今後も稼ぎ続けるために必要な2つの不変のスキル

椎名の軌跡マンガ

なぜ今、会社に依存するのではなく、自分でお金を稼ぐ術を
身に付ける必要があるのか?

そのことについて、最近いろいろと感じることがあります。

まず、20年前と今とでは、雇用環境が大きく異なってきている
ということです。


かつての日本であれば、終身雇用が当たり前で、一度会社に
務めてしまえば、あとは定年までそこでの雇用は約束された
ようなもので、安心して働くことができました。

なので、出世を目指すこともできたし、収入に応じてマイホームを
計画的に手に入れることもできました。

100%会社に依存することになりますが、最後までそこに依存する
ことができるので、ある程度、将来に対して計画を立てることも
可能だったわけです。

 
でも、今ではその終身雇用は崩壊し、雇用に関しては、
すごく流動的になっています。

正直、10年後もそこいる自分を想像することが出来ない脆いものです。

新卒で入社しても、1,2年で退職する人が多いのも、

『もう会社に守られていると感じることができなくなっている』

『そこでの将来に不安があるから年齢が若いうちに転職』

というのもあると思います。

 
また、会社の方針でのリストラや解雇の話も頻繁に聞きます。

それも一方的にそうなるのではなく、本人の意思でそれを
選ばなくていけなくなるようにうまく誘導されるケースも
あったりして、本当に悲しいです。

給与カットなどの条件提示や仕事がないなどと言われたりですね。

会社としては、人件費が大きな経費となるので、
まずはそこを縮小&カットすることを考えます。

今では、国内に人材を求めなくても、海外でいくらでも代わりの人材を
探すことができるからです。

 
私の勤めている会社でも、ここ1年で急速に海外へのアウトソーシング化が
進みだしました。

主に東南アジアですが、そこに制作業務を委託する体制が
着々と進んでいます。

最初は、言葉の問題もあるし無理でしょう・・・

と思っていたのですが、半年が経過したところ、
驚くべき精度で成果物が納品されるようになってきました。

 
ビックリしました・・・
 

そして、本気で「仕事取られる!」って脅威を感じましたね。

 
最大の問題と思われた「言葉の問題」は、間に入ってブリッジングの
役割を果たす人を海外の拠点におくことで簡単に解決してしまいました。

しかも、今ではスカイプやインターネット会議システムのおかげて、
海外と日本を結んでやりとりすることもすごく簡単にできてしまいます。

東南アジアの人材の人件費は、日本の10分の1くらいです。

大学院卒の高学歴の人ですら、月収5万円くらいで雇えてしまいます。

しかも、5万円は現地ではかなりの高収入にあたるので、
満足しているそうで、不満も起きないのです。

 
でも、やっぱり海外のレベルは低いんじゃないの?

って思いますよね。

私も初めはそうでしたし、信用もしていなかったのですが、
こんな現実を見せつけられて、一気にその考えは間違っていることに
気が付かせられました。

 
さらに、こんなニュースも見つけました。

「優秀」プログラマー解雇、仕事中国に外注して自分は猫ビデオ

アメリカの企業に努めるエンジニアが自分の仕事を中国に流していた
という話です。自分は仕事を中国に丸投げして、勤務中はネコの動画
などをみて遊んでいたというのです。

しかも、このエンジニアは社内の「最優秀開発者」にも
選ばれていたみたいで・・・

まぁ、実際にはその人ではなく、丸投げされていた中国のエンジニアが
優秀だったわけですが。

最終的には、会社にバレて解雇されたという話ですが、
怖いのは、この仕事を彼は自分の給与の5分1でやらせていた
ということです。

中国に外注することで「最優秀開発者」の選ばれる程の人材を
5分の1ほどのコストで雇うことができてしまうわけです。

このことからも中国や東南アジアの仕事のレベルは確実に上がっています。

 
かつてであれば、それでも言葉の問題や、海外とのやりとりの方法の
問題で実現は難しかったですが、インターネットの普及に伴い、
インフラがしっかりと整備された現在では、普通の企業であれば簡単に
海外拠点を設けて、そこに人材を配備することができてしまいます。

