椎名の軌跡マンガ

エイジングフィルターとは?解除までの期間と対策対応法

エイジングフィルターとは?解除までの期間と対応方法

エイジングフィルターという言葉をご存知でしょうか?

エイジングフィルターとは、
Googleが主に新規ドメインに対して施している
アルゴリズムのひとつです。

Googleは、公式にはこのエイジングフィルターの存在を
明言していませんが、これまでのデータを見てみると
明らかに存在していると言えます。


 

エイジングフィルターとは何か?

エイジングフィルターとは、ドメインの検索順位に関わるもので、
このフィルターにかかると、ある時期よりブログ記事がほぼすべて圏外となってしまいます。

書く記事がすべて圏外になってしまうので、
アクセスはガタ落ちで、数PVから数十PVほどになってしまいます。

ブログが圏外になるものとしては、
Googleによるペナルティもありますが、
エイジングフィルターの特徴としては、
一定の期間を過ぎると、再び順位が戻ってくるという点です。

Googleアドセンスアカウント停止と圏外ペナルティの重要な関連性

 
ただ単に検索順位が圏外になってしまうので、
このフィルターの存在を知らないと、自動ペナルティと勘違いしてしまい、
トレンドブログや特化ブログを運営していると、その更新をやめてしまいがちです。

もしくは、アフィリエイト自体も諦めてしまう可能性もあります。

ただ、これはすごく勿体無いです。

なぜなら、エイジングフィルターはペナルティではないので、
再び圏外から戻ってきて、アクセスを集めるサイトやブログになる
可能性があるからです。

 

エイジングフィルターはどのくらいの期間で解除されるのか?

エイジングフィルターにかかったブログは
新規の記事ページが圏外となってしまうため
そこからアクセスはほぼ見込めなくなります。

ただし、ずっとその状態というわけではなく、
早いと数週間、おそいと3ヶ月から半年くらいで
圏外から戻ってきて、再びアクセスを集めるようになる可能性が高いです。

私も、いくつかのサイトが
このフィルターと思われる状態になりましたが、
いまのところ100%すべて、3ヶ月以内に検索順位は
戻ってきています。

しかも、フィルターから抜けたサイトは、
以前よりも上位表示されやすくなっている印象です。

 
例えば、これはエイジングフィルターにかかり、
その後アクセスを集めだしたサイトのPVの遷移になります。

エイジングフィルターアクセス遷移

8月は1日数PVでしたが、9月に入ってフィルターが解除され、
その後のアクセスは右肩上がりを続けています。

エイジングフィルター解除

 

どういったサイトがエイジングフィルターにかかるのか?

このフィルターは、主に新規ドメインのサイトがかかりやすいです。

新たにドメインを取得して、スタートしたばかりの若いサイトですね。

記事を入れ始めて、数週間くらい経過して
アクセスがまったく集まっていなければ、
このエイジングフィルターを疑ってみるべきです。

周りから入ってくる情報やこれまでも経験も踏まえると
大体、新規サイトの2分の1くらいは、
このフィルターにかかっています。

ですので、結構な確率で
ある時期よりアクセスが集まらないという経験をすることになりがちです。

そして、どちらかというと
英字ドメインよりも、日本語ドメインのほうが
エイジングフィルターにかかりやすいです。

 

エイジングフィルターにかかりにくいサイトとは?

ただ、最近推測しているのは、
初期の更新頻度や記事数、サイトの滞在時間なども
このフィルターに影響しているのはないかということです。

比較的、更新頻度が高く、
記事内の文字数が多く専門的なサイトで
滞在時間も長めのサイトがあるのですが、
それは、2ヶ月以上経過しましたが、今のところ
このフィルターにはかかっていないです。

ですので、このあたりの数値が悪いサイト、
更新頻度が低かったり、滞在時間が短かったりして、
Googleが新規サイトを評価するのに
十分にデータを得ることができなかったサイトが
フィルターにかかりやすいのはないかということです。

ただ、これまはまだ検証段階なので、
今後さらにデータを取って、確認してみます。

 

エイジングフィルターを判別する方法

エイジングフィルターにかかってしまったかどうかを判断するのは、
簡単です。

まず、1日に数百PVくらい集めているサイトであれば、
そのアクセス数が一桁から二桁まで下落するので、
アクセス解析をしていれば、すぐに分かります。

Group-Analyzerを使って快適なアクセス解析生活を!

