
1点だけ注意すべき点があります。

 

それは、

『アフィリエイトリンクの設置頻度』

です。

 

クリックだけで収益が発生する率が上がるということで
ついつい沢山のアフィリエイトリンクを
ブログ記事内にいれてしまいがちになりますが、

 

・すべての記事にアフィリリンクを入れる

・1記事に10個など沢山のアフィリリンクを入れる

 

といったことはしないほうがいいです。

 

これをしてしまうと、
ブログ内がアフィリエイトリンクだらけになってしまって、
ユーザビリティが低下して、その結果、
訪問者の離脱率が高くなってしまうからです。

 

また、アフィリエイトサイト感が強くなって、
売り込み要素が強いブログになってしまって、
Googleから手動ペナルティを受ける可能性もでてきます。

 

楽天アフィリエイトでの適切な商品リンク設置頻度はどのくらい?

なので、楽天アフィリエイトの商品リンクを入れる場合は、
商品と関連する記事のみとし、

「5記事に1記事くらいの頻度」

「1記事あたりに2つくらいまで」

といったように、
ブログ全体がアフィリリンクだらけとならないように気をつけましょう。

 

もし自分のブログにアクセスが集まっている記事があって、
その記事に関連する商品が楽天アフィリエイトで見つかれば、
それを記事に入れていくというのもいいです。

 

私も楽天アフィリリンクを入れている記事数は
それほど多くはないですが、それでも月に5万円程にはなっています。

 

ここで欲を出してしまって、
すべてのページにアフィリリンクを入れてしまうと
確かに収益は増えると思いますが、ペナルティのリスクも高まるので
それはしないようにしています。

 

楽天アフィリエイト画像をブログに使う場合の落とし穴

あと、楽天アフィリエイトと扱う場合ですが、
たまに楽天アフィリの商品写真のリンクを
ブログ内の写真として扱っているブログを見かけることがあります。

おそらく画像の著作権リスクを考慮して、
ウェブ上の写真を扱わず、アフィリエイトの画像リンクを
ブログ内の画像として扱っているのだと思います。

写真だけのアフィリリンクなので、
一見するとブログ内ではただの画像見えます。

 

確かに、この方法であれば
著作権や肖像権についてはリスクが低下しますが、
やはりこうした使用であっても、アフィリリンクはアフィリリンクなので
数が多くなりすぎるとGoogleからのペナルティを受けやすくなります。

 

アフィリエイト目的ではなくて、
単にブログ内の画像として扱う場合でも
ソースコードを見れば楽天アフィリのリンクなのは一発で分かるので
こうした使い方をする場合も、ペナルティリスクは一緒に考慮するようにしましょう。

 

楽天アフィリエイトの規約違反で知っておくべきポイント

楽天アフィリエイトは、
きちんとポイントを抑えて使用すれば
アドセンスと併用しながら収益を上積みすることができる
優れたサービスなので、ぜひこれを機に取り入れていってみてください。

 

付け加えて、

さらにに楽天アフィリエイトの規約違反についても知っておくと
より安全にブログ運営していけますので、私が受けた規約違反についての
体験記もぜひ読んでみてくださいね。

参考:楽天アフィリエイトの規約違反メールに対する修正内容とその結果

かなり役に立つ内容になっています。

Comments

  1. チョビ says

    こんにちは。

    楽天アフィリエイト知らなかったです。

    さっそく調べて登録しようと思います。

    また遊びに来ます。

  2. says

    こんにちは。

    楽天のアフィリエイトはやっていますが
    トラベルは盲点だったかも。
    単価高そうですね。

    あと楽天にも規約違反で注意されることがあると
    初めて知りました。
    情報ありがとうございます、応援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です