椎名の軌跡マンガ

特化ブログでアクセスアップする内部リンクの方法と重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特化ブログでアクセスアップする内部リンクの方法と重要性

これから年末に向けて1年で最もアクセスが集めやすい時期になります。

特にクリスマスは幅広い範囲で検索需要が伸びるので狙い目です。

クリスマス関係のイベントやクリスマスというキーワードが入ったものだけでなく、
そこに関連したところでも検索需要が発生します。

ケータリング関係や、カードの作り方やラッピング方法などのハウツー
デコレーションやレシピ、ファッションなど

直接クリスマスというキーワードが入らないものであっても検索されやすい状況です。

 

クリスマスをターゲットにしたキーワード選定とPV増の関係

実際、私のサイトも今の時期が最もPVが伸びる傾向で、
それに伴ってアドセンス収入も伸びていきます。

ここ最近では、1日2万円を下回ることもなくなってきました。

トレンド記事のように特定の記事が爆発して
2,3日だけアクセスを集めて終わりというわけではなくて、
毎日安定的にアクセスが集まり、そしてそれがアドセンス収入に繋がっています。

 

「ごちゃまぜ」」から「特化」へと方向転換すべきタイミングとは?

ブログを始めたばかりの頃は、
キーワード選定やタイトル付けのスキルがまだ身についていない上に、
ブログ自体の力も弱いでので、トレンドキーワードを積極的に狙って
記事を量産して、短期的なアクセスの爆発を狙いますが、

やはり、ある程度キーワード選定にも慣れてきて、
自分のブログの中に強いキーワードが生まれてきたら、
そこを伸ばして、徐々にブログのカラーを統一していって、
そして”ごちゃまぜの内容”から”内容が特化された”ブログへと
方向性を変えていくのがおすすめです。

特化型ブログとトレンドブログのどちらでアクセスを集めるべきか?アドセンスでの稼ぎ方

 

私の場合は、クリスマス関係の記事が強くなっていたので、
そこを特化させることで、今の時期に非常に強い媒体に育ちました。

そして今年に入って、新しく特化ブログを作ってみたのですが、
そちらもクリスマスを最初のターゲットとして記事を入れていったので、
狙い通りに今の時期にアクセスが伸び始めています。

 

ターゲットキーワードを定めて記事を仕込む時期

大体、3ヶ月くらい前から準備して記事を入れ始めます。

アクセスを集める狙いの時期の3ヶ月位前から準備をするのがポイントです。

直前やひと月くらい前だと遅いと感じます。

 

ちなみに今月初めと比べるとPV数は倍くらいにまで伸びています。

おそらく12月はさらにPVを伸ばしていくと思います。

そして、こうしたアクセスの増加により、
ブログが強化されて、アクセスの底上げが行われます。

 

アクセスの底上げと記事の質を考える

たぶん、このブログはクリスマス後にはアクセスは減少すると思いますが、
それでも、以前と比べれば1日の平均PVは底上げされることになります。

つまり、クリスマス以外のキーワードの記事でも
上位表示されやすくなるということです。

そして、クリスマス時期にアクセスを伸ばすことができるブログになったことで、
来年以降も同様にクリスマス時期にアクセスが集まり、
そして、その度にブログのアクセスが底上げされて、
どんどんとアクセスが集まるブログへと成長していきます。

 

最近、この新しく始めたブログにある雑誌から問い合わせがあって、
そこで発行しているメルマガで是非紹介させて欲しいという依頼がありました。

アクセスが集まり、露出が増えてくると
こうしたオファーも受けるようになってきます。

そして、紹介したいと思われるような
きちんとした魅力的なコンテンツを作っていくことも
アクセスを集めることと同じくらい大事なんです。

 

PVを増やすための内部リンク対策の重要性

このブログの記事数は40記事ほどで、
今月は3記事更新しただけなのですが、
それでもPVは2倍に増やすことができています。

こうしたことは、きちんとアクセスを集めるターゲットを定めて、
そこに向けて戦略的にキーワードを選定して
記事を投入していくことで成し得ることができます。

特に特化ブログは、扱うキーワードやブログのテーマが特化されているので、
よりこれを意識する必要があります。

アドセンスアフィリエイトで稼ぐキーワード選定とタイトル付け論

 