 
また、ある時期から投稿した記事がインデックスされても、
すべて圏外となってしまうので、インデックス後に、
記事タイトルで実際にYahooやGoogleなどで検索してみて、
きちんと1ページ目に表示されているか確認します。

もし、タイトルで検索したにも関わらず、
1ページ目にも表示されていない場合は、
フィルターにかかっている可能性が高いです。

タイトルで検索して、1ページ目に表示されたとしても、
今度は、それをキーワード単位で区切って検索してみて、
それでもきちんと検索結果に表示されるかも、
合わせて確認します。

タイトルそのままでは、検索結果に表示されていても、
それをキーワード単位にして検索すると、
結果に表示されないということもあるからです。

 

例えば、

「日本のスマホ料金は高い!? 総務省が世界7都市の通信料を比較」

というタイトルであった場合は、

「日本 スマホ料金 高い 総務省 世界7都市 通信料 比較」

として検索してみて、きちんと検索結果に表示されるか確認するわけです。

 

キーワード単位にして検索して、圏外だったりすると
まだ完全にはエイジングフィルターから抜けたとは言えないです。

このフィルターは、ある時期からの記事が圏外になってしまうことが多いでの、
最新記事から数記事に対して、この検索チェックをしいます。

もし、ほぼすべてのページが、
きちんと検索結果に1ページ目に表示されるようなれば、
フィルターが解除されたと捉えることができます。

フィルターが解除されると
日々のPVが急に増えてくるので、
その動きはアクセス解析からも見て取れます。

 

エイジングフィルターにかかった場合の対処法

エイジングフィルターにかかってしまった場合は、
以後、そのブログに記事を入れていっても、
ほぼアクセスが集まらず、トレンドブログや特化ブログなどで
アクセスを集めて、アドセンスで稼ぐことを実践している場合は、
その作業自体が無駄になってしまうので、

一旦そのブログへの記事投稿をストップします。

 
そして、フィルターが解除されたかを確認するための
日々のアクセス数のチェックと最新数記事の検索順位チェックに留めます。

そして、新しいブログを立ち上げて、
その新たなブログに記事を入れていきます。

もちろん、その新しいブログが再度フィルターにかかる可能性もあります。

その場合は、また新しいブログを作っていきます。

そうすると、最悪3つ4つくらいのブログを作った時には、
最初のブログのフィルターが解除されるタイミングだっりするので、

そうなったら、その最初のブログをメインにして
育てていくという戦略を取ることもできます。

これは、実際に私が経験し、
実践から得た方法です。

フィルターにかかり、いくらい記事を書いても
アクセスが集まらないブログで実践を続けるのは
時間も労力ももったいないので、どんどん次の手を打っていくほうが
より効率的です。

 

無料ドメインの場合は?

このエイジングフィルターは、独自ドメインだけでなく、
無料ブログでも発生します。

現象は独自ドメインの時と同じで、
記事が圏外になり、アクセスが集まらなくなるというものです。

無料ブログの場合は、使い捨て感が強いので、
気にせずに、次のブログを作っていけば問題ないです。

 

まとめ

トレンドブログや特化ブログなど運営していると

『新規ブログのアクセスがいきなり減る』

『いつまで経ってもアクセスが集まらない』

ということが、結構よくありがちですが、
その場合は、このエイジングフィルターにかかっている可能性があるので、
一度ブログをチェックしてみることをおすすめします。

そして、例えフィルターにかかっていたとしても
ペナルティとは違い、いずれは解除されるものなので、
気持ちを切り替えて、次へと進むべきです。

私の感覚としては、
一度フィルター受けたサイトは、
その後解除されると、以前よりも上位表示されやくなっていると感じます。

適切な検索結果に表示されるようになった為なのかどうかは定かではないですが、
一度フィルターを受けたサイトは、その後安心して育てていくことができるので、
そうしたサイトを作るために必要な登竜門として割り切って捉えていきましょう。

Comments

  1. says

    椎名さん

    はじめまして、POKEと申します。

    エイジングフィルターという言葉を初めて知りました。

    諦めて作業を止めてしまうのはもったいないですよね!

    応援ぽちさせていただきますね♪

    今後ともよろしくお願いします。

    POKE

    • netadmin says

      POKEさん

      コメントありがとうございます。

      エイジングフィルターであれば、アクセスは戻ってきますので、
      ペナルティと勘違いしてしまうのは勿体ないですよね。

  2. つまらない理系男子 says

    椎木さん

    こんばんは。はじめまして!
    私も無料ブログを運営していて、エイジングフィルタを受けました。
    この情報を一切知らず、記事を入れ続けてました。
    今では解除されて、メインとなってます!
    分かりやすい情報ありがとうございます!

    つまらない理系男子

    • netadmin says

      コメントありがとうございます。

      エイジングフィルターにかかった時は、
      記事を入れてもアクセスには繋がりませんので、
      一時的に様子をみて、解除されてから再開するのが効率的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です