ウェブマスターツール「entry-title」「updated」「author」構造化データエラーの対処方法

椎名の軌跡マンガ

ウェブマスターツール構造化エラー

ウェブマスターツールの「検索デザイン」-「構造化データ」の部分に、
エラーが増えてきていました。

nt0428141

今まで気が付かなかったですし、ひまとまずこのままの状態でも
特に問題はなかったのですが、やはりエラーは気持ちのいいものではないので、
このエラーをなくすための処置を施しました。

ここではそのやり方を解説します。

 

entry-title、updated、authorがありませんエラー

「hentry」のエラーの詳細としては、

「entry-title がありません」
「author がありません」
「updated がありません」

というものです。

これは、ページのHTML内にこれらのClassが含まれていないことで発生しています。

最新のテンプレートであったり、構造化データに対応しているテンプレートであれば、
これらのエラーは表示されないのですが、それ以外であれば、エラーが発生してしまいます。

なので、ないものについては追加していく必要があります。

 

「entry-title がありません」の対策

「single.php」の記事タイトルタグに「class=”entry-title”」を追加します。

例)
<h1 class=”entry-title” itemprop=”headline”>
<?php the_title(); ?>
</h1>

これで「entry-title がありません」のエラーはなくなります。

 

「author がありません」の対策

「single.php」の任意の場所に以下のコードを追加します。

<span class=”vcard author”><span class=”fn”>○○○</span></span>  

○○○の部分に、author名を入れます。

通常はワードプレスの管理者アカウント名になりますが、
管理者アカウント名が公開されると、パスワードだけのセキュリティになってしまうので、
別に名前を入れたほうが安全です。

 

「updated がありません」の対策

「single.php」の公開日の部分に、「class=”updated”」を追加します。

例)
<span class=”date updated“><?php the_time(get_option(‘date_format’)) ;?></span>

すでに、Classが設定されている場合は上記のように、「 updated」を追記します。

 

対策の結果

これらの対策を施すことで、エラーは徐々に減ってきます。

nt0428142

エラーはすぐに解消されるわけではなく、
数日後にデータチェックされた際に解消されて減少していきます。

 

構造化データ テスト ツールでの確認

この構造化エラーのチェックは、
ウェブマスターツールの「構造化データ テスト ツール」でも確認できます。

チェックするページのURLを入力して、
「プレビュー」をクリックします。

nt0428144

エラーの場合とOKの場合で、それぞれ以下に表示なり、
問題箇所が判別できます。

 

エラーの場合

nt0428143

 

OKの場合

nt0428145

「hentry」のエラーは、簡単に解消できるので、
同じようなエラーが出ている場合は、是非試してみてください。

Comments

  1. says

    私もウエブマスターツールのエラーを消そうとして、このページにたどり着いたのですが
    テーマの編集でfunction.php(テーマの関数)はあるのですが
    single.phpがありません。
    一応自分でサーバーとドメインを用意してwordpressでブログ始めたのですが、プログラミング言語の知識が無く
    どうやったsingle.phpを表示できるかわかりません、
    回答して頂けると幸いです。
    お願いします。

    • netadmin says

      コメントありがとうございます。

      single.phpは、「外観」-「テーマの編集」のところで

      単一記事の投稿
      (single.php)

      がそれに当たりますよ。
      (テンプレートによっては名称が違うかもしれないです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です