私的なマインドを成熟さえることの意義

椎名の軌跡マンガ

こんにちは。

椎名です。

インターネットビジネスに取り組んでいると
よくマインドの話が出てきます。

マインドというと抽象的ですが、私が意識していることは、
短絡的な物の見方や、出来事に対して感情的に反応するのではなく、
多角的な視点、着眼点を持って、思考の深堀を行う意識を
持つということになります。

単に目先のことばかりに捕らわれてしまうと、
幅広い視点を持つことができなくなってしまうからです。

私も最初ネットビジネスに取り組み始めたときは、
稼ぐことのみを目的としていました。

つまり数字しか追っていない状態です。

この状態では、その時に自分が取り組んでいることのみが
全てであり、何かの拍子にそれがダメになると、そこで全てが終了という
危ういものになります。

私の場合だと、最初に取り組んだ輸入ビジネスがうまくいかなくなった途端に、
八方塞がりになるということですね。

自己啓発に取り組み、マインドを成熟させることで、
もっと広い範囲での稼ぎの側面が見えてきます。

単に稼ぐということにフォーカスするのではなく、
セールスそのものに対しての知識を持ち合わせなければいけない
ということに気が付きます。

セールスに対してのベースラインさえしっかりしていれば、
それを輸入ビジネスや物販、アフィリエイト、販売業など
いろいろな分野で応用することができます。

自分の利益だけを考えた一方的な売り込みでは人の心を動かすことは
できないです。

例えば、人に下を向いてもらいたい場合、

下を向くことを強要したり、
下にお金をおいて強制的に向かせたり

ではなく、「靴ひもがほどけてますよ」と声をかけて、
自然に本人の意思で下を向かせるような
そんなアプローチが望ましいです。

強要するわけではなく、人の背中を押すきっかけを与えることですね。

物事の捉え方の幅が狭いと、そのようなアイデアを生み出すことはできないです。
経験と知識を増やし、常にいろいろな視点を持つことでそのような発想が生みだされます。

正直、これらのアイデアが自在に生み出せるようになれば、
何にも依存することなく、自ら永久的に収益を生み出し続けることができると思います。

インターネットビジネスを始めたばかりの時は、
収入を増やして会社に依存せずに独立することを目指していましたが、
最近はさらにその先のステージを意識するようになりました。

初めからこのようなことを考えていたわけではなく、
継続してビジネスを続けて、勉強を重ねて、そう感じるようになってきたということですね。

人は刺激を受けると、脳が活性化されて、より複雑な思考を持つことができる
ようになるそうです。

逆に刺激が少ないと、決まった反射的な思考に凝り固まってしまうそうなので、
日ごろからネットビジネスを通じて刺激を成長を感じることができる、
そんな気持ちで取り組めたらいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です