そして、きちんとターゲットキーワードを
記事タイトルに盛り込んでいくということですね。

そうして、狙ったキーワードを含んだ記事群を作り、
その記事間で内部リンクを張って、記事間の結びつきも強化していきます。

意外と、この内部リンク対策をしていない人が多いですが、
内部リンクはすごく意味があることなので、もしやってなかったら、
できるだけ取り入れたほうがいいです。

 

効果的な内部リンク対策のやり方とポイント

内部リンクは、記事中に設置するのポイントです。

文中にさりげなく、関連する記事へのリンクを設置することで、
その関連記事への誘導にもなり、それによりページビュー増加や直帰率の低下に繋がります。

 

また、内部リンクのアンカーテキストに、きちんとキーワードを含めることで、
そのキーワードをSEO的に強めることにもなります。

 

例えば、

「クリスマスツリーの飾り方」

という記事を書いたとしたら、
その記事の文中に他のクリスマス関係の記事へのリンクを入れていくわけです。

 

もし、

「クリスマスカードの書き方」

「手作りクリスマスケーキ画像いろいろ」

「クリスマスリースの作り方」

などの記事があれば、そういった記事へのリンクを入れます。

アンカーテキストは、各記事タイトルでもいいですし、少し変えたものでもいいです。

 

ただし、必ず強めたいキーワードを含めるようにします。

 

今回の例で言えば、

「クリスマス」

です。

 

この「クリスマス」というキーワードは
必ずアンカーテキストに含めるようにします。

たまに見かけるのですが、
文中から関連記事への誘導用リンクのアンカーテキストに、

「こちらの記事もおすすめです。」

といったことを書いて、
「こちら」がリンクになっていることがありますが、
これだとアンカーテキストが「こちら」になってしまって、
この「こちら」という文字を強めることになってしまい、
まったくSEO的に意味がないので、きちんとアンカーテキストには
強めたいキーワードを含めるようにしていくといいです。

 

特化ブログ運営での方向性と将来性を見極めるポイント

特化ブログの場合は、
大体30記事くらいで1日1000PV位取れるかが目安だと考えています。

もし30記事あるにも関わらず、
1日1000PVも集まらないようであれば、
早々に原因を特定して対策していくべきです。

 

特化ブログで、特定のキーワードに対する記事を30記事入れて、
そして、その記事間で内部リンク対策を上記の要領で適切に行えば、
30記事で1000PVは十分に狙っていけます。

 

1000PV集まらない場合は、

「そもそも検索需要がないか」

「上位表示されていないか」

のどちらかです。

 

狙ったキーワードで上位表示されているのにアクセスが集まらないのは、
明らかに検索需要が少ないからなので、そのブログには見切りを付けて、
新たなブログを作っていったほうがいいです。

狙ったキーワードの検索順位を調べて、その順位が低い場合は、
競合が多いということなので、やはりそこでは勝負していくべきではないので、
別のブログを作っていったほうがいいです。

 

アクセスが集まらない特化ブログに時間をかけるのは
すごく勿体無いので、30記事で早期に見極めていくことが大切です。

逆に、アクセスが集まってきていれば、
あとは記事数が増えれば、それに応じてアクセス数も
アドセンス報酬も増えていくので、どんどん記事投入していきます。

 

トレンドブログ運営の次のステージについて

収支のバランスを考えて、
外注化していくのもおすすめです。

特化ブログは、トレンドのようにスピード重視だったり、
ごちゃまぜの話題を扱うものではないので、非常に外注化との相性もいいです。

特化ブログで記事作成を外注化して収益を自動化させる方法

 

もちろん、キーワード選定は自分でする必要があるので、
そこのスキルを磨いてからになります。

 

アクセスを集めるターゲットを定めて
ブログを特定のキーワードで特化させることは、
トレンドブログの次のステージだと考えています。

トレンドブログで
いろいろなキーワードを扱ってみて、
キーワード選定のスキルを磨いて、

そして次に特定のキーワードで特化させたブログを構築し、
より少ない記事数でピンポイントで狙い通りにアクセスを
集めることができるようになることを目指していくべきです。

 

それができるようになると、無駄なくブログを増やしながら、
より安定的な収益源としていくことができるようになります。

最初の取っ掛かりは
トレンドキーワードを扱ったトレンドブログです。

そこで、ある程度のアクセスが集められるようになったら、
そのトレンドブログだけで満足すること無く、次のステージへと進むべきです。

 

そして、より少ない労力で、最大限の利益を生み出す仕組み作りとしての
特化ブログの構築に是非チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です