椎名の軌跡マンガ

オールドドメインと新規日本語ドメインの検索順位の変化と差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規日本語ドメインと中古ドメインというSEO的に効果があると言われている
2つのドメインタイプがありますが、

 
実際にところどうなんだろう?
 

と思い、2つサイトを同時に立ち上げて、同じキーワードでの順位の変化を
チェックしてみることにしました。


この2つのサイトは、さすがに全く同じコンテンツ内容にするわけには
いかないので、扱うテーマを同一にしたサイトにしています。

なので、厳密には全く一緒に環境下でのチェックにはなりませんが、
それでも比較対象としては十分です。

オールドドメインのページランクは3です。

ある単一キーワードで順位を確認した所、以下のような結果になりました。

新規日本語ドメインとオールドドメインの検索順位遷移

単一キーワードは、そこそこのボリュームのキーワードで、
「多汗症」と同じくらいのものです。

新規日本語ドメイン
1日目:圏外
2日目:圏外
3日目:圏外
4日目:圏外
5日目:圏外
6日目:圏外
7日目:圏外
8日目:圏外
9日目:圏外

ページランク3オールドドメイン
1日目:圏外
2日目:86位
3日目:52位
4日目:29位
5日目:22位
6日目:21位
7日目:22位
8日目:19位
9日目:22位

新規日本語ドメインとオールドドメインの検索順位における差は
明確なものになりました。

2つとも新たには特に被リンクを送ることもしていないです。

記事数も、コンテンツボリュームもほぼ同一のサイトになっているので、
単に新規か中古かどうかどいう違いだけです。

このことからの、初期の段階で検索エンジン上での上位表示を狙うのであれば、
オールドドメインは確実に効果をあると言えます。

キーワードによっては、早ければ2日目から上位表示させることも可能です。

オールドドメインを利用する上で注意すべき点

トレンドサイトや特化型サイトを構築していく際に、
初期の段階からアクセスをガンガン集めたいのであれば、
オールドドメインはかなりの威力を発揮してくれるでしょう。

 
ただし、オールドドメインには注意すべき点があります。
 

まずは、必ずしも当たりばかりではないということです。
当たりもあればハズレもあるのがオールドドメインです。

今回の検証に使ったドメインのようにすぐに上位表示されるものもあれば、
まったく検索結果に表示されず、明らかに圏外へ飛んでいるいるものもあります。

こういったペナルティを受けたために手放されたようなドメインを扱った場合は、
まったくその恩恵にあずかることができないです。

 
それでも半年後などに、突然検索順位が上がることもありますが、
それはかなりレアなケースです。

また、仮に上位表示されるドメインであった場合も、
3ヶ月から半年くらいで、やはり圏外へ飛ぶ可能性が
新規ドメインに比べて高いです。

やはりオールドドメインを利用した上位表示は、
WEB本来の評価からは外れた手法なので、
ペナルティを受けることは十分にありえます

オールドドメインの使い所

私も、オールドドメインで最初からアクセスを集めて、
月に10万円稼ぐサイトが半年程で圏外へ消えました。。。

このサイトがドメイン取得から10万円を稼ぐまでにかかった時間は、
わずか1ヶ月です。

日本語ドメインで同様に構築したサイトは、10万円稼ぐまでに
3ヶ月かかっていたので、それにくらべると脅威的なスピードと言えます。

 
これもやはり早い段階で上位表示できる『当たりのオールドドメイン』で
運営していたということが大きな要因です。

結局半年ほどで、圏外へ消えましたが、その半年ほどで50万円以上の利益
もたらせてくれました。

 
つまり、オールドドメインは短期決戦で稼ぐことに注力して扱うには
向いているということです。
 

半年くらいアクセスを集めてくれればいいという気持ちで割り切って扱い、
圏外へ飛んだら被リンク用サイトにしてしまいます。

あとは、ドラマなどの特化ブログを作るときにも有効です。

ドラマは3ヶ月などの短期でアクセスを集めるものなので、
その短期に限ってと割り切れば、オールドドメインは、その目的に適しています。

当たり外れだけは、結局実際にコンテツを入れてみなければ分からないので、
ここは運になります。

まとめ

最近1年以内に手放されたドメインは扱わないことにしています。

というのも、最近手放されたドメインはペナルティを受けて
手放したかもしれないと思うからです。

あと2年とか3年以上経っているドメインは、
もしかしたらペナルティも解除されているかもということもあります。

いずれにせよ、新規ドメインとオールドドメインでは、
サイトの上位表示において顕著な差があるということは明確です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です