それでも今はまだまだ、海外へ目を向けている企業は、
そこまで多くないですが、海外のコストと仕事の精度の高さに
気が付き始めれば、一気に国内の仕事は海外へ移る可能性があります。

そうなったときに、個人が仕事を維持する選択肢は2つしかないです。

「同じ10分の1のコストで働く」「今の10倍の仕事量で釣り合いを取る」

かです。

 
いずれにせよ、かなり厳しいことになることは容易に想像できます。

そうなる前に、自分の身を守るために、
今のうちから行動すべきことが2つあります。

ひとつは、作業をこなす下流工程を受け持つのではなく、
人をコントールしたり、マネージメントしたり、企画を立案したりなどの、
上流工程の仕事をこなせるようになることです。

結局、海外の拠点にいくら仕事をアウトソーシングしても、
彼らに出来るのは上から受けた指示通りに手を動かすことだけです。

なので、そういった人たちに指示を与えたり、自分でアイデアを生み出す
ポジションにいれば、それはやはり海外へ移すことができない部分になる
ので、ひとつのステータスを確立できます。

AppleもiPhoneの企画立案や仕様を考えるのは、アメリカ国内で行いますが、
製造は中国ですよね。

つまり、上流工程を国内、下流工程を中国というように
完璧に分けているわけです。

この、単に作業をするポジションでない立ち位置を確保することができれば、
これからも安泰ですし、むしろそういった人材は不足しているので、
いろいろなところから引っ張りだこ状態になる可能性もあります。

でも、これを実現するのは、実際には難しいですよね?

やはり、生まれ持った天性の才能のある人以外は、
実経験を積むことで培われいくからです。

なので、実経験を積む機会やチャンスがなければ
なかなかこれを達成することはできないです。

 
そこで2つめの選択肢が重要になってきます。

ネットの普及に伴い、会社が海外へ目を向ける選択肢を得たように、
個人も自分で稼ぐことができるという選択肢を得ることができます。

インターネットが台頭するまでは、会社以外からお金を稼ぐことは
実際には無理がありました。

でも今では、ネットを使って何十万、何百万円と稼ぐ人もたくさんいます。

私も月収で150万円を稼いでいます。

ネットを使ってお金を稼ぐということに対して、日々いろいろな
新しい方法&手法も出てきているので、今後さらにこの流れは
より加速していくはずです。

 
つまり、会社に依存しなくても、自分の好きな時間に好きな場所で
仕事をしながらお金を稼ぐという自由なライフスタイルを持つ人が
どんどん現れるということです。
 

まだネットでお金を稼ぐことに対する世間の目は
懐疑的なものがありますが、今後はそうも言ってられなくなるでしょうね。

これは早くに気がついた人が先にスタートをすることができるので、
早ければ早ほど有利になります。

先行き不安な状況にしがみつくよりは、自分の力で道を切り開くことを
選ぶ方が何倍も将来性があります。

そのチャンスはいたるところにあるわけですから・・・

 
20年前であれば、今のこの状況は想像できなかったと思います。
いわば鎖国された状態だったからです。

でも、今はそれが開放されている時代です。
会社に選択肢があるのと同様、個人にも選択肢があります。

 
今後は、個人で稼ぐ時代になっていくはずです。
 

今は対象は国内だけですが、将来的には世界中を相手にしながら
ネットで稼ぐという流れもでてくるかもしれないです。

そうなった時に、今稼いでいる人は、さらに大きく稼ぐ機会を得るはずです。
その時になって可能性に気が付いても、既に大きく出遅れています。

まだ初期と言える今だからこそ、先行してスタートしておくことで、
あとで世間が本当に注目したときに乗り遅れることなく、
時代を先取りできます。

 
今後、国内と国外の垣根は、限りなく取り外されることになるでしょう。

それは、今の各企業の動きを見ていれば明らかです。

それを黙って見ているのではなく、今のうちから準備しておくことこそが、
今後生き抜くために必要なことであると強く思います。

月収10万円を稼ぐ方法に興味がある方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です